エンタメ

「ドラゴン桜勉強法」は本当に使えるの!?東大生に実態を調査してみたら…

2021.06.27

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

15年ぶりのドラマ化が話題となり、毎回放送後に様々な反響を呼んでいる、日曜劇場『ドラゴン桜』(TBS系)。東大合格を目指し生徒たちが成長していく様子ももちろんですが、やはり注目なのは作中に登場する勉強方法や試験を受ける時のテクニック! 目からウロコのテクニックから、時には常識を覆すような突飛な勉強方法も……!? 気になるのは、そんな“ドラゴン桜勉強法”は実際に使えて、効果があるものなのか? ということ。そんなワケで今回は、漫画『ドラゴン桜2』で紹介されている勉強の方法について東大生たちにアンケート調査を行い、リアルな声を聞いてみました。受験生時代のエピソードや、参考になる勉強法まで紹介しちゃいます!

ドラゴン桜とは?
舞台は、落ちこぼれ生徒ばかりが集まり、経営破綻寸前の私立龍山高校。その運営問題を任された弁護士・桜木建二が、龍山高校を超進学校に生まれ変わらせるべく「5年後に東大合格者100人」を目標に掲げ奮闘する物語。2003年から2007年までモーニングにて連載された原作漫画『ドラゴン桜』では、次々と登場する型破りな勉強方法で“特別進学クラス”の生徒が東大合格を目指す様子が話題となった。前作に続き、続編となる『ドラゴン桜2』も原作ドラマ化され、日曜夜9時よりTBS系で放送中。

ドラゴン桜勉強法その①
あれもこれもと手を出さない!

教科書は一冊を極める

©︎三田紀房/コルク 『ドラゴン桜2』5巻38限目より

©︎三田紀房/コルク 『ドラゴン桜2』5巻38限目より

文系で成績トップの小杉さん。水野は小杉さんのボロボロの教科書を見て、かつて共に東大合格を果たした“大沢くん”の勉強法と同じだと気づきます。

\東大生の声/

・どの教科も絶対に一つの教科書(教材)を極めるようにしていました。 その方がもれなくダブりなく勉強できるし、 何より一冊の内容が全部頭の中に詰め込まれていると思える事が自信につながる、と思いました!(工学部 院2年 女性)

教科書を読み込んだ結果、世界史の二次試験の成績が格段に上がった。(文学部 4年・男性)

・世界史は教科書を幾度となく繰り返して読んだ。他の参考書や問題集でためになった情報も全て教科書に書き込むことで、自分だけの一冊を作り出していた。(法学部 3年・男性)

・問題集は一つを極めていました。問題集ごとに解説が違ったりして理解が深まらないと思ったからです。繰り返し取り組むことで、どの分野も一通りやったから、それでもわからない問題は他の人もわからないだろう、と考えられて、自信につながりました。(工学部 卒業生・女性)

日本史や世界史の教科書を3周した。1周目は大雑把に、2周目は論述問題に出そうなところを覚える勢いで、3周目は覚えているか確認しながら読んだ。 重要事項は単語帳で暗記すればいいから、読む際は太字になっている重要部分よりも、時代のつなぎ目を意識した。 世界史の論述問題には特に効果的だったのではないかと思う。(法学部 3年・男性)

Page 2

ドラゴン桜勉強法その②
発音できない単語は聞き取れない!

英語力向上にはシャドーイング

©︎三田紀房/コルク 『ドラゴン桜2』4巻30限目より

英語教師のナベ先生(ドラマ版では由利杏奈先生)が披露した「ぼそぼそシャドーイング」。シャドーイングとは、聞こえた英語の音声に続けて同じ内容をすぐに復唱する方法で、これがリスニング力向上のためのファーストステップになるんだとか。

\東大生の声/

自分が発音できない音は聞き取れないので、まずは真似して発音できるようにした。(農学部 院2年・女性)

・シャドーイングを極めると、文も読めるようになった。(文学部 4年・男性)

・やっていました。シャドーイングをするとネイティブの人の発音の仕方や独特な単語同士の繋げ方がわかるようになるので、リスニング力は格段に向上すると思います。(工学部 院2年・女性)

毎晩、英語のリスニング教材を早送りで聞いてシャドーイングしていた。あえてイヤホンをつけず、雑音のある中でやっていたのが効果的だった。(法学部 3年・男性)

