エンタメ

沖縄ローカルグルメ&海が見えるカフェ&レストラン!ViViのおすすめはコチラ!!

2017.04.26

いま行きたい旅行先ナンバー1の沖縄をリーズナブルにたっぷり楽しむためのViVi的沖縄ガイドをお届けします。しかも! 今なら沖縄旅行が当たるキャンペーンも実施中!! 詳しくは最後のバナーをチェックしてね!

「ViViログ」とは、NET ViVi(www.vivi.tv)にて公開している、“美味しくて、楽しくて、SNS映えする”カフェやお店に行きたい!という人たちのためのお店紹介データベース。ViViモデル&ViVigirl、ViViスタッフなどの口コミで集めた、本当にSNS映えする、行って後悔しないスポットを紹介していきます! どんどん情報をアップデートしていくので、検索窓から「ViViログ」でチェックしてね!

絶対におさえておきたい絶景スポット!!
インスタ映えするおしゃれな海カフェ&レストランへ行こう!

美しい海に囲まれている沖縄は、おしゃれな絶景カフェの激戦区。旅のコンテンツに欠かせない、絶対行くべき海カフェ&レストランを厳選しました。テラス席は予約必須です!

オーシャンビューで絶品ランチ
POSILLIPO -cucina meridionale-
ポジリポ クッチーナ メリディオナーレ

1. 名物のノンアルカクテルは写真映え◎。左・ヤルダ・スプラッシュ(オレンジ)¥600、右・ピニャ ・フルッタ(マンゴー)¥900 2. 内観も海をイメージ 3. イタリアから輸入した石窯で焼くピザはマストオーダー。マルゲリータ・ポンティコルボ¥1400

那覇空港から車で15分。瀬長島にある、絶景のオーシャンビューが望める南イタリア料理店がこちら。沖縄であえてイタリアンを食べるのがツウ。

 posillipo_okinawa
住所 豊見城市瀬長174-5
TEL 098-851-1101
営業時間 11:00~24:00/無休
予算 昼¥1600~、夜¥3000~
お店のジャンル イタリアンレストラン
いち推しメニュー マルゲリータピザ
インスタ映えポイント テラス席、石窯

那覇空港から車で1時間。ホテルとは一味違う"暮らすように過ごす"ことができるコンドミニアム。1棟(LDK+B&T+BEDROOM)を1部屋としたプライベートな空間。高台から見下ろす東シナ海と緑豊かな読谷村の風景を眺めながら、思いのままに沖縄を感じよう。

美しいサンセットを眺めながら女子トーク
Transit Café
トランジットカフェ

1. 天気が良ければ最高のサンセットをお約束。 在日外国人も多く訪れるので、沖縄にいながら外国気分にひたれる。 2. まさにリゾートな組み合わせ。グァバ&ココナッツミルク¥700

 transitcafe_chatan
住所 中頭郡北谷町宮城2-220 2F
TEL 098-936-5076
営業時間 ランチ11:00~16:00、ディナー17:00~23:00/不定休
予算 昼¥1380~、夜¥3000~
お店のジャンル リゾートカフェ、ダイニングバー
インスタ映えポイント テラス席からのサンセット、カクテル

海沿いの人気エリアにある有名リゾートカフェ&ダイニングバー。1度行くと必ずリピートしたくなる、北谷・砂辺の魅力が詰まったお店。

浜ゴロゴロしながら夕陽を堪能♡
The Junglila
ザ ジャングリラ

店内はオリエンタル&ボヘミアンなインテリア。有名ホテル出身のシェフが作る多国籍料理はどれも美味しいと評判! 1. ブランチに人気のアサイーボウル。Mサイズ¥1100 2. ノンアルコールのバージン モヒート¥700 3. お茶っ葉、豆、干しエビなどを混ぜて食べるミャンマーの家庭料理、ベトナミ ーズティーリーフサラダ¥1260 4. 浜辺にいる気分が味わえるブランコのカウンター席でリラックスして。

 the_junglila
住所 中頭郡北谷町美浜54-1 マカイリゾート
TEL 098-936-2118
営業時間 11:00~24:00/無休
予算 昼¥1290~、夜¥2000~
お店のジャンル カフェ、レストラン
インスタ映えポイント ブランコのカウンター席

2016年9月にOPENした海に面するレストラン&カフェ。窓いっぱいに広がる海の風景を眺めながら有名ホテルで修行したシェフが作る料理を楽しめる。

コレを食べなきゃ沖縄好きを語れない!
絶対に食べたい沖縄ローカルフード

沖縄には先祖代々受け継がれてきたローカルフードが数え切れないほど存在。知念ちゃんも足繁く通う名店をピックアップしました。これぞ、ベスト・オブ・沖縄グルメ!

