ファッション

着るだけで環境に優しくなれる♡おしゃれで可愛いサステナブランド5選

2021.03.05

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

最近、エコやサステナブルといった言葉が飛び交い始め、サステナビリティとファッション性をうまく兼ね備えた、おしゃれなアイテムが続々登場中。難しいことを考えるよりも、大好きな洋服を通して社会や環境に愛をシェアしてみよう♡ ということで今回は、サステナブルに特化したNEWブランド5選をご紹介! 可愛くって、着るだけで環境に優しい取り組みができるなんて最高だよね♥

ローラがプロデュース!おしゃれでエコなライフスタイルブランド
STUDIO R330

オリジナルのサステナブル素材を用いたワークアウトウェアをはじめ、オーガニックコットンのシャツや環境に優しいデニムなど、エシカルでスタイリッシュなライフスタイルを提案。

新色のハイライズデニムは今、世界で一番エシカルでサステナブルなデニムを作ると言われている、サイテックス社が手がける。右上から・リバーシブルジャケット¥28000、スキニーデニム¥13500、コットンシャツ¥15000、スポーツブラ¥9500、レギンス¥12000/STUDIO R330 ●商品情報はViVi2021年4月号のものです。

デニムバッグを一つ購入すると3本の木が植えられるなど、収益の一部と合わせて植樹活動に充てられる。デニムマルシェバッグ(M)¥4500/STUDIO R330 ●商品情報はViVi2021年4月号のものです。

Page 2

倉庫の服をアップサイクル
FROM STOCK

眠っていた“倉庫の服”をシンプルでロスの少ない“黒染め”で蘇らせ、キズや汚れも含めて新しい価値にチェンジ。循環型の新しいファッションを提案。

右上から・服に合わせて使用する染料にこだわり、一点一点異なる風合いに。ショートジャケット、フリルブラウス、アシメジャンスカ・参考商品/アダストリア(FROMSTOCK) ●商品情報はViVi2021年4月号のものです。

谷 まりあ 

ベーシックな黒がやっぱり一番使いやすいよね!

MOUSSYから新ライン“エム アンダーバー”登場!
M_

生産背景や素材にこだわり、作り手の環境に配慮した次なる時代のスタンダードを目指すブランドが昨年デビュー。下げ札や織ネームにも再生資源や天然資源を使用し、細かい配慮を徹底。

右から・原料にオーガニックコットンを使用。チュニック¥8000、リネンとコットンの混素材を使用したパンツ。リネンパンツ¥8500、ペットボトルなどのリサイクル原料から再生されたポリエステル繊維をもとに作られたプリーツシリーズ。プリーツロングトップス¥9500、プリーツパンツ¥10000/バロックジャパンリミテッド(M_/MOUSSY) ●商品情報はViVi2021年4月号のものです。

谷 まりあ 

長く着られるベーシックなデザインがいいよね。

Page 3

大人シンプルなデザインに注目
WRINN

デザイナー川島幸美さんが立ち上げた新ブランド。環境に優しい素材を積極的に使用し、ベーシックながらひとひねり加えたデザインで人気を後押し。ゴミを削減するために余分な在庫を持たず、国内生産をメインに始動。

右から・オーガニックコットンで作られたワイドリブセットアップ¥27000、カシミヤ100%で着心地も抜群。ショートカーディガン¥38000/EverBlue(WRINN) ●商品情報はViVi2021年4月号のものです。

Page 4

デッドストック商品をリメイク
BEAMS COUTURE

BEAMSの倉庫に眠るオリジナル商品のデッドストック品を中心に、手仕事によるリメイクで蘇らせるアップサイクルブランド。サステナブル商品では珍しい、個性的なデザインが豊作!

古着のアイテムにプリントと手刺繍が施された特別な一着。プリントスウェット¥14000、プリントデニム¥28000/ビームス ジャパン(ビームスクチュール) ●商品情報はViVi2021年4月号のものです。

谷 まりあ 

手作りのリメイクなんてユニークで可愛いー♥

Page 5

あわせて読みたい

憧れブランドのサステナNEWS!気になる5つのブランドをピックアップ

ローラが手掛けるブランド『STUDIO R330』から発売されたデニムが凄すぎる!

トートとミニバッグの2個持ちが新常識に!可愛い組み合わせだけ全部見せ

Model:Maria Tani (ViVi exclusive) Photo:Kodai Ikemitsu(model/TRON), Maya Kajita(still) Hair&Make-up:Conomi Kitahara(KiKi inc) Styling:Rina Uchida Composition&Text:Nirai Ikeshiro