エンタメ

同棲に憧れる人必見!男女コンビYouTuberヴァンゆん流・ラブラブ関係を保つ秘訣♡

2020.12.03

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

恋人と自由にお出かけしにくくなっている昨今、一緒にいる時間を増やすための手段として「同棲」に憧れる人が急上昇中! 実際に、同棲中のカップルからは「寂しくない!」「ライフスタイルが違っても毎日顔を合わせられる」と、楽しそうな意見がたくさん♡とはいえ、同棲って何かと大変そうなイメージもあり……。そこで、日本を代表する男女コンビYouTuberヴァンゆんさんにインタビュー! 仲の良さをキープするための秘訣や、家事やお金に関するルール作りなど、同棲にまつわるみんなのギモンに答えてもらいました♡

「一緒にいる時間を増やしたい!」同棲したい人が約8割も!

同棲中もしくは同棲経験がある人は全体の2.5割を占めるという結果に驚くViVi調査員。(意外といるんですね!!)そして逆に、同棲はしていないものの、同棲に興味がある人は約8割と、同棲熱が高まっているよう。

同棲熱が高まっている理由として、「一緒にいる時間を増やしたいから」というのが半数以上を占め、コロナ禍でなかなか会いづらいムードが後押ししているみたい。また「結婚を視野に入れているから」と幸せな理由もありつつ、「カップルで活動してみたい」という、YouTube人気を裏付けるような理由も。

Page 2

そこで!同棲のお悩み、ヴァンゆんさんにぶつけました

Q1.同棲したら、いつか彼氏の前でオナラをしちゃいそう……。ふとした瞬間に別れのきっかけを作ってしまいそうで不安です。

ヴァンビ:ハッキリ言いましょう! 目の前で女の子にウケ狙いで屁をこかれたら、俺は嫌いになります(笑)。もう異性として意識できなくなってしまうんじゃないかな。ただ、不慮の事故で出てしまった場合は許しますよ。「おいおい、かわいいな〜」って、ちゃんとフォローもするし。

ゆん:うんうん。自分から「出す」のと、不可抗力で「出ちゃった」のは違うよね。そこを見極められなくて、ワザとじゃないオナラに対してドン引きするような男性は器が小さいと思うな。むしろ、同棲に相応しい相手か判断するために、事前に1回、わざとオナラをしてもいいんじゃないかな(笑)

ヴァンビ:だから、ワザとやっちゃダメなんだよ! 男女関係は最低限の緊張感を保つことが大切。お風呂上がりにも裸で歩き回ったらダメです。

ゆん:でもヴァンビ君は何度も私の前でオナラしてるよね。しかも、動画撮影中ならネタになるけど、カメラがないときでもするよね?

ヴァンビ:うん、だって、面白いでしょ!? ゆんちゃんだって笑ってるじゃん。

ゆん:私の場合は顔の前で出されても笑えるくらい間隔がマヒしているから……。私たちは「面白ければOK」ですが、真似はしないでください(笑)

同棲経験者からのアドバイス
「同棲は楽しい! 相手の嫌なところも見えてくるけど、それを含めて好きになれる!」

Q2.同棲すると新鮮さがなくなって、すぐ相手に飽きちゃうものなの?

ヴァンビ:やっぱり四六時中一緒にいると、どんどん新鮮さがなくなって「ありがたみ」が薄れてきてしまうよね。だから俺は、お風呂も別々で入りたいし、寝るときも毎日一緒がいいとは思わない派です。ある程度の距離感を保っていたほうが、無駄な喧嘩も防げるんじゃないかな。

ゆん:う〜ん。私はヴァンビ君と真逆で、ずっと寄り添っていたいし、離れているときもLINEのやり取りを続けたい派なので。お風呂も寝るのも一緒で、どんどん彼氏を私に依存させて、「この子がいないと生きていけない」と思わせる作戦です。

ヴァンビ:それは重いよ! どんどん離れたくなっちゃう(笑)

ゆん:もちろん、新鮮さも大事だよ。だから私だったら、ずっと一緒にいても飽きられないような努力をすると思います。毎回ヨレヨレのスウェットで寝るのではなくて、たまには色っぽいランジェリーを身につけるとか。ありのままの自分でいられる安心感も幸せだけど、ドキドキする関係を長続きさせられるかどうかは、自分の努力も必要だということを伝えたいですね。

同棲経験者からのアドバイス
「嫌なところが目について、慣れるまでは喧嘩が増えた気がする」
「一緒にいると寂しくないから、別れた後、1人の時間が寂しくなった」

Page 3

Q3.同棲しながら「自分の時間」も確保するコツって?

ヴァンビ:お互いの自由行動に理解を示すことが大事ですよ。一人でゲームをしていても、「何でかまってくれないの?」ではなく、相手にとって必要な時間なんだと思ってあげたいところ。息抜きしているからこそ、優しい自分を保てているのかもしれないし、パートナーを大切にしたいからこそ一人の時間も必要なの。だから、男が一人で何かをやっているときは放っておきましょう!

