エンタメ

NiziUの撮影に密着!メンバーみんなのわちゃわちゃ感いっぱいの撮影裏話を一挙公開♡

2020.12.20

日本中で話題沸騰中のNiziU(ニジュー)が、12月2日にシングル『Step and a step』で待望のデビュー! これを記念して、11月18日発売のViVi1月号の表紙を飾ってくれました♡ 今回は撮影中にの仲の良さが溢れていた、わちゃわちゃエピソードを大公開。カメラが回っていなくてもギュギュッと集まりがちなNiziUさんの終始可愛い素顔をご覧あれ♡

ViViは見た!

ウサギの登場に“わちゃわちゃボルテージ”が急上昇♡♡

今回の撮影のピークは、間違いなくウサギの着ぐるみの登場シーン。扉から入ってきたウサギさんに真っ先に気づいたニナ&アヤカを筆頭に、全員がダッシュ。いつもは落ち着いた雰囲気のリオ、マコ、マヤも予想外の特別ゲストに大興奮で、ウサギに向かって手を振ったりハグをしたり、撫で回したり(笑)。撮影を忘れ、子供のようにキャッキャはしゃぐ姿がもう……尊!!!!!

ViViは見た!

微笑みコンビマヤ&マユカの素顔は、意外とやんちゃ疑惑

穏やかなNiziUの母・マヤと、いつも語尾に(笑)がついているような、はんなり癒やし系のマユカが、枕投げのシーンでまさかの激変。誰よりも本気で枕投げに参加し、メンバーから枕を奪おうとしたりコロンと寝転がったり。写りの良さよりも、枕投げを優先した結果、後頭部しか写っていないという事件が勃発。これにはスタッフも思わず爆笑。ちなみに、リクもメンバーに向かってダイブしてました(笑)。

ViViは見た!

まるで女子校。待ち時間にギュギュッと集まりがちなNiziUさん

撮影の待ち時間には流れていた『Savage Love』に合わせてTikTokのダンスを踊り、パジャマ衣装に着替えるとみんなで鏡の前に並びシュシュで髪を結んで自撮り。撮影の合間のNiziUはまるで女子校の休み時間のような雰囲気。そんな中でもマヤは、遠くにいるメンバーに声をかけたり、ニコニコと前髪を直してあげたり、さすがの母力を発揮していました。

ViViは見た!

リーダー・マコ、最後はウサギさんも一緒にあの挨拶で〆

撮影&取材をすべて終えたところで、リーダーのマコから「NiziUから挨拶をさせてもらってもいいですか?」との申し出が。一列にならんで「We NiziU!」のアノ挨拶をしてくれたのですが、最後の撮影がパジャマ衣装だったため、ウサギさんがセンターを務めることに(!!)。着ぐるみに一生懸命ハンドサインを教える生真面目なマコ。終了後、着ぐるみに入っていた女性スタッフは「視野が狭くて何がなんだかわからなかったけど、一生懸命で可愛かったです」とほっこり笑顔に。

Page 2

ViViは見た!

方言に翻弄されるリオ&マユカ。捻り出してくれたメッセージに注目!

ポロっと出る方言が可愛すぎる!ということで、読者へのメッセージを方言ver.でもらったのですが、いざとなると緊張してしまうらしく、なぜだかみんな片言に(笑)。中でも苦労していたのが、「方言は怒ったときにしか出ない」と言うリオと、それまでの取材はすべて関西弁だったのに、突如標準語になり、TAKE2で成功したマユカ。アタフタ頑張る姿がこれまた可愛かったです♡

ViViは見た!

さすがのスター性。ハートポーズのバリエがスゴすぎた

ハートポーズって、みなさん何種類できますか? 個人撮影でメンバーにやってもらったところ、見たこともない新種のハートが、まぁ出るわ出るわ! 特にスゴかったのが、マヤ。指ハート、顔の前でハート、萌え袖ハートと、5種類以上のハートポーズを連発。最初は「可愛い~!」と見ていたスタッフの声も、最後は「おぉ~」と感心に変わっていました。

ViViは見た!

テニスラケット争奪戦。その結果はいかに……?

テニス衣装での撮影では、それぞれの名前が入ったスペシャルフラッグとテニスラケット&ボールを用意していたのですが、とにかく元気な8人は小道具ひとつ一つに大興奮。しかし、ラケットは全部で3本……。まずはテニスといえば!なアヤカの手に渡り、全体のバランスから次にマコ、ニナが持つことに。ポンポンとボールを打つ楽しそうなニナを、(自称)末っ子チームのリクは、「リクもやりたい~!」と羨ましそうに見つめていました。

ViViは見た!

大人っぽいのは見た目だけ? 末っ子ニナ&リマは甘えん坊全開

撮影の待ち時間、必ず誰かとくっついていたリマ&ニナ。リクが「リマは必ず誰かの手を握っている」と他己紹介していた横で、しっかりとマコの手を握っていたリマ(休憩中)。ニナも同様に甘えん坊で、集合カットの際は必ず横にいるメンバーをハグ! クールな見た目