エンタメ

佐藤ノアがダイエット系のお仕事をNGにしている真の理由とは【佐藤ノア コネクト#50 】

2020.08.04

ABEMAにて配信開始となる「オオカミくんには騙されない」新シリーズの新メンバーとして、話題沸騰中の佐藤ノアちゃんからますます目が離せない! 今週の連載は、先週に引き続き、佐藤ノアちゃんの自粛期間中の過ごし方をお届けしています。今回はノアちゃんの生活に「革命を起こした」という料理と、ダイエットについて。どんどんきれいになるノアちゃんを見てるとそのダイエット方法が気になるけれど、実はダイエットの動画は今まで一回も出していないそう。その理由についても語ってくれたよ!【佐藤ノア コネクト#50 】

前回の記事はこちら

佐藤ノアが”筋トレ部”でさらに綺麗になった!一体どんなことをする会なの?【佐藤ノア コネクト#49 】

体重とかはあんまり気にしない
そういう私のスタイルをいいなと思ってもらいたい

自粛中に何か新しいことをしたくなって料理を覚えたんだけど、SNSを見てくれてる方は知ってると思うけど私、今までは本当に料理全然ダメで。

けっこう何作っても真っ黒焦げ、クックパッドとか見ても全然わからなかった。
だってみんなそれなりにできている前提で言ってくるでしょ? いや乱切りとか知らんし(笑)!

でも今回はとにかく時間だけはあったから、その乱切りはどうやるのかってところから調べられるわけ。アスパラを下茹でするって具体的には何分くらいとか、電子レンジに入れちゃいけない食べ物とか、そういう小学生レベルのところからちゃんとやったら意外とできるようになったんだよね。

今は揚げ物とか、ロールキャベツみたいに手間のかかる料理も作れるようになった!

とにかく、ゼロから1になったことは私にとって革命で。1から2は簡単。
でもゼロから1って本当に大変だし、こういう経験ってこの歳になると中々ないから、感動した〜。

Page 2

それにTikTokとか見ると、グルテンフリーレシピとかヴィーガンレシピとかいろんな人が載せてるから、そういうとこからいいなと思うものを取り入れてダイエットにつなげていった感じ。

ちなみに私は基本的にどれほどダメな生活をしても肌荒れしないんだけど、グルテンフリーを始めて4日目くらいにニキビができたの。

好転反応って言って、体の毒素が抜けてる証拠らしい。まじですごい!

健康的な生活のよさがわかったから今も料理は続けてるし、グルテンフリーもゆるーく続けてます。

けど、体重とかには全然こだわってない。これはインフルエンサーとしての考えもあって。

だって、ファンの子に悪い影響は与えたくないから。私は写真を撮られる仕事をしているから 「ここもっと細くしたい」って感じでダイエットするけど、ふだん会社や学校に行く分には、人より二の腕が細くある必要なんて全然ない。

みんなはモデル体型に憧れるかもしれないけど、モデル並みに痩せることが、必ずしもその子にとっていいわけではないって私は思うんだよね。

Page 3

それに私は身長が平均より低いから、「◯kg痩せた」みたいに具体的な数字を出してもみんなの参考にならないし、たとえ同じくらいの身長だったとしても、この体重が一般的な日常生活で適正かというと分からない。

だから私はどんなに求められてもダイエットの動画は出さないと決めていて、お仕事の案件もダイエット系はNGにしてます。
もちろん、細いと服がきれいに着られるってことはある。

けど行き過ぎは本当によくない。体重や、日本の“細い女の子が可愛い”みたいは風潮はあまり気にしない方がラクでいられるし、私がそういうスタイルを実践することで、ファンの子にも「こういう考え方の方がかっこいいな」と思ってもらいたいんだよね。

Page 4

佐藤ノアちゃんへの質問や本気の相談を募集中!
みんなの「悩み」や「気になること」、ノアちゃんが真剣にお答えします♡

質問フォーム

今日のオフショット

「配信後の写真です」

PROFILE
佐藤ノア(ViVi creator)
Birth:1997年7月9日生まれ
City:北海道出身
Instagram、Twitter、YouTube、TikTok。全方位に多数のフォロワーをもち、若い女性から圧倒的支持を集める超人気インフルエンサー。裏表のないキッパリした発言でも話題に。

ギンガムチェックブラウス¥8000/Charles Chaton ラフォーレ原宿店(Charles Chaton)、デニムショートパンツ/スタイリスト私物

佐藤ノア『コネクト』連載一覧 

Text:Noah Sato Photo: MARFA Styling:Hitomi Imamura(io) Hair&Make-up:Naya Composition:Megumi Yamazaki ArtDirection:Mayuko Kobayashi