エンタメ

着物姿のemmaが新鮮すぎる♡SF映画のワンシーンのような世界観も必見です!

2021.03.15

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

卒業直前企画の第2弾は、「ViViモデル・emma」の集大成。みんなのリクエストに応えるカタチでフォトグラファーとコラボした、激アツのスペシャルシューティング! フォトグラファーの選出はもちろん、ヘアメイクからネイルまで、emmaの想いがぎゅぎゅぎゅーっと詰まったページです。

『着物姿のemmaが見てみたーい!』

着物、その他一式/牡丹 ●商品情報はViVi2021年4月号のものです。

KIMONO×toki

『着物を着たことで旅立つ気分が高まりました』

「着物姿」っていうリクエストにお応えするなら、tokiさんの写真がイイなあって思ったんです。tokiさんは光の魔術師。光だけであんな空間を作れるなんて、不思議すぎて尊敬してしまう。そして、tokiさんの世界観で着物なら、絶対可愛くなる自信もありました。

今回の着物はね、全部アンティークなんです。用意してくれたのはDJ&着物スタイリストの(マドモアゼル・)ユリアちゃん。パリコレでいつもお世話になっている大好きなお姉さんなんだけど、こんな節目で会えるなんて感激。ハトが飛び立つ柄は「卒業するemmaちゃんが未来に羽ばたくイメージ」と選んでくれたそうで、また感激。

卒業というタイミングで着物を着られたことで、気持ちもピンと引き締まりました。なんていうか、「旅立ち感」が出た!(笑)……。今回の撮影で感じるのは、他も全部そうだけど、クリエイターの方々のすごさ。天才すぎる皆さんとViViで一緒に撮影できたこと、私にとっては本当にスペシャルです。感謝しています。

Page 2

『SF映画に出て欲しい!』

VIRTUAL×大野隼男

『不思議空間での撮影は最高に刺激的!』

「SF映画」っていうお題に対して、大野さんがこの世界観を考えてくれたって聞いて、すごくワクワクしたし、実際に撮られていて刺激的でした。「踊ってみて」って言われたり、力を試されている感じがして燃えた(笑)。何より嬉しかったのは、大野さんのテンションがめちゃくちゃ上がっていたこと!

モデル冥利に尽きる出来事で、嬉しくて泣きそうになっちゃった。あと、プロップスタイリストさんも凄腕。白いロボットはなんとスタジオ入りしてから作ってくれたそうで……すごすぎる! この時のヘア(ポニーテール+白いゴム)は私の提案。服も空間もインパクトがあったから、ヘアもPOPにした方が面白いかなって。指先はシルバーのミラーネイルにしました

ジャケット¥217000、トップス¥455000、スカート¥610000、下にはいたブルマ¥61000、片耳ピアス¥34000、サンダル¥139000(すべて予定価格)/ミュウミュウクライアントサービス(MIU MIU) ●商品情報はViVi2021年4月号のものです。

合わせて読みたい♡

emmaが5月号でViViを卒業!「どうぞ最後まで見守っていてください」

emma×小松菜奈の親友コンビ♡イケてるふたり「えまなな」の絆の深さとは?

emmaがViVi5月号で卒業!転機となったきっかけとは?

Photos:toki,Toshio Ohno Styling:shino Suganuma Styling Kimono:Mademoiselle Yulia Dressing Kimono:Yuka Ito Prop Styling:Snizuka Aoki Hair&Make-up:Rei Fukuoka (TRON) Nail:Shoko Sekine(mojo NAIL) Model:emma (ViVi exclusive) Composition&Text:Urara Takahashi Cooperation:PROPS NOW