ビューティ

家でジェルネイルができる!DASHING DIVAの実力に感動♡【PR】

2021.06.30

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

家で簡単にジェルネイルができたら……。その夢、実は「DASHING DIVA」なら簡単に叶うんです! しかも、自分でやったとは思えない程の本格的な仕上がりに♡ 本当に〜?と思う方、ぜひこの記事で紹介するHOW TOと谷まりあ出演のスペシャルムービーで真相を確かめて‼! モデルもスタッフも大絶賛の理由、絶対わかってくれるはず。記事後半にあるプレゼントキャンペーン情報もお見逃しなく!

まりあのスペシャルムービーをCHECK!

この投稿をInstagramで見る

 

ViVi(@vivi_mag_official)がシェアした投稿

DASHING DIVA」のオフィスで働くまりあ。ある日、電話を取ると「家で本格的なジェルネイルがやりたいんです。しかも簡単に……そんなわがまま、聞いてもらえますか⁉」と悩める女子からSOSが! 「私に任せて♡」とセルフジェルネイルを実践するまりあの変貌、お見逃しなく。‼

このジェルネイル
自分でできるんです♡

使ったのは……
DASHING DIVA『glaze』(グレーズ)

なんとカラーデザインバリエーションは、100種以上! 単色だけでなく、ラメやマーブル系のデザインなど、続々新作やペディキュアも追加されています。仕上がりが美しい秘密は、爪が最もキレイに見える角度と高さを設計したドームエフェクトが採用されているから♡ 国内発送なのも安心だし、1箱1320円(税込)~とリーズナブルな値段なのも嬉しい!

HOW TO APPLY

1.準備
手をきれいに洗い、プレップパッドで手と爪の油分・水分を拭き取ります。

2.貼り付ける
自分の爪に合うサイズを選び、シートから外してキューティクルに被らないように貼り付け、上の保護フィルムをはがしてしっかり押します。

3.切り取る
爪の先で余ったグレーズを爪切りやハサミを使用して切り取り、爪の縁をぴったりと押しながら密着させます。

4.硬化
ジェルランプで硬化します。グレーズは一度の硬化でしっかり仕上がります。※個人差があります

5.仕上げ
付属のネイルファイルを使用して爪のラインに合わせて、きれいにファイリングします。
★ファイルは一方向にかけます。

HOW TO REMOVE

1.リムーバーをつける
ウッドスティックをオイルまたはリムーバー(除光液)に浸します。

2.除去する
爪の端とグレーズの隙間に入れ、ゆっくり押しながら取り除きます。

DASHING DIVAのジェルネイル、本当にタイプでした♡ まず高級感があることに驚いたし、ピタッと爪にフィットして、つけ心地も良いの。

サイズもたくさんあって、自分に合うサイズが見つけられるから、見た目も完璧!

もともとジェルネイルが大好きで、シンプルな単色だったり、ツヤを選んだり、アクセをつけても“やりすぎ”にならないデザインをよく選んでます。

DASHING DIVAの『glaze』は、ツヤはもちろん、ミラー加工もあるみたいだから、他にも試してみたい! みんなのお家時間の息抜きに、ぜひトライしてみて!! by まりあ

キャンペーン①
全品割引!タイアップ記念♡

タイアップ記念として、DASHING DIVAの公式サイトでは『glaze(グレーズ)』全商品が割引になるキャンペーンを7/1〜実施します! お得に購入できるチャンスなので、この機会をお見逃しなく!

キャンペーン②
数量限定!ランププレゼント実施中!! 

公式オンラインショップから『glaze(グレーズ)』と『LEDミニランプ』を購入カートに入れ、クーポンコードを入力するだけ!
ジェルの硬化にマストな「LEDミニランプ」をプレゼントしちゃいます。
なくなり次第終了してしまうから、早いもの勝ちです♡ 「LEDミニランプ」は折りたたみ式のコンパクトサイズで、収納や持ち運びにも最適! 使用状況に応じて45秒と60秒にタイマー設定ができ、なんと充電はUSB(TYPE−B)タイプ。ノートパソコンやモバイルバッテリーにつなげば、いつでもどこでも使えちゃいますよ!

※なくなり次第終了。詳しくは公式オンラインショップを確認。
※クーポンコードは、公式オンラインショップ上に表記されます。

〈お問い合わせ先〉
DASHING DIVA JAPAN

公式サイト
https://www.dashingdiva.jp/glaze/

公式オンラインショップ
http://www.dashingdivashop.co.jp/

Instagram
@dashingdivashop

Photos:Genki Ito Movie:Yoshihiro Nagano Hair&make-up:NAYA Styling:Kana Tanaka