エンタメ

可愛すぎるこの子は誰!?“横幅12cmの超小顔モデル”愛花がViVi6月号で初ソロ表紙を飾る

2021.04.16

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

2018年のViVi専属モデルオーディションで、6812名の応募の中からグランプリを獲得し、専属モデルとしてデビューした愛花(エリカ)。そんな彼女がViViモデル3年目にして初のソロカバーを飾りました!

水着姿の愛花が可愛すぎた♡

ViViモデルいち小顔の愛花。かつてViViの企画で顔の横幅を測ったところ、なんと12cmだったという逸話も! 超小顔に大きな目、すらりとのびた手足と驚異的なルックスの持ち主である彼女は、東京理科大に在学する現役大学生でもあります。デビュー当時から可愛すぎると話題でしたが、ついに満を時してのソロ表紙。憧れの大先輩でもあるemma卒業の次の号でViViのカバーを飾ることについて「emmaさんが卒業した次の号で表紙を飾る……。これは自分の中でも覚悟を決めなくちゃいけないことだなって感じました」と、次世代の「ViViの顔」を担っていく決意を述べてくれました。

6月号で夏らしくということで、撮影は東京近郊の屋外プールでロケ。最初、表紙の衣装は洋服だったのですが、水着の方が可愛いのではないかということになり、急きょ予定変更。コンセプトこそ夏ですが、撮影したのはまだ肌寒い月。そんな中、寒いとは一言も漏らさず撮影した愛花渾身の夏水着表紙と、“海外のヤングセレブ”がテーマのサマーストーリー。この子は誰!?って話題になること間違いなしです。ぜひお手にとってご覧ください。

ご購入はこちらから!