・受験期は、駅から家までの行き帰りでずっとぼそぼそシャドーイングをしていた。たまに気持ちが入りすぎて、近所の人から変な目で見られることもあった。(笑)「自分で発音できるようになってはじめて単語が聞き取れる」とよく言われる通り、音源をひたすら真似ていくことで、聞き取れる言葉が増えていった。(法学部 3年・男性)

やっていなかったという人は…

・シャドーイングが嫌いだったので、やっていませんでした。その代わり、リスニング教材を聞く回数を増やして地道に練習していました。(工学部 卒業生・女性)

Page 3

ドラゴン桜勉強法その③
音源に全力で集中するために

リスニング試験中はメモを取らない!

©︎三田紀房/コルク 『ドラゴン桜2』4巻31限目より

©︎三田紀房/コルク 『ドラゴン桜2』4巻31限目より

リスニングの試験中、多くの人が取るであろうメモ。しかしドラゴン桜では、要点を聞き逃す可能性があるため「メモは取らない」と決めておくべきと教えられています。

\東大生の声/

・リスニング中にメモを取らないのは非常に共感できる。実際の東大入試や東大模試でも目を瞑って聴き、頭の中で話の場面を想像していた。事前に問題を先読みしておくことで、解答になりそうな箇所に差し掛かった時だけ目を開けて解答することができるので効果的だと思う。(法学部 3年・男性)

・メモを取らないで全力集中で聞いていた。(農学部 院2年・男性)

・やっていました。メモをしている間に音声がどんどん進んでしまって、聞き逃す事があったからです。(工学部 院2年・女性)

・リスニングは始まる前に問題を読んでポイントなどを書き込み、聞いている最中はメモをしないようにと塾で習った。(文学部 院1年・女性)

やっていなかったという人は…

現役時代はメモをとることにこだわりすぎていたが、浪人時代には必要最低限のことだけメモし、後は聴くことに集中していた。全く取らなかったわけではない。(法学部 3年・男性)

Page 4

ドラゴン桜勉強法その④
テクニックで部分点を稼ぐ!

2次試験の数学は、まず方針を書く

©︎三田紀房/コルク 『ドラゴン桜2』11巻81限目より

©︎三田紀房/コルク 『ドラゴン桜2』11巻81限目より

『ドラゴン桜2』だけでなく、元祖の『ドラゴン桜』でも力説されていたテクニック。難易度が高く一見解けなさそうな問題も、考え方だけでも書き込めば部分点がもらえる可能性があるのだそう。さらに、方針を明確にすることで正解までの道筋が明確になり、頭の中が整理されるという声も。

\東大生の声/

・最後まで解けない時でも、自分の思考は少しでも解答用紙に残していた。(農学部 院2年・女性)

・合格年の数学の試験で、解き方が分からないけど答えは予想できるという問題に遭遇したので、「答えはこれだと思う。背理法を使うと思う」と書いた。合格はこれのおかげだと信じている。(文学部 4年・男性)

・そうすることで答案の整理ができる。方針を書いてから計算をする、という流れを自分の中で構築していた。(教養学部 2年・男性)

・数学が苦手だったので、完答を目指すのではなく部分点で稼ぐという戦略を立てていました。その戦略の一つとして、この「方針をまず書く」ということをしていました。(教育学部 3年・女性)

・数学の問題を解く際は『ドラゴン桜』でも述べられていた「まず解答用紙を縦に2分割しろ」を実践したのを覚えている。 その上で、最初に問題文で述べられていることをほぼ丸写しするところまでを習慣にしていた。例えば、「〇〇について証明せよ。」という問題だったら、解答用紙にまず「〇〇について証明する。」と書いていた。そうすることで、問題を俯瞰して見ることにつながったと感じている。(法学部 3年・男性)

Page 5

ドラゴン桜勉強法その⑤
歯磨きをするように勉強!