ゆん:結局、男ってジコチューな生き物なんです(笑)。まあ、一人で何かに熱中したいときは、「ごめん、1時間後に一緒にご飯を食べようね」みたいなひと言があれば相手は救われるんじゃないかな。そもそも、お互いの趣味が同じだったら「一人の時間」ってあんまり必要ない気もします。だから私だったら、ゲームだろうがスポーツだろうが、相手が好きなことに興味を持って、自然と「二人の時間」を増やせるようにすると思います。

Q4.同棲すると友達と出かけたり、飲み会に行きにくくなってしまう?

ヴァンビ:同棲するなら、出かけるたびに「どこ行くの?」と聞かれる面倒臭さを受け入れるしかない! 逆に言えば、深夜の飲み会だろうが、堂々と行き先を告げれば相手も安心できるだろうし。予告通りの時間に帰れば、また次も笑顔で見送ってくれそうだし。信頼関係を積み重ねていくことが大切!

ゆん:黙って飲み会に行かれちゃうと、「やましいことがあるの?」って疑いたくなってしまうから。ちゃんと行き先を告げつつ、飲み会の合間にマメに連絡をするとか、相手に対する気遣いを忘れてはいけないですよね。

同棲経験者からのアドバイス
「友達と遊んだり、ご飯に行く時間が減ったのは事実」
「夜遅くまで遊べない。それが原因で大喧嘩したこともあり、今では終電2本前で帰宅しています」

Page 4

Q5.生活のリズムが違うので、お互いにストレスを感じてしまいそう……

ヴァンビ:ポジティブに考えましょう! 例えば寝るタイミングが違ったとしても、同棲する前は相手の寝顔を見れなかったわけですよね。家に帰ったときに、相手が先に寝ていても、寝顔を見れるだけで幸せじゃないですか! 生活リズムが合わないストレスよりも、そっちのメリットに目を向けるべきですよ。

ゆん:それは同感! 一緒に寝れるだけで幸せだから、多少のすれ違いは気にしなくてもいいんじゃないかな。ちなみに、私たちはコンビで仕事をしているので朝起きる時間がほぼ同じなのですが、ヴァンビ君は目覚めが悪いタイプなので(笑)。いつも私が頑張って起こさなきゃいけないのが不満です(笑)。

ヴァンビ:本当に不思議なんですけど、俺のスマホ、いつもアラームが勝手に止まってるんですよ。

ゆん:寝ぼけてるだけ! 自分で止めてるんでしょ!(笑)

同棲経験者からのアドバイス
「休みが合わなくても、喧嘩しても、働く時間がバラバラでも、約束しなくてもいつでも会えるのが嬉しい」
「経済的も楽になるし、浮気を心配することが全くなくなった」

Q6.生活費の分担ってどうするのが理想?

ヴァンビ:二人の年齢や収入によって理想のバランスは変わってくると思うけど、とくかく大切なのは最初にルールを決めておくことだよね。生活費や光熱費を、どれぐらい出し合うのか。日頃の買出しも、自主性に任せると片方の負担がどんどん大きくなってしまうから、最初のお金のルールを決めておいたほうが後から揉めないと思うな。

ゆん:私の周りにも、同棲を始めた後にお金で揉めているカップルは多いから。相手のことが好きだからお金についてアレコレ言いたくない気持ちはわかるけど、関係を長続きさせたいなら、ちゃんと最初に話し合うべきですよね。

ヴァンビ:まあ、俺の通帳残高には「∞(無限)」という数字が記されているので、ゆんちゃんと一緒にタクシーに乗ったりご飯を食べるときは、だいたい俺が払ってますけどね。

ゆん:嘘つくな! 電子マネーが使えないシーンでは面倒臭がって財布を出さないじゃん! しかも、そんな自慢するほどお金持ちじゃないし(笑)。ただ、二人の共通の口座のお金を活動費用にしているので、どちらが払っても同じなので。お金のことで喧嘩したことはありません。

同棲経験者からのアドバイス
「基本すべて割り勘。割り勘で買えるのは毎回得した気分になれます!」
「収入に合わせて、割合を決めるのもアリ。その場合、払うのが負担に思うなら早めに伝えて解決すべき」

Page 5

Q7.家事とか料理の分担も最初に決めておくべき?

ヴァンビ:家事の分担で俺が主張したいのは、誰しも得意・不得意があるということ。ジャンケンでランダムに決めたり、曜日ごとに役割を変えるのではなくて、お互いに得意なことをやるほうが平和が保たれると思うんだよね。

ゆん:ヴァンビ君は潔癖だからトイレ掃除をやりたくないだけです(笑)

ヴァンビそうです(笑)。トイレ掃除では活躍できません。本当に苦手なんですよ。仕事も家事も、適材適所ってやつですよ!