沖縄のおふくろの味を堪能
マルミヤ食堂
マルミヤショクドウ

【ちゃんぽん】
ニンジンやキャベツなどの野菜と、ランチョンミートの炒め物を卵でとじてごはんにのせるのが沖縄のちゃんぽん。ちゃんぽん(味噌汁付き)¥500
【ポーク&たまご】
ポークランチョンミートと卵を焼いた、ごくシンプルな家庭料理。略してポーたま。ポークたまご焼き(ごはん、味噌汁付き)¥500
【煮つけ】
沖縄風煮つけは豚肉が欠かせないのが特徴的。和風の煮物とは違う濃厚でコクのある味付けなので、ごはんが進む一品。煮つけ¥550

住所 那覇市若狭3-25-6
TEL 098-868-7560
営業時間 10:00~21:00/日曜定休
予算 ¥500~
お店のジャンル 沖縄家庭料理、食堂

昭和54年から続くローカル食堂。代々受け継がれてきた沖縄の家庭の味がなんとワンコインで食べられる。知念ちゃんが小学生の頃から通うお店。

沖縄天ぷらの聖地はココ!
大城てんぷら店
オオシロテンプラテン

天ぷらは10種類以上で全品60円。衣が厚くしっかりと味がついているので、そのまま食べるのが沖縄スタイル。大城天ぷらの「さかな」は白身じゃなく鮪を使っているところも珍しい。天ぷらを食べるときはコーラかさんぴん茶に限る!(らしい)

住所 南城市玉城字奥武193
TEL 098-948-4530
営業時間 11:00~18:00/月曜定休(祝日の場合は翌日)
予算 ¥60~
お店のジャンル 天ぷら屋
いち推しメニュー もずく、さかな、紅いも

ドライブがてら立ち寄りたい、うちなーんちゅもこよなく愛する天ぷら屋さん。

心と身体に染みる沖縄そば専門店
琉球茶房 すーる
リュウキュウサボウ スール

【ぜんざい】
甘く煮た金時豆と白玉の上にかき氷がのっているのが沖縄風「ぜんざい」。 沖縄で食べたことがない人はいない県民スイーツ。ぜんざい¥380
【ゆしどうふ】
島豆腐を型に入れて固める前のやわらかい豆腐。ほんのりと味が付いているので、まずはそのまま食べてみて。ゆしどうふセット¥600
【ソーキそば】
コシの強い淡すい麺と、 鰹&昆布ベースのあっさりスープ、泡盛で臭みを取った豚の三枚肉で構成される「淡すいそば」は、すーるの名物。沖縄風炊き込みご飯「じゅーしぃ」も必食です。淡すいそばセット大¥800
【こーれーぐーす】
島とうがらしを泡盛に漬け込んだ、沖縄が世界に誇る辛味調味料。

 住所 那覇市久茂地3-25-7
TEL 098-861-5155
営業時間 11:30~17:00※売り切れ次第閉店/日曜定休、不定休あり
予算 ¥600~
お店のジャンル 沖縄そば、ゆしどうふ専門店

スペイン語で「南」という意味のすーる。地元の沖縄そば通にも名が知られている有名店。何度食べても飽きないシンプルなおいしさが魅力。

いまなら沖縄旅行があたるキャンペーンを実施中!

お土産にも喜ばれる沖縄コスメといえば!の「ちゅらら」が沖縄旅行が当たるキャンペーンを実施中! 6月30日までの応募だから下のバナーから急いでチェックしてね。

春旅キャンペーンに応募する

※キャンペーンは終了いたしました

Photos:Mari Nakandakari Composition:Terumi Tanaka Design:mashroom design Special Thanks:Mikako Chinen