エンタメ

モデルになったきっかけは、遊びに行ったViViNight!?15の質問で谷まりあ激白♡

2020.06.18

新メンバー・嵐莉菜を迎えてさらにパワーアップした11人のViViモデルズ! そんな#世界一可愛いモデルたちにプライベートのこと、恋愛のこと、普段なかなか聞けないアレコレを質問してみました。今回答えてくれるのは、まりあ! 「ViViモデルになったきっかけは?」「どんな学生だった?」「ヘビロテアイテムは?」などなど、ファン必見の内容となっております♡ まりあが着こなす夏色ブルーの爽やかな雰囲気もお楽しみに!

まりあに今聞きたいことあれこれ聞いちゃいました♡

ジャカードジャケット¥16500/THE FOUR-EYED(NODRESS) ブラウス¥35000/RADD LOUNGE(Gauntlett Cheng) パンツ¥21000/kotohayokozawa ピアス¥1300/NADIA FLORES EN EL CORAZON クリアバッグ¥6000/NON TOKYO

Q1.5年後は何してると思う? 未来の自分へ一言!

「幸せですか? 今のまりあも頑張るね♡」

素敵な女性になる! なってるはず?! もうママになってるかな〜? 楽しみ♡

Q2.最近買ったものは?

「電気バリブラシ」

ヘアメイクさんに借りて使ってみたら感動して買っちゃった! まだ開けてないんだけど、使うのが楽しみ〜♡

Q3.今年の夏は何したい?

「バーベキューに海、プール! 沖縄も行きたい!」

学生の時、夏休みは仕事! 仕事!! って感じで、ずっと忙しかったからな〜。今年は沢山夏の思い出作りたい♡ 行けるようになってるといいな〜。

Page 2

Q4.自分を動物に例えると?

「ライオン」

獅子座だしね〜、ライオンぽいって言われるの。物事を冷静に考える芯の強い女性でいたいなって思うよ!

Q5.最近のヘビロテリップおしえて!

「CHANELのルージュココフラッシュ96番」

を最近よく使ってるよ。塗り心地も良くって程よい発色が好き。Diorのマキシマイザーも持ち歩いてるよ。

Q6.今までで一番よかった旅行先は?

「タイのサムイ島」

景色も最高で、ビーチでのんびりしたり、サンセット見たり……また行きたいな〜♡

Page 3

Q7.おうちタイムで一番好きな時間は?

「のんびりとただぼーっとしてる時間」

Q8.お酒は飲む?

「お酒も飲むけどコーヒーのほうが好き♡」

お酒だったら赤ワインを飲むよ〜♡

Q9.東京に来たら行って欲しい場所は?

「東京タワー」

なんか、昔から好きなんだ〜。眺めてるだけでもいいよね。

Page 4

Q10.体はどこから洗う?

「いつも頭からだよ」

シャンプーして、トリートメントしながら洗顔して、体洗うよ。

Q11.最近感動したことは?

「ドラ恋」

スタジオMCを務めているAbemaTV『恋愛ドラマな恋がしたい』もうね、すごい感動して、めっちゃ泣いちゃった〜!

Q12.まりあちゃんはどんな学生だった?

「バレーボール部でした♡ ちゃんと勉強もしてたよ」

得意教科はEnglish♡ 授業もちゃんと受けて真面目な学生だったけど、クラスではわりと騒いでるほうだったかな。バレー部ではアタッカーだっだんだ。

Page 5

Q13.ズバリ! 男らしさとは?

「一人の女性を心から愛すこと♡」

Q14.どうやってViViモデルになったの?

「遊びに行ったViVi Nightがキッカケ!」

ViVi Nightで今の事務所の人にスカウトされたの。そのあとViViモデルになりました! いま考えるととっても嬉しい♡

Q15.今日朝起きて何を一番最初に考えた?

「今日も良い一日にしよう〜♡」

毎日楽しむことを意識するのが大事だよ!

バックプリントが可愛いロゴTシャツはギンガムチェックパンツでちょいフレンチに。Tシャツ¥4000/MILKFED.SHINJUKU(MILKFED.) パンツ¥14800/ビームス ボーイ 原宿(ビームス ボーイ) サングラス¥9000/THEFOUR-EYED ネックレス¥50700/ラ・クチュール トーヨーキッチンスタイル

合わせて読みたい♡

好きな人には目をみてたくさん話しかけてアピールする♡谷まりあに15の質問

いつだってスタイルアップを意識!谷まりあの私服&ポジティブオーラ全開のおうち時間を覗き見♡

追い込みダイエットは入浴時間が大事!?谷まりあのボディを作る“美”の愛用品リスト

谷まりあの記事をCHECK!!

Photos:Ryuji Sue(see) Styling:Ruri Matsui Hair&Make-up:Rei Fukuoka(TRON) Model:Maria Tani(ViVi exclusive) Interview:Asami Kotake Illustrator:ancco(ancccoo.com) Composition:Mayuko Kobayashi