ファッション

クラシック要素もたっぷり入れ込んで!おパリな愛花がこの春に着たい3大アイテム♡

2021.03.03

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

カムバック♡ おパリなえりか、登場です。2021年が始まって約2ヵ月、調子はどう? ニューな風吹かせてる? 可愛いだけじゃモノたりない! カワイイ? カッコイイ? どっちかなんて選べない! そんなの今の時代的に当たり前でしょ? 最近のえりかの気分は海外モデルみたいな感じ。おパリなクラシック要素もたっぷり入れ込んで、だけどもビターにカッコよくコーディネートしたいんだ。可愛い中にもスパイシーなクールさがあるその融合バランスがまさに今っぽいでしょ? みんなもえりかと一緒におパリなモデルックで新たな風、吹かせちゃお〜!

変形型トレンチが欲しい!

ベージュのトレンチで春風を感じるのってテンションアガるよね。だけど、ただトレンチを羽織ればいいって訳じゃないの。人と差をつけたいなら、ベーシックなトレンチよりもちょっと風変わりな変形タイプを選ぶのが正解♡ 今年だったら袖がボリューミーになったパフ系がおすすめ。ベーシックなアイテムこそ、シルエットやデザインで勝負するのがモデルックだよ。

デニムにトレンチって春の定番中の定番。だけども、こんなちょっと変形タイプのトレンチを着こなせれば、今っぽいしもうおパリ上級者じゃない!? トレンチコート¥20908、シャツ¥8635(ともに3/11より公式オンラインショップにて限定発売)/H&M カスタマーサービス(Simone Rocha × H&M) スキニーデニム¥8991/épine ピアス¥1709/ROOM バッグ¥8900/CHARLES & KEITH JAPAN(CHARLES & KEITH) パンプス¥7300/R&E ●商品情報はViVi2021年4月号のものです。

袖がパフッとした、おパリ的トレンチが気分♡

Page 2

セットアップにもトレンド柄詰め込んじゃうのがザ・モデルック

モデルックといえば、背筋をピッと伸ばしてカッコよく歩いてる姿が思い浮かぶよね。ってことで、ちょっと背伸びしたセットアップが着たいのです。着るだけでオシャレに見えるし、気分シャキッと大人にアガる、次なるトレンドのベストは誰よりも早く取り入れると、鼻高々。高めのヒールもたまには履いて、モデルっぽくカッコよく歩きたいお年頃なのです。

ベストにはタイトなインナーが相性良し。柄を入れることでコーデにメリハリがついて全体が締まって見える。ゼブラ柄でコーデにピリッとスパイスを効かせて。また、水色っていうのもトレンド背負ってて可愛いね。ノースリジャケット¥9890、パンツ(ベルト付き)¥9890(ともに3月発売予定)/REDYAZEL ルミネエスト新宿店 トップス¥4500/Lily Brown バッグ¥8900/CHARLES & KEITH JAPAN(CHARLES & KEITH) パンプス¥10900/EMODA ルミネエスト新宿店 ●商品情報はViVi2021年4月号のものです。

大人なセットアップにも挑戦したい!

Page 3

柄を効かせるならボーダーかな。

おパリなモデルックの定番柄といえばボーダー。そして定番すぎるがゆえに着こなしが難しいのもボーダー。そんな柄は、ジャケットセットアップに合わせるのが正解。定番なベーシックアイテムこそ、今っぽく着るのがモデルック的勝負どころでしょ? ショート丈のジャケットに太めなパンツのセットアップをセレクトすればほら、ちょーしよくない?!

あえての赤のボーダーをトップスでイン。ベージュに赤の差し色が効いて洗練されたおパリルックに。ショートジャケットでウエスト位置を高く見せて。ジャケット¥12000、パンツ¥7270/バロックジャパンリミテッド(SLY) ボーダートップス¥6300/Lily Brown ハット¥30000/Sugri バッグ¥8000/オリエンス ジャーナル スタンダード シブヤ(ハウス オブ ウォント) パンプス¥7900/R&E ●商品情報はViVi2021年4月号のものです。

おパリな香り漂う“赤ボーダー” シルブプレ〜♡

Page 4

あわせて読みたい

この春のプッシュアイテムは“ベスト”で決まり!コーデの幅を広げて周りと差をつけよう♡

一枚で存在感が出るワンピ♡ギンガム柄からフリル衿まで押さえておこう!

春に絶対買うべきブーツはコレ!ミニボトムとの着こなしが鉄板シルエット

Photos:Yasuhisa Kikuchi (vale./model), Maya Kajita(still) Styling:Rina Uchida Hair&Make-up:KATO (TRON) Model:Erica (ViVi exclusive) Text:Asami Kotake CompositionMayuko Kobayashi