ビューティ

誰にもバレずに自然な二重に!プチ整形の気になるアレコレを超詳細レポート

2021.01.22

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

顔の印象を決める重要なパーツ、目元。二重整形はプチ整形の代表的な手術と言っても過言ではない。二重には憧れるけど周りにバレるような不自然な目元にはしたくないという人も多いのでは?「手術のあとってどれくらい腫れるの?」、「自然な仕上がりになるの?」、「実際、どれくらい痛いの?」など、気になることはたくさん……。そこで、今回は埋没法による二重手術の様子を実況中継! さらに術後の経過までとことん詳しくレポートしちゃいます! 

まずはカウンセリングで仕上がりイメージを相談

今回施術を受けたのは、アヴェニュー表参道クリニック。
まずは、カウンセリングで理想の仕上がりイメージを先生に伝えます。
今回は、「二重の線がぼんやりとしていて、目の大きさに左右差があるのが気になる。顔の印象は変えずに自然に左右差を整えたい」というオーダー。
担当医である寺島洋一先生は、まぶたの肉の量や皮膚の厚みをチェックしながら最適な手術方法を決めていきます。
入念なカウンセリングの結果、今回は埋没法を採用。

Q.埋没法と切開法はどのように使い分けているのですか?
寺島
先生

埋没法の方が、手術時間も腫れる期間も短く費用も安いので、埋没法で問題なく二重にできる人は、基本的に埋没法でいいと思っています。ただ、まぶたの軟部組織が厚すぎて、埋没法では糸がすぐ外れてしまったり、”ハム目”と呼ばれるような不自然な目元になってしまう恐れがある人は、まぶたの軟部組織を切除する必要があるので切開法をおすすめしています。

いざ、手術台へ! ここで二重幅を最終調整

カウンセリングをふまえて、実際の二重幅を決めていきます。
専用の器具で、もともと左目にあった二重の幅を測り、それに合わせて右目の二重幅も7mmにすることに決定。
幅を決めたら、改めて仕上がりのシミュレーションをします。
仕上がりのイメージに納得がいったら、いよいよ手術開始。

【麻酔をうち、手術スタート】

今回使った麻酔は、点眼と注射の2種類。アヴェニュークリニックでは、施術後の腫れを防ぐために、特注の極細の針を使用。
注射をしてからしばらく時間を置くことで、麻酔に含まれる止血剤の成分が効いていきます。
麻酔が効いていることを確認して、手術スタート!

【まぶたに穴を開け糸を通す】

先端が針になっている高周波メスで、まぶたの表面に小さく穴を開けてから、ピンセットで穴を拡大。
この一手間で、毛細血管を傷つけるを防止します。

メスで開けた穴に極細の糸を通し、まぶたを留めていきます。
アヴェニュー表参道クリニックでは、ループ状に2ヵ所留めるので、外れにくくバレにくいんです。

【外れにくく、目立ちにくいワケ】

埋没法で一般的に多く用いられている施術方法は、まぶたの皮膚と瞼板(けんばん)に穴を開け、それぞれ縦に糸で留めるもの。
2ヵ所なら2点留め、4ヵ所なら4点留めと呼ばれ、留めている箇所が少ないと、その分外れる可能性も高くなります。
今回行った埋没法は、4ヵ所の穴にループ状に糸を通しているので外れにくく、さらに結び目が2つで済むため目立ちにくくなっています。

【目元を冷やして終了】

なんと施術時間はたったの30分! 術後15分ほど目元を冷やしたら終了です。

Page 2

術後の経過をレポート!

術後3〜6日ほどで徐々に腫れが落ち着き、1ヵ月後には、周囲に気づかれないほど自然な仕上がりに!

気になるアレコレを体験者に聞いてみた

Q.腫れはどれくらいでおさまりましたか?
体験者

術後しばらくは目がパンパンに腫れるイメージがあったのですが、施術直後、想像よりもずっと腫れが少なくて驚きました! また、施術当日はなるべく夜更かしをして、寝る時は頭を心臓より高くした状態を保つと早く腫れが引くとのことだったので、その通りに過ごしました。まぶたの皮膚が薄いと腫れが引くまでに時間がかかるそうで、私は6日間ほど、”泣いた日の翌朝”程度の腫れが続いていましたが、早い人は3〜4日ほどでおさまるそうです。

Q.施術中、痛みはありましたか?
体験者

まぶたの裏側に打った麻酔の注射は少し痛かったですが、それ以外全く痛みはありませんでした。

Q.施術当日は学校や会社を休むべき?
体験者

カウンセリングを含めてトータル1時間ほどで施術は終わるので、学校や会社の帰りに受けることも可能だと思いますが、帰宅後、腫れを抑えるために1時間以上目元を冷やし続ける必要があるので、術後には予定を入れないことをおすすめします。

Q.メイクはいつから可能?
体験者

アイメイク以外は当日から可能で、アイメイクは3日後からOKですが、アイシャドウに関しては、まぶたに開けた穴に入って色が残ってしまう場合があるので、1週間は控えるように言われました。

Q.仕上がりの感想は?
体験者

元の顔の印象を変えずに、自然な目元にしてほしいというオーダーをしたので、理想通りの仕上がりに満足しています。もともと下がり気味だったまつ毛も上がって、メイクをするのがラクになりました!

今回、手術を担当した寺島洋一先生は、「二重整形手術が日本一うまい!」と評判の先生。卓越したセンスと技術で「バレる整形は失敗」と断言し、こっそり確実に自然と可愛くしてくれる。

納得がいくまでカウンセリングをしたうえで手術を受けましょう
寺島
先生

手術は短時間で丁寧に仕上げることを心がけています。そうすることで、腫れる率がどんどん減っていきます。また、糸がゆるすぎると二重の線もゆるくなってしまい、逆に強すぎると腫れるので、程よい強さで留めることが大切です。さらに、結び目が表面から見えないように皮膚からなるべく離れたところに埋め込むようにしています。
今回の施術では、右目の方が少し蒙古襞が強く、最終的に右目の方が二重幅が狭くなることが想定されたので、それも計算に入れてあらかじめ少し幅を広げました。
埋没法は、形成外科医が一番初めに習う手術なので簡単だと思われがちですが、こういった細かい凡事を徹底することで仕上がりが全然違ってきます。納得のいく仕上がりになるように、十分にカウンセリングを受けましょう。

Information
 アヴェニュー表参道クリニック【住所】東京都港区南青山3-18-16 ル・ボワビル4F
【電話】フリーダイヤル:0120-365-558
【診療時間】11時〜20時、水曜日のみ10時〜19時(14時〜15時は休診)
【休診】年末年始【料金】埋没法 両目¥150000、片目¥80000(税抜き)クリニック公式サイト