エンタメ

韓国芸能界で働く美女YouTuber・Uchanって?仕事やアイドルのリアルを聞いてみた

2021.05.22

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

YouTube界に突如として現れた美女、Uchan(ゆうちゃん)。実は彼女、韓国の音楽業界で裏方として働いているんだそう。「韓国で仕事をすることになったきっかけは?」「日韓の芸能界の違いはある?」などなど、気になることを根掘り葉掘り聞いてみました♡ 韓国語の勉強方法やタレント時代のダイエット、韓国の芸能界の厳しさについても。「韓国で働きたい!」「韓国語を上達させたい」という人は必見です!

「やりたいことは言い続ければ叶う」は本当です!

ー韓国で音楽関係の仕事をする以前は、何をされていたのでしょうか?

10代の頃は芸能界に興味があって、日本と韓国で色々な事務所のオーディションを受けたり、タレントとして仕事をしたりしていました。

韓国では、タレントというほどのことはしていなくて、本当にちょこっと仕事をしていたくらい。19歳頃まではそんな感じで活動をしていたんですが、途中から音楽関係の裏方の仕事に興味が湧いてきて。突然、意志が変わったんです。

ーどうやって音楽業界の裏方に?

音楽関係の仕事がやりたい、と思ってから、友達や、タレントを目指す中で出会った芸能関係の知り合いに会うたびに「こういう仕事がしたいんです」って話していました。今思えばしつこかったくらい(笑)。それがきっかけで紹介してもらった人や仕事が、今につながっています。

そのうちの誰かが、「あの子こんな仕事がしたいって言ってたな」って頭の片隅で覚えていてくれれば、それがチャンスになると思うんです。韓国社会って人脈とか信頼関係がすごく大切なので、その時の自分の行動は間違っていなかったな、って今でも思います。

Page 2

ー普段はどんな仕事をすることが多いのでしょうか?

一番多いのは、韓国のアイドルが日本で開催するイベントの手伝いです。イベント会社の方がもともと知り合いだったんですが、その人も自分がやりたいことを話しまくっていたうちの一人で。

日本語と韓国語ができる人が楽屋まわりにいると何かと便利なので、プロの通訳さんとは別に、アイドルのプライベートな会話ややりとりの通訳をしたり。あとはグッズを一緒に考えたりすることもあります。

韓国語の上達には、好きな人を韓国に作るべし!(笑)

ー韓国で仕事をしたいなら、韓国語の習得はマストですよね。どうやって勉強をしたのか教えてください!

てっとり早いのは、彼氏とか好きな人を韓国に作ることです。そうすると、勉強しようっていう意欲がどんどん出てくるし、実際に私もそうだったので(笑)。もしできるなら絶対に留学をした方がいいです!

それが難しければ、韓国のリアリティー番組を見て、実際に韓国の若者が使っている言葉を勉強するとか。

本や教科書を買ったこともあるんですけど、会話には役に立たなかったので、私はあまり参考にはしませんでした。会話を上達したければ、やっぱり話すのが大事です!

Page 3

ー韓国語の上達には韓国人を好きになるべし、ということですが(笑)、韓国人と日本人、恋愛面で違いはありますか?

全然違いますね! 周りを見ていても、日本人は韓国人に比べてドライだと思います。

韓国の男性って、彼女ができたら彼女一直線で、四六時中カカオトーク。日本でいうLINEみたいなアプリなんですが、いま仕事中だよの写真、食べているものの写真、空の写真……とかがずーっと送られてくるんです(笑)。なんでも報告が来るから、彼女としては安心できますね(笑)。それに比べると、日本人の男性は草食な人やドライな人が多いんじゃないかなと。

韓国人の男性によくあるのが、彼女ができたらカカオトークを消して新しくすること! 友達が消えてるなと思って他の人に聞くと、あの人彼女できたらしいよ、っていうことが本当にあるあるなんです(笑)。別れたらもう一回新しく作り直して、とか(笑)。

あと、韓国の女の人って基本的に気が強いから、韓国人の男性からしたら日本人の女性はすごく優しく映るみたいで(笑)。「日本の女性ってなんでこんなに優しいの? 天使!」とか、「結婚するなら日本人がいい」って言う韓国の友達は結構多いですね。

韓国の芸能界は超ハード!友達もみんなライバルです

ー日本と韓国の芸能界で違うところは?

