エンタメ

ViViモデル・八木アリサが舞台に初挑戦!稽古場では心えぐられる思いも

2020.10.08

ViViモデル・八木アリサが出演するミュージカル『RENT』の制作発表会が行われました。その様子をNETViViでいち早くお届けします! アリサの舞台初挑戦の心境や、共演者の花村想太さん(Da-iCE)、甲斐翔真さんからのコメントまで。そしてNETViViだけでしか見られない、写真もお見逃しなく!

Q.今回の「RENT」への意気込みは?

アリサ)「今回MIMI役を演じさせてもらう八木アリサです。初めてカラオケではない場所で歌うという(笑)。でも2020年という年に初ミュージカルに参加でき、みなさんに『RENT』という作品を届けられることがとても嬉しいです。一生懸命頑張ります。」

花村さん)「マーク役を務めさせていただく、花村想太です。2017年に初めてこの作品に触れた時から、ずっと関わりたいと思っていて、そしてその夢が叶いました。とても嬉しいです。」

甲斐さん)「ロジャー役を演じさせていただく甲斐翔真です。僕は初のミュージカルオーディションが『RENT』だったんですが、世界中に愛される『RENT』という作品に出られて嬉しいです。」

Q. 稽古が始まって、今はどんな心境?

アリサ)「毎日の稽古が、すごい体力を使うんですよ。1日1曲の時もあったり2曲の時もあるんですけど。そして楽曲もいろんなジャンルがあって、明るい楽曲の時は現場もワイワイ楽しい感じだったり。でもグッとくるような楽曲の時は、すごくえぐり取られる、泥まみれ汗まみれ、グッチョグチョって感じで(笑)」

花村さん)「僕は、他のお仕事もあって皆さんよりはお稽古に参加できていないんですが、稽古場に行くとその世界に引き込まれるというか。すごく『RENT』の力強さを感じますね。一歩踏み入れた瞬間に覇気みたいな、気持ちを引き締めなきゃなと感じます。」

甲斐さん)「僕はミュージカル出演がまだ2本目なんですが、普通の映像のお仕事をしていても、きっとそうであるべきなんですけど、『RENT』は本物にならないと近づいていけない稽古をしていて。それってとても、怖かったり辛かったりキツかったりもすると思うんですけど、きっと『RENT』は苦しい思いをしたからこそ出来上がる作品なんじゃないかなと思っています。2020年のこの時代にやる意味があると信じて、走り続けたいと思います。」

Q. 演じてみて楽しかったことは?

アリサ)「自分と同じMIMI役を演じる遥海ちゃんがとても優しくて。みんながチーンとなっているときに、後ろからハグしてくれたり、みんなすごく暖かいんですよ。ファミリーのように。受け止め合ってさらけ出しあって、すごく充実した日々を過ごしています。そしてそれを作品としてお届けするのが、少しドキドキも、少し怖かったりもあるんですけど。素敵なものをおとおどけしたいと思います。」

Q. ミュージカルのみどころは?

花村さん)「もう、全部ですね(笑)。ただいろんな感動が含まれている作品なので、頭から全部を見てもらえたら、もうそれが『RENT』です!」

左から)八木アリサ・平間壮一・甲斐翔真

【上演情報】
ミュージカル『RENT』
上演期間:11月2日〜12月6日まで
場所:日比谷シアタークリエで上演
ミュージカル『RENT』は1996年からブロードウェイや世界15か所で上演し、映画化もされるなど、世界的有名な作品。シアタークリエでは2008年から上演し、今回は新キャストを迎えて6回目となる。90年代を舞台にした若者たちの様々な問題に直面しながらも、愛や友情、そして夢を信じて生きる姿を描いています。