ビューティ

シャンプー選びの絶対条件は“重くない仕上がり”!鈴木えみのさらさらストレートの秘訣

2020.07.09

インフルエンサーの今、ハマっているコスメなど、最旬の美容ネタを大公開してくれる大人気リレー連載『BEAUTY SCANDAL』。今回は、鈴木えみさんの登場です。今、一番知りたい、夏に向けたヘア&メイクプランを教えてくれました♡

インフルエンサーの最旬♡美ネタ!!

THIS MONTH
EMI SUZUKI

■PROFILE

EMI SUZUKI

トップモデル、ファッションブランド「Lautashi」のデザイナー、そして1児の母。まさに、全方位憧れの女性。
Instagram@emisuzuki_official

2020年夏版。えみのふわっさら髪と赤について

おうち時間、みなさんどう過ごしていますか。私は、家族でラジオ体操や柔軟体操、体幹トレーニングをしたり、娘とYouTubeを観ながら踊ったりしています。リモート会議もするようになりましたね。そんな時のメイクはリップに注力。リップに色があると一気に顔映りが良くなります。

今のイチオシ夏リップはクラランスのリップオイルの赤。発色はもちろん、乾燥しないところも夏にぴったり。ペディキュアも赤系をセレクト。色気とこなれ感のバランスが◎なukaのカッパーが気分です。

また、暑くなると頭皮のベタつきが気になる人もいるかと思います。私のシャンプー選びの絶対条件「重くない仕上がり」を叶える、アヴェダの新シャンプーがオススメ。ふわっさらになりますよ。

この春は、今までとは全く違う春になりました。そんななかでもアドバイザーを務めているスキンケアブランド「ソフィスタンス」の新作、神クリームが完成したり、私がデザイナーをしているLautashiで、会員制の有料コミュニティ『I to Lautashi』を始めたりと、新しいことにチャレンジ! この夏も自分らしく過ごしていけたらいいな、と思っています。

Page 2

AVEDA
sap moss shampoo& conditioner

左:シリコンフリー。サップモス ウェイトレス ハイドレーション シャンプー 200ml¥3100、右:同 コンディショナー 200ml ¥3300/アヴェダ

「重さを与えずに水分を補給して理想通りのふわっさらっな髪に」水分を閉じ込め、まとまる髪へ。

CLARINS
Lip Comfort Oil Intense

コンフォートリップオイルインテンス 07 ¥3200/クラランス

「さらっとした質感ながらも、こってり発色で落ちにくい」オーガニッククランベリーから抽出されたオイルなどが唇に栄養とツヤをON。夏の冷房による乾燥をブロック。

Page 3

uka
pedicure study 2/pedi

ペディキュア スタディ ペディブンノニ カッパー 10ml¥2200(限定品)/uka

「私の場合は夏でもカッパー! 赤から色気を30%マイナスして、こなれ感を40%足したこの色は、まさに私好みです」微細なラメが上品に輝き、爪の凹凸をつるんとカバー。

SOPHISTANCE
UNITE

ユナイト 50g ¥8000 /ソフィスタンス

「このクリーム、肌がふっくらして毛穴が目立ちにくくなります! オールシーズンに使えるのでタッパーでほしいほど」柔らかな肌に整えながら、肌トラブルを先回りしてケア。敏感肌もOK

Page 4

THE PUBLIC ORGANIC
SUPER DEEP NIGHT PILLOW MIST

ザ パブリック オーガニック スーパーディープナイト ホリスティック精油ピローミスト ディープスリープ 60ml ¥2800/カラーズ

「眠りが浅いので最近はこのピローミストが頼り。いい香りに癒やされて眠りにつくことができ、いい夢を見れている気がします。」

BIHADAKIN BANK
BIHADA FLORA

美肌フローラ9本(1ヵ月分)月額¥48000~(初回のみ美肌菌採取及び検査費用¥200000)/美肌菌バンク

「自分の肌から採取した美肌菌を1本10億個まで増やし、オンリーワンで相性100%の美肌フローラ。いつものスキンケアと併せて使っていて、今までにない肌の落ち着きを感じています。ソフィスタンスとの併用が最強。」

Page 5

会員制有料コミュニティ『I to Lautashi』ではメンバーのみなさんとやりとりをしながら、ワクワクするコンテンツをたくさん用意しています。詳しくは私のインスタのプロフィール欄のURLをご覧ください。

友人たちの飲食店もテイクアウトを始めたりと、新しい形を模索しながら頑張っていました。写真は中目黒の和食屋『ひぐらし』にお弁当をテイクアウトしに行ったとき。

BEAUTY SCANDAL

TEXT/Masami Oguma