ファッション

秋はブラウスやカラーチェックを使って♡クラシカルガーリーにまとめよう

2020.10.08

どこか淡くて儚い夢見心地な秋の訪れ。毎日の暑さともようやくお別れして、いよいよお洒落が楽しめる季節が到来です。秋は甘いドリーミングな魅力にとりつかれ、みんなの視線も釘づけにするほど、夢見心地で乙女ゴコロくすぐるファッションを楽しみたい。ガーリーなディテールに乙女スパイスを存分に効かせ、クラシカルな装いで彩られたViViの若草三姉妹のアリサ&愛花&莉菜が魅せるガールズストーリーをご覧あれ。

秋は若草色から始めよう

この秋、絶対にハズせない色と言えば、ちょっとくすんだ若草色。鮮やかなのにくすんだグリーンがどこかアンニュイな印象を醸し出し、夢見心地な気分にさせてくれる。こっくりとしたブラウンやベージュとの相性も良く、一色投入するだけでココロときめく新鮮な装いに。まさに、若草物語な秋の訪れです。

右上・ニットカーデ¥23000/Katie エナメルスカート¥11000/REDYAZEL ルミネエスト新宿店 スカーフ¥850/NADIA FLORES EN EL CORAZON ミドルブーツ¥30000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) 左上・オーバーコート¥14000(11月下旬発売予定)/バロックジャパンリミテッド(LAGUA GEM) レースワンピース¥12000/REDYAZEL ルミネエスト新宿店 スカーフ¥900/オトシマエ 中央下・ファーコート¥37000/ジャック・オブ・オール・トレーズ(jakke) 半袖トップス¥4490/REDYAZEL ルミネエスト新宿店 フレアスカート¥11400/SNIDEL レーススカーフ¥3500/bad hair day(Room Shop) ●商品情報はViVi2020年11月号のものです。

面積の多いメインアイテムに思い切って若草色を取り入れてみて。そうすれば旬な秋コーデに早変わり。上品で色っぽくもあり、乙女ゴコロもくすぐられるカラーが新鮮な気持ちにさせてくれます。

ふんわりロングスカートはブーツではくくらいがちょうどいい

この秋はロングスカートが私たちの定番ワードローブ。上品さも知的さも、ちょっとの色気もあるでしょ!? 歩くたびに揺れるフレアスカートは、乙女の強い味方。そしてこの季節の足元には、重めなブーツがバランス良しって感じ。ロングスカートで隠れてしまいがちだけど、見えないところまでお洒落していますよ……って。これくらい秋はおもいっきりお洒落を楽しまなくっちゃ。

中央上・ビーガンレザージャケット¥13000/バロックジャパンリミテッド(THROW by SLY) ワンピース¥23000/eimy istoire ルミネエスト新宿店 ネオプレートハット¥20000/Sugri ブーツ¥43000/FURFUR 右・フェイクレザージャケット¥10990/バロックジャパンリミテッド(SLY) トップス¥1990/REDYAZEL ルミネエスト新宿店(10月上旬発売予定) スカート¥65000(minaperhonen)、バッグ¥72000(ebagos)/Lamp harajuku ワイヤーハット¥24000/Sugri ブーツ¥30000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) 左・ワンピース¥8990/titty&Co.ルミネエスト新宿店 ワイヤーハット¥24000/Sugri バッグ¥11800/FUMOTO(RUBY AND YOU) ブーツ¥13000/バロックジャパンリミテッド(SLY) ●商品情報はViVi2020年11月号のものです。

秋もまだまだロングスカートが気分です。今っぽい着こなしは足元にしっかりバランスを持たせること。ガーリーなワンピもレザーや厚底ブーツでカジュアル要素をプラスしてコーディネートするのが肝心だよ。

