イケメン

ENHYPENの“沼”へ一直線!圧倒的なスキルとビジュアルを持つ7人の魅力とは?

2021.05.21

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

SNSの総フォロワー数は1600万人超え! 新時代のK-POPアーティストとしてグローバルに注目を集めるENHYPENが、満を持してViViに登場! 超大型プロジェクト『I-LAND』で証明してきた圧倒的なスキルや華やかなビジュアルは、2020年11月にデビューしてからの短期間で、さらにブラッシュアップされている。そして、グループ名のHYPEN「-」に込められた“繋がり”は、徐々に世界へ広がりを見せ、底知れぬ可能性を秘めた7人の魅力が、今、打ち上がる!

もはやテレパシーが使えるくらい“繋がり”が強化されています

――まずはViViの読者にENHYPENの“ここがスゴい!”と思うポイントをアピールしてください。

JAKE「僕たちはそれぞれバックグラウンドや持ち味が違うので、どんなコンセプトの楽曲でも高いレベルで表現できるグループだと思っています」

SUNGHOON「デビューミニアルバム『BORDER : DAY ONE』でも、僕たちの開かれた音楽性を証明できたと思います。負けず嫌いで向上心が強いメンバーが揃っているので、もっともっと特別な化学反応を起こして皆さんを驚かせたいですね」

JUNGWON「ENHYPENという名前には、連結記号の“ハイフン”にちなんで、7人が“繋がり”、一緒に“成長する”という意味が込められているんです。実際にギラギラした欲を持っていますし、切磋琢磨することでどんどん実力が上がっている実感があります」

JAY「一方で、バラエティ番組に出るときや公式SNSでは年相応の無邪気な少年たちに見えると思います。ステージで真剣にパフォーマンスしている姿とのギャップにも注目してください」

HEESEUNG「そして、僕たちは7人全員が例外なくメインヴィジュアルです! 1回好きになると、もう絶対に“沼”から抜け出せない。そんな魅力を持ってるグループです」

Page 2

――2020年のプロジェクト参加からのグループ結成、“繋がり”が急速に強化されていると思いますか?

NI-KI「そうですね。グループ内で起きた問題や気になったことはその日のうちに話し合って解決するというルールがあるので、どんどんお互いへの理解やチームワークが高まってきています」

SUNOO「お互いにストレスを与えないような気遣いや思いやりが大事です」

JUNGWON「例えば誰かが携帯を探していたら黙って電話をかけてあげたり、風が強い日は花粉症のメンバーにそっとティッシュを渡してあげたり、もはやテレパシーを使っているかのようなコミュニケーションができるようになりました(笑)」

JAKE「僕たちには結成前から『I-LAND』というプロジェクトを通して一緒に辛い状況を乗り越えてきた絆があります。精神的な繋がりにおいては誰にも負けないと思っています」

SUNGHOON「ステージに上がる前は、7人で輪になって『エナ、エナ、エナ、エナ、エナ、エナ、エナイプン!』と叫びます。この掛け声が、一心同体にさせてくれる気がしています」

Page 3

――最後に、ENHYPENの活躍を楽しみにしているファンに向けて、今後の意気込みを聞かせてください。

JAKE「今は2枚目のミニアルバムの準備に全力を注いでいます。まだまだ伸び代の多い新人グループですが、1枚目のミニアルバムでの経験を生かし、さらに成長してアップグレードした音楽をお届けしたいと考えています」

HEESEUNG「皆さんの応援や期待の声が僕たちの原動力=エンジンです。高いクオリティを目指すだけでなく、感動も伝えられるように準備しています」

SUNGHOON「1枚目の『BORDER : DAY ONE』はデビューアルバムなので、すべての過程が初めてで慣れず、戸惑う瞬間もありました。今回は準備する時間的にも精神的にも前よりは余裕があるので、必ず皆さんの期待に応えられる作品になると思っています。どうか楽しみにしていてください!」

Page 4

完売続出中のViVi6月号特別版は、ENHYPENの12Pの大特集に両面ピンナップ付きの永久保存版! ぜひゲットしてね♡
さらに、購入した方の中から抽選で7名様にメンバー直筆サイン入りチェキをプレゼント! 推しメンチェキへのご応募、お忘れなく♡
※応募には誌面に掲載される応募券が必要となります。詳しくはViVi6月号をご覧ください。応募の締め切りは5月20日までです。

ご購入はこちらから!

Photo:Yim Youngwoong Styling:Choi Kyong Won Hair:Lee Il Jung, Kyung Min Jeong Make-up:An Sung Hee, Kwon So Jung Translation:Rie Nemoto Interview&Text:Satoshi Asahara, Noriko Yoshii Shooting coordination: Dong Hun Jung(LIKE STUDIO) Composition:Yumiko Ito

#ENHYPEN

PROFILE
ENHYPEN 超大型プロジェクト『I-LAND』で選抜された、JUNGWON、HEESEUNG、JAY、JAKE、SUNGHOON、SUNOO、NI-KIのグローバルボーイグループ。2020年11月にミニアルバム『BORDER : DAY ONE』でデビュー。4月26日2ndミニアルバム『BORDER : CARNIVAL』をリリース。3月からニッポン放送『オールナイトニッポンX』月曜パーソナリティーを務める。

ENHYPENが’BORDER : CARNIVAL’ で5ヶ月ぶりに初カムバック!メディアショウケースの様子をレポート!

あわせて読みたい

韓国発・超大型新人アーティストENHYPENがViVi6月号に登場!ViVi初の撮り下ろし撮影&特別版表紙が実現

アルバム予約で30万枚突破!ENHYPENが待望のデビュー♡メディアショーケースのインタビュー&パフォーマンスカットを公開!

#ENHYPEN