例えばアイドルでいうと、日本はアイドルが成長していく姿をファンが見守る、育てる、っていう形が多いと思うんです。でも、韓国では最初から完成したスターの形で世に出す、という体制の違いはあると思います。

韓国の芸能界って、レッスンや食事制限がハードなイメージがあると思うんですが、実際に元練習生の友達に聞いても、朝から夜中の12時までずっと練習するのが日常みたいです。

ーメンタルを保つのも大変そうですね。

とにかく競争が激しい世界です。友達もみんなライバルなので、負けてたまるか、のし上がってやる! っていうくらい強い気持ちがないと上にはいけないと思います。

私は女の子への対抗心とかがあまりなかったので、もっと敵対心とか対抗心とか作ったほうがいいよ、って言われたこともありました。極端に言えば、自分が女王様、って思うくらいの気の強さや自信がないと耐えられないような世界です。なので、メンタルが弱かったらやっていけないですね。

Page 4

ー韓国のアイドルといえば、ハードなダイエットをしているイメージもあります。

私自身、芸能界を目指していた10代後半に15kg痩せた経験があって。太っていた頃は、レッスンの先生たちに何百回と「痩せろ」って言われていましたね。それくらい、体型には厳しい世界。

私は食生活を健康的に変えて痩せたんですが、本当のアイドルは比べものにならないくらい体型に気を使っていると思います。朝リンゴ、昼さつまいも、夜プロテインとかの食生活が普通で、豪華なケータリングにも手をつけなかったり、サラダだけ取っていく人とかもいたり。

男性アーティストでも、「食事制限中だからコンビニでローストビーフとサラダだけ買ってきてください」って頼まれることがよくあります。

知り合いの輪を広げたら、人生が変わりました

ー10代のうちにやっておいてよかったことはありますか?

韓国語の勉強と、あとは、知り合いの輪を広げることです!

昔はそんなに友達が多いタイプではなくて、根暗だったんです。でも、10代後半で事務所に入ってから、色々な人と仲良くなって。それをきっかけに、自分のコミュニケーション能力を高めようと頑張って、フットワークを軽くして、オープンな性格に変えていったんです。

そのおかげで、「こういう仕事がやりたいです!」って人に言えたし、付き合う人の輪を広げたことで人生が変わりました。それがなかったら、今一緒に仕事をしている人とも出会えてないと思います。

Page 5

ー仕事柄、オーディションを見ることもあるそうですが、合格するためのコツは?

審査する側は何百人何千人と見るので、相当秀でたところがないと目にもつかないし印象にも残らないんです。だから、人と違うことをするとか、人と差をつけることが大事だと思います。

例えば、「一分歌って」って言われた時、みんなが一曲だけを歌う中で、ギャップのある二つの曲を歌ってみたり。自分の得意なダンスや歌、系統があるなら極めればいい。なんでも中途半端だと一番頭に残らないので、とにかく目立つ、何かに特化することです。

あとは体のバランスが大事なので、骨格や体型が分かる服を着ること。ぽっちゃりしていても痩せればいいだけの話なので、体型を隠す服は着ない方がいいです。恥を捨てて、全部自分を見せてやる、くらいの気持ちで挑むのがいいと思います!

ー韓国で働きたい人に向けて、アドバイスがあればお願いします!

どの職種にしても、韓国語が話せることは必須! タレントやアイドル志望なら、自分を知って少しでも磨くことが、他の人と差をつけるためにも必要かなと思います。

あと、「裏方なら簡単になれそう」ってよく言われるんですが、そんなに単純なものではないです。努力が必要なのはどんな仕事でも一緒なので、本当にやりたいことがあったら人に言ってみる、とにかく行動する、が大事です!

Uchan(ゆうちゃん)
YouTube  ▶︎Uchan
Instagram ▶︎@y.15g
Twitter ▶︎@y15uchan

Photos:Tohru Daimon