ファッション

マスクでもおしゃれしたい! 売り切れ続出のスタイリッシュなマスクをチェック。

2020.08.13

マスクが手放せない今、欲しいのは見た目も可愛いおしゃれなマスク♡ 各ブランドから新作が続々リリースされる中、悪目立ちせず、さらりとシャレた感じに見えるマスク&マスクケースをViViが厳選!

夏コーデと相性がいい注目のタイダイ柄

タイダイ柄マスク各¥2200/ジャーナル スタンダード 表参道(ジャーナルスタンダード)

この夏、一番のトレンドであるタイダイ柄をマスクで取り入れれば一気におしゃれ度がアップ。ほどよく淡いカラーリングなら派手になりすぎず使いやすい! サイズを調整できる紐タイプと凡庸性の高いゴムタイプがあり。

アクセサリー感覚で選びたい、
遊び心たっぷりな総柄デザイン

レオパード柄マスク¥1900、フラワー柄マスク¥1900/キャセリーニ(キャセリーニ)

洋服に合わせて選べる、デザインバリエが豊富なキャセリーニのマスク。総柄でも主張が強くなりすぎず、ほどよくガーリーなのが決め手。長めリボンの耳紐は、サイドに垂らすのがおしゃれに見せるコツ。

Page 2

淡いパステルカラー
ガーリーコーデにぴったり♡

リネンマスク(パープル)810、ベーシックマスク(ピンク、ミント)630chu

プチプライス&シンプルなデザインだから、おしゃれマスク初心者におすすめ。パステルカラーはどんなコーデにも馴染みやすく、カラー紐で横顔も印象的に。 

ファッション感度高めなマスクで個性的に

ポルカドット柄マスク¥1500、フラワー刺繍マスク¥1500/k3 OFFICE8(G.V.G.V)

憧れブランドのG.V.G.Vからどこよりもシャレてるマスクが登場。柄×柄の組み合わせが目を引くポルカドット柄に、エッジの効いた花柄刺繍。あなたはどちらにする?

Page 3

小顔効果バツグンのマスクは売り切れ必至!

オリジナルマスク(ケース付き)¥1950/SNIDEL

顎のラインに程よくフィットするSNIDELオリジナルのカットラインが、小顔見え効果を実現! 肌に馴染むフェミニンなピンクベージュが使いやすく、吸湿冷感・制菌加工で夏に最適な素材を使用しているので、使い心地も申し分なし。

オーガニックコットンのサステナブルなマスク

オーガニックコットンマスク各¥3600/スキンウェア

環境、人、経済に優しい上質なオーガニックコットンと、 抗菌・抗ウイルス機能を持つ生地を3枚仕立てにした、洗って繰り返し使えるマスク。肌当たりが優しいので、マスクで肌が荒れてしまう人も安心。

Page 4

モノトーンコーデに合う
トレンドのギンガムチェック

ギンガムチェックマスク¥2700/CHERIE

夏の白黒コーデに相性バツグンなギンガムチェック。モノトーン&細かい柄ならガーリーになりすぎないから、カジュアルコーデのポイントにも活躍。

あると便利!マスク専用ケースも続々登場

SNSで話題のジッパーバッグにマスクを収納!

ジップバッグ(各)¥500(H:17.5cm×W:18cm)、(各)¥600(H:19cm×W:24cm)、(各)¥1000(H:28cm×W:36cm)/ブルーベリー(Poke®︎)

昨年誕生した日本発のジッパーバックブランド「Pake(パケ)」。サイズ展開が豊富なので、じつは食事の際に外したマスクを入れるのにぴったり❤︎ この夏はぜひバッグのなかにPakeを一つ入れておこう。

Page 5

折らずに収納できる横長のPCVケース

PVCケース()960Purple peanuts

バックに入れても嵩張らない便利なPVCケースは水で拭き取れる素材なので、マスク入れに最適。ブルーカラーのPVCにパステルイエローのチェリーモチーフ、キラキラのシルバーグリッターPVCにロゴプリントの2デザイン。

 じつは抗菌効果もある実力派!

抗菌マスクケース¥599WC

ポップなザウルスを散りばめたマスクケースは全面に抗菌加工を施し、菌の増殖を阻害してくれる機能的な一面も。マスクを持ち運ぶ際のお供にぜひ。

Page 6

バッグの中で目立つオーロラモチーフ

オーロラモチーフマスクティッシュポーチ¥2500/キャセリーニ(コントロールフリーク)

予備のマスクを持ち歩くときだって、お気に入りのポーチを選びたい。派手なオーロラカラーならバッグの中でも迷子にならず、マスクとポケットティッシュを一緒に収納できるのも嬉しいポイント。

まだまだマスクが手放せないからこそ、ファッション感覚で楽しんでみてね♡

わせて読みたい

ニキビや赤みなど!症状別、マスクによる肌荒れの対処法に皮膚科医がお答え

マスクをしてても「オシャレだね」って言われちゃう♡あか抜けフェイスの作り方

目指せムレない女!夏のマスク問題を美のプロが解決

Photo:Makoto Muto  Text:Nirai Ikeshiro