エンタメ

好きな人には目をみてたくさん話しかけてアピールする♡谷まりあに15の質問

2020.06.03

本当だったらTOKYOオリンピックもあったりでウキウキわくわくだったはずの2020夏。でも、みんな一致団結してがんばればいつもの夏が戻ってくるって信じたい! そんな夏を迎えるためにも、今のうちからこの夏は何を着て、何をしよう?! そんな妄想を家で膨らませながら今月のViViを読んだらきっと楽しいはず。海の青、空の青、プールの青etc.……夏といえば思い浮かぶ夏色ブルーな雰囲気でお届けするよ。今回は、まりあへの質問コーナー♡ みんなからの15の質問に答えちゃう!

まりあに今聞きたいことあれこれ聞いちゃいました♡

Q1.自分磨きの方法は?

「まずは自分を知ること」

自分と向き合って自分をちゃんと知ること。“自分はいま何がしたいのかな”って考えることが大事! 考えないとどんどん周りに流されていっちゃうから、その時その時の自分の声をきちんと聞いてあげよ。

Q2.どうやったら“自分らしく”いられる?

「毎日30分、自分のことを考える時間を作るよ!」

寝る前でもいいし、お風呂の時間でもいいから、自分のことだけに集中する時間を毎日作るよ。それが自分らしくいるために、毎日してることかな!

Q3.なんでそんなに可愛いの?

「えー嬉しい♡ 常に笑顔だからかな?」

常に笑顔でいれるように意識してる。それが大事かなって。笑えないときだってあるよ、辛いときや悲しいときだってもちろんある。だけど、無理してでも笑ってると、気持ちが楽になるしハッピーになるんだ。だからとりあえず笑うよ!

Page 2

Q4.スカート派? パンツ派?

「パンツ派」

スキニーもワイドもパンツが好き♡
足元は基本ヒール派! ヒールが好きなの。身長も盛れるしね!

Q5.LINEは1日何通送る?

「何通でも♡」

相手のペースに合わせるし、送るのは全然苦じゃない。何通でもいい! 好きな人とはずっと連絡とっていたいもん!

Q6.束縛はする? されてもいい?

「束縛する人とは付き合わない」

されてもいいけど、信頼がない人とは付き合わないよ!

Page 3

Q7.どんな人がタイプ? 何フェチ?

「クールな塩顔かな。首元のほくろフェチ♡」

目がキリッとした薄い系がタイプみたい。首元のほくろも、なんかセクシーじゃない?

Q8.どうやって好きな人にアピールする?

「目をみてたくさん話しかける!」

共通の話題を探して、自分からたくさん話しかけてみる! 目をしっかりと見て話すよ。あと、女の子はやっぱり愛嬌が大事とも思うよ。

Q9.恋に落ちる瞬間は?

「笑顔が素敵だな〜♡と思ったとき」

あと、私のことを分かってくれてるな〜、心から愛してくれてるな〜、って分かったとき。でも自分からあんまり好きになったりしないんだよね。完全に押しに弱いタイプです♡

Page 4

Q10.初恋は何歳?

「幼稚園のクリスマス」

クリスマスパーティーに来てくれたサンタさん(役の人)がカッコよすぎて「イケメン……♡」って一目惚れしたのを忘れません♡

Q11.できるものなら出てみたいCMは?

「ハーゲンダッツ!!」

大好きなの。おうちで毎日食べたいくらい! 季節ごとの限定フレーバーも大好きだし、定番のストロベリーやチョコレートもだ〜い好き。

Q12.幼いときのまりあちゃんはどんな子だった?

「元気っコで、女社長に憧れてた(笑)」

ウルトラマンやポケモンごっこばかりしていたな〜。男の子っぽい遊びが好きだったの。

Page 5

Q13.友達とささいなことでけんか。どうやって仲直りする?

「自分から謝って話し合ってみて!」

どっちかが折れないとけんかが続いちゃうし、謝って何が悪かったのか聞いて解決しよう。けんかしてる時間って無駄だしね。

Q14.寝起きはいいほう?

「寝起き悪いの……(笑)」

早めの時間にアラームはセットしておくんだけど、なかなか起きれなくって、いつも30分くらいベッドから出られないの。だから朝はいつもギリギリ。

Q15.よく使うアプリ教えて〜!

「VSCO」「Foodie」「TikTok」

写真の加工はVSCOとFoodieが多いよ。最近TikTokもハマってるの♡ 更新してるから見てね!(Tik Tok@mariaaaa728

谷まりあの記事をCHECK

Photos:Ryuji Sue(see) Styling:Ruri Matsui Hair&Make-up:Rei Fukuoka(TRON) Model:Maria Tani(ViVi exclusive) Interview:Asami Kotake Illustrator:ancco(ancccoo.com) Composition:Mayuko Kobayashi