Page 2

秋、一つ柄を取り入れるならカラーチェック

肌寒くなる季節に欠かせない柄といえばチェック。今年は、チェック柄のチョイスにも少し変化球を効かせて、いつもは着ないカラーチェックを選んでみるのはどう?ポイントは落ち着いた色みをセレクトするってこと。少し大人になった気分で、新しい自分に出会える予感。甘〜いコーディネートにこそプラスすると、不思議と今っぽい合わせに進化するんだよね。

中央奥・ワンピースコート¥9000/jóuetie ブラウス¥8000/マーキュリーデュオ ルミネエスト新宿店 スカート¥9000(THROW by SLY)、ニーブーツ¥14000(SLY)/バロックジャパンリミテッド リボンバレッタ¥300/WEGO(W♥C) イヤリング¥3500/サンポークリエイト(mimi33) 中央左・ワンピース¥9500(MOUSSY)、中に着たレザートップス¥8000、イヤリング¥3990(SLY)、ブーツ¥16000(THROW by SLY)/バロックジャパンリミテッド リボンバレッタ¥1100、パールバッグ¥16000/NADIA FLORES EN EL CORAZON 手前右・ロングスカート¥15000/FURFUR ポロニット¥6000/バロックジャパンリミテッド(MOUSSY) イヤリング¥2800/サンポークリエイト(mimi33) ロングブーツ¥10000/jóuetie ●商品情報はViVi2020年11月号のものです。

ロングコートやロングスカートなど、長丈アイテムにカラーチェックを選んで大胆に柄を生かして。コーディネートの決め手はチェックのセレクトにアリ。柄に頼りすぎる分、肌見せやヘアで女っぽい見せ所も忘れずにね。

クラシックキブンを高めるブラウスたち

「ごきげんよう」窓から覗く美しい三姉妹をより引き立たせるボウタイブラウス。大人なブラウスで魅了する儚げな雰囲気は、なんだかレトロ映画のヒロインになった気分。こんなドラマティックなお洋服の日には、なにかいいコトありそうな気配さえ感じる。

たった1枚でレディが瞬時に叶うブラウスは、とことんガーリーに攻め込む

右・ボウタイブラウス¥1990/GU デニムパンツ¥11800/バロックジャパンリミテッド(MOUSSY) スカーフ¥900/オトシマエ 中央・ボウタイブラウス¥10000/Charles Chaton ラフォーレ原宿店 スカート、帽子¥13900/F.GROUND(oioikorea)(ワンピース水着つき、3点セット価格) 左・ブラウス¥10800/ザ・ウォール ショールーム(SISTER JANE) レザーパンツ¥8000/バロックジャパンリミテッド(SLY) カチューシャ¥3800/The Skips イヤリング¥5500/WALL(Lilien) ●商品情報はViVi2020年11月号のものです。

大人の色気が漂うボウタイブラウスの日は、一目置かれる存在に。特別な扱いをされたい日のお守りブラウスとして着てみるのもいいね。

乙女ゴコロくすぐるクラシカルな魅力、白コットンブラウス

右・セーラーブラウス¥12800/LTN showroom(KAWI JAMELE) ショーパン¥15000/HONEY MI HONEY ハット¥36000/バラ色の帽子 イヤリング¥3400/サンタモニカ 原宿店 ソックス¥2600/KiwandaKiwanda(Kiwanda) 厚底ブーツ¥30000/ドクターマーチン・エアウエア ジャパン(ドクターマーチン) 左・リボンブラウス¥8000/merry jenny ショーパン¥6990/EVRIS 新宿ルミネエスト店 ハット¥36000/バラ色の帽子 ソックス¥700/タビオ(靴下屋) ブーツ¥8990/REDYAZEL ルミネエスト新宿店 ●商品情報はViVi2020年11月号のものです。

リボン付きのつば広ハットで白コーデをさらにお嬢っぽく引き立てて。こんな清楚な白コットンブラウスは、甘くなりすぎないようにショーパン&重めブーツ合わせが今季っぽく着るポイント。

Page 3