イケメン

今一番やりたいことはピアノ?幅広い役柄を演じてきた柳楽優弥が初めて明かすパーソナルな部分

2020.10.06

9月20日に30歳の記念となるパーソナルブック『やぎら本』をリリースした柳楽優弥さん。14歳で映画デビューし、俳優として活躍していますが、パーソナルな部分を明かすのは実はこの本が初めて。スクリーンでは見せない自然体な姿、胸キュンな姿も多数披露しています。この本でも撮影を手がけた写真家の森栄喜氏と柳楽さんが、boy camで再びタッグを組みました――。

ABOUT THE PHOTO BOOK
―30歳の自分に宛てた手紙―

初めてのパーソナルブックは、いろんなシチュエーションで撮影をおこなって、かなり楽しかったです。今までを振り返るインタビューも、あまり見せたことがない上半身裸も……という贅沢な一冊です(笑)。

僕はこれまで、素の部分を出さないほうがいいと勝手に思っていたんです。でも年齢を重ねると、逆に何でダメなの?と思うようになりました。作品とは別だよね?と。そんなふうに心が前進して、それが運よく形になったのがこの一冊です。

中でも是非見ていただきたいのは、15歳のときに30歳の自分に宛てて書いた手紙です。『シュガー&スパイス~風味絶佳~』という映画の撮影中に書いたものなんですけど、『誰も知らない』で映画デビューして、その後いろいろなお仕事をさせていただいている中で、「どうやったら演技って上手くなるんだろう」と自信をなくしていた時期だったんです。それだけに「30歳の僕は壁を乗り越えていてくださいね」という、希望が入り混じった内容でした。

もし返事を出せるなら、「自信持てるようになってるよ、大丈夫だよ、焦らなくていいよ」と伝えてあげたいですね。今後も40歳とか50歳とか、10年単位で手紙を書いていきたいです。10年後は演技より健康とか、違うところに気を遣ってそうですけど(笑)。

Page 2

DAILY LIFE
―ルーティン最強―

僕の毎日は午前中が命なんです。一汁一菜を実践しているので、まず朝はお味噌汁を作って飲むんですね。食養生という言葉があるように、食で免疫を上げようと心掛けていて、「食養生ジュニアコーディネーター」の資格も取りました。食後は簡単な瞑想で心を落ち着かせます。あと、Zwift(コミュニティの仲間と一緒にトレーニングできるアプリ)でサイクリングトレーニング。これも毎日必ずやっています。

続けてみて思うのは、ルーティンって最強だな、ということ。三島由紀夫さんがとにかくルーティンを称賛していて、「何がそんなにすごいんだろう」と思ってやってみたら、やっぱりすごかった!

そして今、新たに加えたいのがピアノなんです。でも既に武道とお茶も習っているので、入る隙間がなくて……。20代は仕事だけで精一杯で、武道とお茶は何とか習ってましたけど、自分の本当に好きなことに意識を向ける、という感じではありませんでした。それはそれで大事な時期だったと思うんですけど、30代はパーソナルな部分を育てながら仕事に向き合いたいな、と。以前はいろんな人と飲みに行ったりもしてましたけど、今は“パートレ”(パーソナルトレーニング)中なので、まずは一人の時間を優先したいなと思っています。

Page 3

AS AN ACTOR
―豊かな人になりたい―

僕の素を知った人からは「イメージと違う」とよく言われます。JRAのCMの気さくな競馬好き兄ちゃんから、映画『ディストラクション・ベイビーズ』の暴力で自分を表現するヤツまで、いろんなキャラクターを演じているからですかね。じゃあどれが素の自分に近いかというと、どれも違うかもしれません。演技で素を見せるとか、恥ずかしくて。自分と全然違うキャラクターだから、思い切って演じられるんだと思います。

その素の自分が今一番やりたいことは、ピアノです。何でかというと、モテたいから。というのは変な意味ではなくて、モテモテになるぐらい人として豊かになれるようなことを、一つでも多く身に付けたいんです。

人間生きているといろいろなことが起きるじゃないですか。そういうときも、自分自身が豊かだと自分を見失わないと思うんですよ。なのでどちらかというと、未来の自分にラクをさせてあげたい、という気持ちからピアノに惹かれています。

あとやってみたいことは……、海を感じていたい。最近、ドラマ『ビーチボーイズ』を見て、自然を感じていたいなあ、と。ピアノとか海とか言ってることがバラバラですけど、要は豊かな人間でいたい、ということです。そして後輩に頼られるような、頼もしいおじいちゃんになりたいですね。

バンドカラーシャツ ¥16000/STYLE DEPARTMENT(STILL BY HAND) その他/スタイリスト私物 ●商品情報はViVi2020年11月号のものです。

Profile
柳楽 優弥 1990年3月26日生まれ。東京都出身。171㎝。A型。2004年に『誰も知らない』で映画デビュー。史上最年少でカンヌ国際映画祭最優秀男優賞を受賞する。その後、『許されざる者』、『銀魂』シリーズなど、多数の話題作に出演。主演ドラマ『二月の勝者-絶対合格の教室-』(日本テレビ)が控えており、公開待機映画に『HOKUSAI』、『ターコイズの空の下で』、『太陽の子』などがある。9/20に初のパーソナルブック『やぎら本』(SDP)を発売した。

Page 4