イケメン

芸歴14年目のSHINeeが2年6ヶ月ぶりにカムバック!公開インタビューで語った“自分たちらしい”音楽とは

2021.02.24

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

2021年2月22日、SHINee(シャイニー)が、2年6ヶ月ぶりに全世界待望のカムバックを果たした。同日には、オンユ、キー、ミンホの兵役後初となる、韓国での7枚目のフルアルバム『Don’t Call Me』のMV公開に先がけ、オンライングローバルインタビューを行った。14年もの間、韓国のミュージックシーンに多大な影響を与え続ける彼らが、兵役中の思いや、アルバムに込めたメッセージ、SHINeeらしい音楽のあり様についてじっくり語った。

左から)オンユ、テミン、ミンホ、キー

Page 2

2年6ヶ月ぶりに揃う4人の姿は貫録充分

MCを務めたのは、SHINeeと同じくSM ENTERTAINMENTに所属する東方神起のユンホ。 ユンホの呼びかけで2年6ヶ月ぶりに報道陣の前に新アルバムをひっさげ姿を現した4人は「久しぶりのカムバッグに緊張します」としながらも、その貫録は充分すぎるほど。

まずは、リーダーオンユの挨拶から。「2年6ヶ月ぶりにカムバックすることになりました。準備をしながらどんな姿をお見せしたらいいか悩みました。その悩みを上手くまとめて一生懸命アルバムを作りました」と、アルバム制作中の思いを明かした。
テミン「こんにちは、SHINeeの末っ子のテミンです。久しぶりにSHINeeとしてご挨拶することになりました。僕は口下手なので、記者の皆さん上手く記事を書いてください!」と、愛嬌たっぷりに笑顔を見せるとメンバーからも笑みがこぼれた。
ミンホからは「久しぶりに完全体としてカムバッグ。7枚目のアルバムなので、SHINeeのカラーをたくさん込めました」と、毎度注目度の高い彼らのアルバムへの期待が一層高まるコメントをした。
キー「兵役中もどうしたらいいアルバムが作れるか、どうしたらいい活動ができるかいつも考えていました。いつものように僕たちらしく誠実に活動します」と、兵役中の思いも覗かせた。

この日MCを務めた東方神起のユンホ

Page 3

SHINeeならではの多様なスタイルが詰まった収録曲

今年、結成14年目を迎える彼らの息の合ったやりとりや、掛け合いが飛び交う和やかな雰囲気の中、話題は7枚目のフルアルバム『Don’t Call Me』に。今回のアルバムに収録された9曲のうち、タイトル曲『Don’t Call Me』を除いた中から注目の楽曲4曲をメンバーが紹介!

Heart Attack
ファンキーでメロディカルで、タイトル通りハートをアタックするような曲

テミン「オンユ兄さんが大好きな曲です。苦しみすらも歓喜に代える愛情をイメージしています。レコーディングしながら、歌い方にもメンバー達がこだわりました」

CØDE
疾走するようなベースとビート、夢幻的なメロディーラインが調和したフューチャーサウンドのダンス曲
キー「個人的に大好きな収録曲です。この曲を聴いてすぐにSHINeeらしいな、と思いました。イントロがとても印象的で曲全体を早く聴いてほしいなと思います」

I Really Want You
ファンキーなリズムとエレキギター、ブラス、ストリングなどの多彩なサウンドがエネルギッシュな雰囲気を出すポップス

ミンホ「気持ちを惹かれる相手にアピールする曲です。繰り返されるメロディに違う歌詞が何度もでてきます。とても清涼感のる、夏にぴったりの曲です」

Body Rhythm
シグネチャのシンセサウンドがオフビートで自由に配置されたレゲエジャンルのダンス曲
ミンホ「ダンスをする姿を感覚的に表現した曲なので、体が自然とリズムにのってきます。ラップパ―トでは僕とキーのダブリング部分があります」

Page 4

タイトル曲『Don’t Call Me』では彼らの“変化”を感じることができる

タイトル曲の『Don’t Call Me』は、「SHINeeを型はまった視線で定義しないで!」という強いメッセージが込められており、彼らの新たな一面にも期待が寄せられている。