ゆん:結局、女の子が家事を押し付けられてしまうパターンが多いんですよね。だから、彼が自分から料理や掃除をしてくれたら、どんなにレベルが低くてもめちゃくちゃ褒めてあげることが大切。「もっとやりたい」と思ってもらえるように、褒めて褒めて、上手に操作しちゃいましょう。

ヴァンビ:いやいや、ゆんちゃんは僕がミスするとめちゃくちゃ怒りますよ。「何でちゃんと掃除できないの?」って。それで僕は掃除をするモチベーションがなくなりました(笑)

ゆん:それはヴァンビ君が何度も同じミスを繰り返すからです!

同棲経験者からのアドバイス
「家事は分担すべき。一緒に家事をするという楽しいメリットもあります」
「一人暮らしでは少しだらけてた家事も、同棲するとしっかりするようになりました」
「彼氏が料理、お弁当、全部作ってくれます♡」

Q8.「結婚が決まったわけでもないのに」と、同棲を親が認めてくれません。どうやって説得すればいい?

ヴァンビ:いやいや、「逆に聞くが」と。親に言ってくださいよ。同棲しないで結婚して、後から相手がDVだった場合に、あなたは責任取れるのかと。相手の本質的な部分って、一緒に暮らしてみないと見抜けないところもあるのだから、結婚するかどうかを判断するためにも、同棲は大事なステップであることを主張すればいいんじゃないかな。

ゆん:うんうん。そこは親の考え方を変えられるように説得するべきだよね。日頃からバイトや仕事を頑張る姿勢を見せて、自立しているところを見せるとか、親からの信頼を積み上げていくことも大事なのかなと。

ヴァンビ:お見合いで親が決めた相手と結婚するなんてギャンブルですよ! ギャンブルの時代は終わったんだと、親に伝えるべきですよ! まあ、俺は自分に娘がいたら婚前同棲なんて許さないけど(笑)

ゆん:それ言ったらダメじゃん。一気に説得力がなくなっちゃう(笑)

同棲経験者からのアドバイス
「同棲は悪いことではない。本当に必要と思うなら、ちゃんと説明するべき」

Page 6

Q9.同棲すると現状維持の関係がズルズル続いて、結婚に進みにくいことも?

ゆん:同棲している期間が長くて、結婚するきっかけを逃しているカップルは多いですよね。「別に今のままでいいじゃん」って。

ヴァンビ:ズルズル付き合いたくないなら、最初から同棲しなければいいんじゃない!?

ゆん:だから、それを言ったら元も子もないじゃん(笑)

ヴァンビ:それなら、同棲を始める際に目安となる期間を決めることですね。「1年経ったら、結婚に進むかどうか判断しよう」とか、「3年経っても結婚しなかったら別れよう」とか。

ゆん:それはアリかも。お互い、人生の貴重な時間を共有するわけだから、ある程度の覚悟を持って同棲を始めた方がいいですよね。

同棲経験者からのアドバイス
「結婚を考えている相手であれば、メリットの方が多いと思います!」
「部屋は絶対2部屋にした方がいい。ダラダラ同棲せずに期間を決めておきましょう」

Q10.同棲しても仲良しな関係を保つための秘訣とは?

ヴァンビ:やっぱり、長く付き合ってたりすると、いろんなことが当たり前になってお互いに感謝が薄れていってしまうので。記念日は二人でご飯に行くとか、週1回は2人で出かけるとか、幸せを保つためのルールを決めておきたいですよね。

ゆん:私が個人的に心がけているのは、どんなに小さな事でも「ごめんね」と「ありがとう」をちゃんと言うこと。本当に、親しき仲にも礼儀あり。仲の良い関係をずっと築いていくためには、それが1番必要なことだと思っています。長く一緒にいれば、喧嘩をすることもあるので、どっちが悪くても、どっちも謝るべき。そういう気持ちを忘れないことが大切ですよね。ヴァンビ君は素直に謝ることが苦手な人間なんですけど(笑)

ヴァンビ:いやいや、明らかに僕が悪いときは謝りますよ!(笑) でも、どっちが悪いとは言い切れない争いもあるじゃないですか。そういう原因が曖昧な場合は謝りません。

ゆん:ヴァンビくん! どっちも謝ることが大事なんだよ?

ヴァンビ:わかりましたよ。これからも2人で仲良くやっていこうと思います。

同棲経験者からのアドバイス
「お互いが、やってくれたことにちゃんと言葉で感謝を表す。『ありがとう』『ごめんね』が大事です」

Profile.
ヴァンゆん 2018年活動開始。元V系バンドマン“ヴァンビ”と、元アイドルの“ゆん”による美男美女YouTuber。ドッキリや大食いなど、そのルックスからは予想もできない体を張った動画が満載。動画の平均再生回数は100万回を越え、最近では、テレビ、ファッション誌にも多数出演する話題のインフルエンサー。YouTubeでは見られない二人の魅力が詰まった初のスタイルブック「ヴァンゆんの万有引力~人を惹きつける魅力の秘密~」が好評発売中!

Text: Satoshi Asahara