エンタメ

日本三大温泉・下呂に行ってみたら映えスポットがいっぱいだった!

2021.03.30

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

温泉街って情緒溢れる・古き良き日本って感じがして、ふと行きたくなるもの。その中でも、日本三大温泉の一つ・下呂温泉は、行くべき場所がたくさん。ここ最近、おしゃれなお店が続々と増えていて、趣ある温泉街に写真映えスポットが加わって、いい感じなんです。おかげで、10代〜20代の若いカップルや、友達とのグループ旅行客で賑わっていました。みんなが思わず写真を撮っていたスポットを紹介します。

温泉街に、写真映えするお店が続々登場!

GEROGEROみるくスタンド

左)チョコレート牛乳¥460、右)左から・スムージーミルク(いちご)¥550、下呂温泉プリンソフト¥480、チョコレート牛乳¥460 ●商品情報は2021年3月31日現在のものです。

地元の下呂牛乳を100%使用したスイーツを、スムージーやプリンなどさまざまな形で展開中。冬にはホットで飲めるのも嬉しい。スイーツについてくるビスキュイも、ほんのり甘くてサクサク食感を楽しめる。牛乳缶入りビスキュイも写真映えするので、お土産を買う人も多いのだとか。

GEROGEROみるくスタンド
〒509-2207 岐阜県下呂市湯之島850
TEL 0576-23-1930
営業時間:9:00〜17:00
定休日:不定休 定休日はTwitter(https://twitter.com/gero_milkstand)にて更新中

下呂プリン

左から)下呂プリン(メロンソーダ・レトロ)¥400、下呂プリン(季節限定)¥500 ●商品情報は2021年3月31日現在のものです。

見た目も可愛い、瓶に入ったプリン。人気者同士の組み合わせメロンソーダ×プリンに、王道の固めプリン、そしていちごがたっぷり入ったソースの乗ったプリン、他にも抹茶や珈琲ゼリーとの掛け合わせなど、楽しめるプリンが種類豊富に並んでいます。

下呂温泉初のプリン専門店「下呂プリン」。店内は、温泉の湯船をイメージした、ちょっとレトロな作りになっていて、思わず写真を撮りたくなること間違いなし。

下呂プリン
〒509-2207 岐阜県下呂市湯之島545-1
TEL:0576-74-1771
営業時間: 10:00~17:00
定休日:水曜日(不定休有)

さすが温泉街。歩いていると、足湯が突然現れます

温泉街をふらりと歩いていると突如として現れる足湯。公衆浴場「白鷺の湯」の前にある、大人数で入れる「ヴィーナスの足湯(写真左)」や、下呂温泉で一番最初に造られたとされている「鷺の足湯(写真右)」など、気楽に楽しめるスポットがたくさんあります。

半日で売り切れる、幻のカレーパンをGETして

飛騨牛カレーパン(揚げ・焼き)¥380 ●商品情報は2021年3月31日現在のものです。

1日100個限定で販売している飛騨牛カレーパン。飛騨牛がごろっと入っている、まろやかなカレーパン。揚げと焼きの2種類があるので、食感の違いを楽しんで。人気すぎて、半日で売り切れてしまうので、一番に買いに行くのが良さそう。

飛騨牛カレーパンを販売している「森のこみち」は「子供と一緒に楽しめるお店」をコンセプトに、ジブリや北欧雑貨のコーナーも。トトロと楽しそうに写真を撮影する人たちで溢れていました。

左から)アートパフェ・バニラ(にくきゅう)¥500、アートパフェ・いちご(ねこ)¥500、アートパフェ・抹茶(にくきゅう)¥500 ●商品情報は2021年3月31日現在のものです。

飛騨牛乳100%で作った手作りジェラートの販売も。それぞれ入っているものが違うので、どれにするか迷っちゃう。

森のこみち
〒509-2207 岐阜県下呂市湯之島578-1
TEL:0576-25-2521
営業時間: 9:00~18:00
定休日:木曜日

至る所にカエルがいっぱい。隠れカエルを見つけるのも楽しい。

下呂=ゲロ=カエルということで、道路や灯篭など、至る所にカエルが。ぜひカエルを探しながら歩いてみて。

一度は泊まってみたい温泉宿は日帰り温泉も

70年以上の伝統を持つ、下呂温泉の老舗旅館・小川屋は、一度は泊まってみたい温泉宿のひとつ。日帰り入浴も可能で、100帖空間の畳風呂は、日本ならではの畳の心地よさや、飛騨川の綺麗な眺めも絶対に体験したい。

小川屋
〒509-2207 岐阜県下呂市湯之島570
TEL:0576-25-2118

フィルムカメラアプリで撮影すると趣ある写真に

    写真映えスポットにあふれていた、三代温泉・下呂温泉。ぜひ一度訪れてみて。