■Don’t Call Me
キー「ヒップホップベースに強烈な歌詞が印象的です。これまで僕たちは、ヒステリックな歌詞は歌ってきませんでしたが、音楽的な変化を表現するために、ヒステリックな歌詞、強烈な歌、そしてスタイリングまで力を注ぎました」

パフォーマンス面について
テミン「パフォーマンス担当の僕から説明します。とても強烈でダーク化したSHINeeに会えると思います。歌詞に合わせて振り付けを構成したので、ステージを見ていただければ音楽に没頭できると思います。最初は振り付けが多くて過去最大クラスだと思ったのですが、練習しながらSHINeeのカラーが出せるよう更にアップグレードしました。メンバーたちもそれぞれが努力し、練習量も過去最大クラスだったといえます」

練習を傍で見ていたユンホも、「難易度が高い」と語るダンスパフォーマンスにも注目が寄せられる。歌もコンセプトも強烈でトレンディさの中に少しクラシカルさもある『Don’t Call Me』は、SHINeeだからこそ可能だったともいえよう。そんなタイトル曲『Don’t Call Me』の注目ポイントとは?

ミンホ「音楽だけでなくパフォーマンスや衣装にも注目してほしいです。MVの序盤にでてくる衣装は、キーがアイデアを出して追加してくれました。そんな部分も一緒に注目してみてください」

▶︎タイトル曲『Don’t Call Me』ミュージックビデオ

Page 5

世界中の報道陣から集まった質問にメンバーが回答

Q.久しぶりに集まって一緒に活動する感想は?

オンユ「2年6ヶ月ぶりに集まってアルバムを出すことになりましたが、久しぶりに集まって準備をしていた時間が本当に幸せでした。お互い、各自の分野で別々に活動していましたが、集まってSHINeeとしてのシナジー(相乗効果)を出すことができましたし、たくさん準備し努力した時間が本当に楽しかったです」

ミンホ「テミン以外は空白の期間があったので、より情熱的に準備することができました。アルバムだけでなく、他のコンテンツにも力が入りました。MVも試行錯誤した末に出来上がった作品なのでとても期待しています。一つ残念なのはファンのみなさんとご一緒ににできなかったことですね。今回の活動を通し、多くの方々にSHINeeの多様なカラーや姿をお見せできると思うとすごく楽しみです」

キー「今回はアルバムや活動について考える時間が2年もありました。そして世の中の状況が変わり、考える時間がより増えたことで、それらを全てアルバムに詰め込むことができました。今後アルバムを出すにしても、今回の事をたくさん思い出すと思います。そんな7枚目のアルバムですね」

オンユ

Page 6

Q.これまでのアルバムと違う点は?

テミン「これまで僕たちは長く活動しながら幾つかのターニングポイントがありました。最初はR&Bスタイルで『Replay』『Ring Ding Dong』のカラーもありましたし、『Sherlock』や『Everybody』などパフォーマンスに重点をおいた曲ありました。そして、EDMの『Good Evening』などもありました。今回もターニングポイントになったと思います。ベースがヒップホップでSHINeeのカラーをたくさん入れられましたし、既存のパフォーマンスとは違った、強烈で印象的なパフォーマンスだと思います。練習も本当に大変だったのですが、それくらい情熱を注げるステージを作れると思ってワクワクしています。早く皆さんにお見せしたいと思っています」

Q.毎回アルバムごとに最前線の音楽を見せてくれていますが、今回のアルバムはどんな部分に気を付けましたか?

キー「いつも最前線やトレンディ、斬新さを見せないといけないという気持ちと、良いものを作りたいという気持ちの二重のプレッシャーで、逃げ出したくなる気持ちになります。SHINeeにはいつもそういった‟装飾”が付いてきます。今回のアルバムでも、そういった斬新でトレンディな音楽を作ろうと努力しましたが、その一方で、僕にとってはこれが果たして空白期間を経て作り出されるアルバムとしての力があるのか? 重みのある作品にできるのか? ということを考えました。トレンディーさ追いかける以上に、久しぶりに発表するアルバムにふさわしい曲、姿を表現したいということを考えました」

キー

Page 7

Q.新しいコンセプトに対するメンバーたちの満足度は?

