イケメン

大人になりたくてトガってた。杉野遥亮がもし青春時代に戻れるならしたいこととは?

2020.11.02

夏ドラマ『ハケンの品格』でのイマドキ新入社員が「ハマリ役すぎる!」と好評を博した杉野遥亮さん。11月公開の映画では一転、静かにヒロインを見守る青年を好演しています!

青春時代に戻れるなら、好きな人と夕日の中を下校したい

――パラカヌーを描いた映画『水上のフライト』。杉野さんは主人公・遥を支える颯太を演じていますが、どのようなキャラクターですか?

「颯太は親に愛されずに育ったという、心に傷を負った青年です。でも親以外の多くの人から愛をもらったことで、その愛を周囲に返したいと思うようになり、遥のことも支えていきます。僕自身は颯太のような経験がないので、颯太の本当の気持ちは想像することしかできません。でも何かをもらったら何かをあげたいと思う、そういうことかなと思って演じていました」

――この作品は、交通事故で車椅子生活になった遥が、パラカヌーと出会いパラリンピックを目指す青春映画です。杉野さんにとって青春の思い出とは?

「僕は早く大人になりたいと思って、トガッてたんですよね。だから授業をサボって反抗したりしていました。これはこれで必要な時間だったと思いますけど、100%良い思い出ではないです(苦笑)」

――もし戻れるなら、何をしたいですか?

「好きな人と一緒に夕日の中を下校したり、ダラダラとお喋りしたり、とかしたいです。LINEがくるだけでもときめくとか、そんな経験、憧れるなあ(笑)」

Page 2

――颯太の遥を支える姿にはキュンとさせられました。杉野さんは好きな人を支えたいタイプ?

「うーん、支え合いたいかなあ。相手が弱音を吐ける場所になりたいし、自分もネガティブな部分を受け入れてもらいたいし。でもそれってお互い自分をさらけ出すことだから、月日を重ねないと難しいですよね。僕もけっこうカッコつけちゃうタイプですし……」

――前回『ビビビッ‼』に登場いただいたときも、人に支えられてきたから、これからは自分の力で歩くことで周囲を支えたい、とおっしゃってましたよね。

「だから僕、『ハケンの品格』で演じた井手君が大好きだったんです。彼は御曹司で自己中に見えるけど、実は媚びを売らず、自分の好きなものを堂々と好きと言える人。すごく魅力的だなと思いました。自粛期間中に『ONE PIECE』を1巻から読み直していて。主人公のルフィもそうですけど、今は自分の正解を信じて突き進む人に憧れているのかも」

――『ONE PIECE』って100巻近くありますよね⁉ それはかなり憧れていますね!

「はい(笑)。嫌われてもいいから自分を貫くって難しいけど、少しずつ近づけている実感はあります!」

PROFILE
杉野遥亮
1995年9月18日生まれ。千葉県出身。2015年、FINEBOYS専属モデルオーディションでグランプリを獲得。2017年に映画『キセキ―あの日のソビト―』で俳優デビュー。最近はドラマ『ハケンの品格』(日本テレビ)での好演が話題に。公開待機作に『東京リベンジャーズ』がある。
INFORMATION
『水上のフライト』 高跳び選手としてオリンピック出場が確実視されていた遥(中条あやみ)は、交通事故で下肢麻痺となり夢を断たれてしまう。が、母(大塚寧々)、カヌー教室をひらく宮本(小澤征悦)、エンジニアの颯太(杉野遥亮)たちに支えられ、パラカヌーの道を進み始める。実在するパラカヌー日本代表選手を描いた感動映画。11/13より全国公開。
Ⓒ2020 映画「水上のフライト」製作委員会
合わせて読みたい♡

風呂上りは裸な自分を受け入れてほしい⁉︎俳優・杉野遥亮の癖とは?

彼女の髪乾かしてる!?真剣佑に褒められた“持ち上げドン”とは!?杉野遥亮×横浜流星が胸キュンを語る♡

Photo:Tetsuya Maehara Styling:Shogo Ito  Hair&Make-up:Akihito Hayami Interview&Text:Naoko Yamamoto