ビューティ

内田理央のおうちバスタイムをパパラッチ♡デトックスしまくりで全身うるるん肌へ

2020.11.27

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

おうち時間がたっぷりとれそうな今年の冬は、セルフケアでキレイを磨く絶好のチャンス! ということで、なんと今回は“内田理央の巡らせバスタイム”をパパラッチしちゃいました♡ 体を芯まで温めて、汗がいっぱいかけるバスタイムは最高のデトックスチャンス! スッキリとしたボディラインをキープするために欠かせない時間です。湯船に浸かっているときや反復浴の休憩中もフル活用して、頭からつま先までピカピカにするのが習慣。気分をアゲるために香りにもこだわってるよ。

Bath Time Table

00分 Start!
    クレンジングして体を軽く流す
05分 湯船にどぼん→反復浴を約3回
35分 シャンプー&リンス
45分 洗顔
47分 体を洗う
50分 Finish!

カーディガン ¥5990/ラヴィジュール ルミネエスト新宿店 ルームウェア(キャミとショートパンツセット)¥5364/Belle ピンククリップ ¥5000、コーム¥6300/papier ●商品情報はViVi2021年1月号のものです。

入浴剤は体調で選ぶよ♪

【A】「今日は疲れたなーっていう夜はいつもより多めに入れるとよりスッキリする気がします」きき湯ファインヒート リセットナイト 【B】「天然のクレイとミネラルが毛穴の奥の汚れまで掻き出してくれるし、芯までポカポカになれるところが好き♡」CLAYD for bathCANISTER SET 400 【C】「森林浴をしているみたいな香りで心の底からリラックスできます。肌もうるおう気がする」アロマセラピー アソシエイツ フォレスト バスアンドシャワーオイル 【D】「肩や腰が痛いときに使うと和らぎます!」オリヂナル薬湯 ハッカ脳(以上すべて本人私物) ●商品情報はViVi2021年1月号のものです。

【A】デイリーはコレ!炭酸浴でスッキリ
【B】いつもより時間にゆとりがある日用
【C】癒やされたい夜のとっておきなのだ♡
【D】スースー気持ちいい渋いけど本気で効く

Page 2

足ストレッチで血行をぐんぐんUP

「手で足の隣同士の指をつかんで、指股を前後にグーっと開く。限界まで開いたら反対に開いて。すべての指股に」

「足の指を手で思いっきり引っ張って、左右にぐるぐる回します。回数はテキトーでOK。全部の指を1本ずつ回すよ」

「手と足の指を指股に絡ませて“カップル繋ぎ”風にしたら、足首をグルグル回す。左右10回ずつくらいが目安」

Page 3

反復浴の休憩はストレッチタイム!

股関節&足裏ピーン!で血行促進

「両足を揃えて立ったら、片足のかかとをバスタブに引っ掛ける。手でつま先を持って前屈を約10秒。反対側も同じように伸ばすよ」

①「足を肩幅に開いて背筋を伸ばして立ち、腰に手を添える。息を吸いながらおなかを思い切り前に突き出して」

②「息を吐きながらおなかをうしろに引っ込める。時々、左右に回すことも。体がクールダウンするまで続けて冷えてきたら再び湯船へどぼん」

Page 4

週1回のクレイパックで肌色をトーンアップ

「ミネラルを100種類近く配合した美容火山灰でできてるみたい。ハーバルな香りが癒やし」OSAJI クレイパック MUKU(本人私物)

「クリアな肌をキープするために、週2回ペースでクレイパックを決行! 続けるうちに、くすみがなくなるよ」

HOW-TO
「目の周りを外した顔全体にパックを塗り広げる。10分くらいおいたら、洗い流してFINISH★ むくみが気になる日は塗ったままマッサージするのもオススメ」

ボディウォッシュは香りを重視

「スパイシーな柑橘系。コメヌカ油配合で保湿力もスゴイ」THANN シャワージェル AW アロマティックウッド(本人私物)

「単純にその方が心がウキウキするから♪ 肌を摩擦しないように泡立てて手で洗うのがこだわり」

PROFILE
内田 理央
1991年、東京都生まれ。女優。モデルとしても『MORE』、『ar』、『VOCE』など人気女性誌で活躍。マニアックな素顔がのぞけるYouTube『だーりおCHANNEL』も要チェック。

Page 5

あわせて読みたい

ぷりっと可愛い内田理央Bodyを目指す♡今すぐ真似したい3つの鉄則

テレビを観ながらでもOK!内田理央ボディになれる超簡単セルフケア

香りにゾッコン♡内田理央がモテたくてヘビロテしてるものって?

*私物アイテムについて、各ブランドへのお問い合わせはご遠慮ください。また、販売終了となっている場合がございますので、ご容赦ください。

Photograph:Suguru Kumaki (io/Rio Uchida,Akane Moriya) Hair&Make-up:Mikiko Suzuki Styling:Aino Masaki(Rio Uchida) Composition:Rina Ishibashi