イケメン

ENHYPENのJUNGWON、JAKEのプロフィールや好みを一問一答でチェック♡本誌未掲載カットも公開♡

2021.04.30

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

SNSの総フォロワー数は1600万人超え! 新時代のK-POPアーティストとしてグローバルに注目を集めるENHYPEN(エンハイプン)が、満を持してViViに登場! 超大型プロジェクト『I-LAND』で証明してきた圧倒的なスキルや華やかなビジュアルは、2020年11月にデビューしてからの短期間で、さらにブラッシュアップされている。ということで、まずはド直球の一問一答でメンバーの個性をチェック! メンバーの平均年齢は17歳。洗練されたルックスと裏腹に、初々しい答えが並ぶViViオリジナルメンバーシップカードは永久保存版。今回は、JUNGWON、JAKEを本誌未掲載カットと共にご紹介♡

確かな実力と思いやりの心で絶対的信頼を誇るリーダー

【BIRTHDAY】
2004/2/9

【特技】
運動。6年間続けていたテコンドーには自信があります!

【好きな色】

【好きな食べ物】
ステーキ

【嫌いな食べ物】
茹ですぎたアスパラガス

【好きなファッションスタイル】
少し変わった個性的なスタイル

【最近買ったもの】
運動器具

【好きな言葉】
やればできる!

【自分の取り扱いポイント】
辛いときに一人でいる方が楽な人もいますが、僕は誰かに寄り添ってもらいたいタイプ。その方が慰めになります

【苦手なもの】
虫が本当にダメ(笑)

【行ってみたい場所】
温泉! 日本の温泉にも行ってみたいです

【ENGENE&ViVi読者のみなさんへ】
一生懸命撮影したので、気に入ってもらえると嬉しいです。僕たちの夢、世界ツアーでお会いしましょう♡

Page 2

BIG SMILEで温かくメンバーを包み込む人格者

【BIRTHDAY】
2002/11/15

【特技】
サッカー。学生の頃にやっていました

【好きな色】
ネイビー

【好きな食べ物】
カレー

【嫌いな食べ物】
玉ねぎ以外はなんでも好き

【好きなファッションスタイル】
シンプルだけど、どこかにポイントがある服

【最近買ったもの】
ニットを何枚か買いました

【好きな言葉】
Work hard, play hard (よく学び、よく遊べ)

【自分の取り扱いポイント】
初対面の人とはあまり話せません。でも、親しくなると一気に心を開くので少し時間をください! 実はすご~く情に厚いタイプ

【苦手なもの】
虫!! 本当にダメなんです……

【行ってみたい場所】
スペイン! 大好きなサッカーチームFCバルセロナの試合を現地で観るのが夢

【ENGENE&ViVi読者のみなさんへ】
ViViに登場できて本当に光栄です! いつか日本の方々にも僕たちのステージをお見せしたいです。

Page 3

完売続出中のViVi6月号特別版は、ENHYPENの12Pの大特集に両面ピンナップ付きの永久保存版! ぜひゲットしてね♡
さらに、購入した方の中から抽選で7名様にメンバー直筆サイン入りチェキをプレゼント! 推しメンチェキへのご応募、お忘れなく!
※応募には誌面に掲載される応募券が必要となります。詳しくはViVi6月号をご覧ください。応募の締め切りは5月20日までです。

ご購入はこちらから!

PROFILE
ENHYPEN 超大型プロジェクト『I-LAND』で選抜された、JUNGWON、HEESEUNG、JAY、JAKE、SUNGHOON、SUNOO、NI-KIのグローバルボーイグループ。2020年11月にミニアルバム『BORDER : DAY ONE』でデビュー。4月26日2ndミニアルバム『BORDER : CARNIVAL』をリリース。3月からニッポン放送『オールナイトニッポンX』月曜パーソナリティーを務める。

#ENHYPEN

あわせて読みたい

韓国発・超大型新人アーティストENHYPENがViVi6月号に登場!ViVi初の撮り下ろし撮影&特別版表紙が実現

アルバム予約で30万枚突破!ENHYPENが待望のデビュー♡メディアショーケースのインタビュー&パフォーマンスカットを公開!

Photo:Yim Youngwoong Styling:Choi Kyong Won Hair:Lee Il Jung, Kyung Min Jeong Make-up:An Sung Hee, Kwon So Jung Translation:Rie Nemoto Interview&Text:Satoshi Asahara, Noriko Yoshii Shooting coordination: Dong Hun Jung(LIKE STUDIO) Composition:Yumiko Ito