オンユ「スタイリングに関してはとても気に入っています。これまであまりお見せした事のないヘッドピースだったり、全てを隠して目だけ見えるような撮影をしたりとすごく楽しめました。コンセプトも上手くいっていると思います」

ミノ「今回のアルバムで、これまでやってこなかった事を全てやり切った気がします。『Ring Ding Dong』『Lucifer』の頃に戻った感覚です。長髪のカツラを被ったり、MVのために赤いヘアカラーもしましたしすごく新鮮でした。スタイリングに関しても、ある意味従来の僕たちとは違うものを表現していて、ここまでやって大丈夫か? という心配もありましたが、仕上がりを見たらすごく良いものになっていたので本当に満足しています」

Q.タイトル曲に『Don’t Call Me』を選んだ理由は?

キー「元々、リード曲・タイトル曲の方向性には、『Heart Attack』や『I Really Want You』のようなファンキーな感じの曲を望んでいたのですが、聴いているうちに従来の僕たちの曲と繋がりがある感じがしたんです。『Don’t Call Me』は、全く違うタイプの曲でしたが、パンチされたような衝撃と重量感を感じる曲でした。僕たちが空白期間を経て新たに活動を再開する感じがしました。どっちが良い悪いということではなく、インパクトがあるということでしたね」

ミンホ

Page 8

Q.イ・スマン代表プロデューサーからの助言はどんなものでしたか?

ミンホ「『Don’t Call Me』は、イ・スマン先生がとても大切にされていた曲なんです。昨年リリースされたBOA先輩のタイトル曲の候補の一つでもありました。元々は女性のための曲なので、僕たちがキーを下げて歌ったんです。イ・スマン先生がとても大切にしていた曲なだけに、とてもこだわっていた曲でもありますし、僕たちも様々な修正を加えながら作り上げていきました。本日公開したMVビデオも、昨日の夜までカラー補正の作業をしたり編集点を変えたり、一つ一つディテールにこだわって作ってくださって、久々のカムバックということもあり、先生もとても気を使ってくださいました。『Don’t Call Me』がタイトル曲に決まった時、僕たちの意見もたくさん反映し、今後の方向性についても素晴らしいプロデュースをしてくださったので本当に感謝しています」

Q.オンユ、キー、ミンホの3人は兵役中、SHINeeとしてどんな活動がしたかったですか?

キー「僕はまずは番組に出演したいと思っていました。アルバムも当然出したかったです。アルバムが一番で二番が番組ですね」

ミンホ「僕は一番最後に除隊しましたが、アルバムの準備に慣れるのが少し大変で、2ヶ月くらいかかりましたがメンバーに助けられました。ダンスの練習でもメンバーの助けもあって早く慣れることができました」

オンユ「僕も本当にたくさんの活動をしたいと思っていましたが、メンバーに会って一緒の時間を過ごしたいと感じました。ダンスの時は自分の体が中々慣れなくて、首から下が別に動いているような感覚でしたね。テミンやキーがたくさん助けてくれて心強かったです」

テミン

Q.メンバーが考えるSHINeeらしい音楽とは?
キー「SHINeeらしさを音楽で定義することはできないですが、SHINeeがすることがSHINee化されることだと、最近悟りました。僕たち一人ひとりのキャラクターが集まって、チームになった時にお見せする僕たちだけの印象の領域を広げることが今後も大事なことだと感じます」

最後にメッセージを一言お願いします!
オンユ
「SHINeeはたくさんのことを考えて準備をしました。皆さんが望む方向に一生懸命走っていきたいと思います。たくさんの応援をしていただければありがたいです!」

Page 9

SHINee
7th Full Album『Don’t Call Me』
2月22日リリース!!

Page 10

SHINee Official Websitehttp://shinee.jp/
SHINee Japan Official Instagramhttps://www.instagram.com/shinee_jp_official/
SHINee Japan Official Twitterhttps://twitter.com/shinetter
SHINee Japan Official LINEhttp://line.me/ti/p/%40shinee_jp
SHINee Universal Music WEBSITEhttp://www.universal-music.co.jp/shinee/