隙間時間も活用する習慣づくり

©︎三田紀房/コルク 『ドラゴン桜2』10巻78限目より

©︎三田紀房/コルク 『ドラゴン桜2』10巻78限目より

本当にデキる生徒になるためには、寝る前に少しでも勉強する習慣が必要になるのだそう。「歯を磨かずに寝るのは気持ち悪い」と思うのと同じように、寝る前などの隙間時間を活用するくせをつけろと桜木先生が伝えています。

\東大生の声/

・毎晩寝る前に、英語の単語を100個見返すようにしていました。特に暗記系は毎日やらないと身につかないと思ったからです。(工学部 卒業生・女性)

・お風呂の時間、電車の時間、寝る前など、時間が作れるときは徹底的に使って勉強していました。 時間が足りなかったというのもありますし、何より、やれるだけやったという事が自信につながりました。(工学部 院2年・女性)

・移動中も、問題を覚えておいてどうやって解くか考えながら電車に乗っていた。(教養学部 2年・男性)

・時間が惜しかったので、電車に乗っている時や髪の毛を乾かしている時など、隙間時間を徹底的に活用するようにしました。(教育学部 3年・女性)

・一度勉強をサボって遊びに行ったことがあるのですが、どうしても落ち着かず、途中で帰って勉強しました。
(文学部 4年・男性)

やっていなかったという人は…

・浪人時は、休む時はしっかり休むようにしていた。(農学部 院2年・男性)

Page 6

ドラゴン桜勉強法その⑥
モノを上手く使うことが合格への近道!

勉強でもテクノロジーを活用

©︎三田紀房/コルク 『ドラゴン桜2』10巻79限目より

『ドラゴン桜2』では、SNSや動画サイト、勉強アプリなど、様々なテクノロジーを活用することの重要性が随所で描かれています。どんなツールも上手く活用することが、効率アップにつながるのだそう。

\東大生の声/

・動画サイトなどで英語の動画を見ていた。(農学部 院2年・男性)

TEDは受験生の時にずっと聞いていた。(教養学部 2年・男性)

・YouTubeの無料の授業動画を活用していました。先生に聞かずとも疑問点を解決することができる/先取り学習ができる/何回も見返すことができる、などの点でとてもありがたかったです。(教育学部 3年・女性)

受験期はスタディプラスを使って勉強時間を記録していた。何時間勉強したかを可視化することで、「もっと勉強して時間を積み上げよう」というモチベーションが生まれた。これがなければ勉強時間が足りずに受からなかったと言っても過言ではないくらい大きな存在。(法学部 3年・男性)

やっていなかったという人は…

・使っていませんでした。塾などの教材で十分に勉強できたため。(法学部 卒業生・男性)

・なし。スマホはサボりの温床なので見ないようにしていた。(文学部 4年・男性)

Page 7

ドラゴン桜勉強法その⑦
がむしゃらに取り組むのはナンセンス!

勉強方法は性格に合わせて選ぶ

©︎三田紀房/コルク 『ドラゴン桜2』12巻94限目より

計画的で慎重な性格(保全型)の天野と、好奇心旺盛で飽きっぽい性格(拡散型)の早瀬。水野は、「勉強の計画が破綻してしまうのは、その計画が性格に合っていないからだ」と教え、二人の夏休みの過ごし方についてルールを設けました。

\東大生の声/

勉強する場所は固定していた。塾の自習室の番号も必ず同じ番号のブースを使っていた。(教養学部 2年・男性)

・保全型です。自宅の自室で勉強を行い、毎日の勉強時間と内容は事前に決めて実行していました。(教育学部 3年・女性)

・小学生くらいからずっと拡散型だったと思います。美人な憧れの先輩が東大に行ったので目標にしていたし、勉強場所も1日の中でカフェを転々として、気分次第で勉強する科目を変えたり、飽きないように工夫していました。(文学部 卒業生・女性)

・もともと保全型の勉強(毎日同じ場所で一日ごとのノルマをこなす)をしていたのですが、拡散型(勉強場所を気分で変える、ノルマは週単位でゆるく)にしたら成績がアップしました。(文学部 4年・男性)

やっていなかったという人は…

これは大学に入ってから知った。ただ、後から振り返ると、自分の性格にあった勉強をしていたんだなと感じているので、結構信憑性はあると思う。(法学部 3年・男性)

Page 8

ドラゴン桜勉強法その⑧
徹底的にマスターすベし!

東大の過去問は数十年分解く

©︎三田紀房/コルク 『ドラゴン桜2』15巻119限目より

©︎三田紀房/コルク 『ドラゴン桜2』15巻119限目より

二次試験の直前に「25年分の過去問を解け」と生徒に伝える桜木先生。“過去問に集中する”と決めることで、本番前特有の迷いや不安をなくすことができるんだとか。さらに、過去問をたくさん解くことで東大独特の出題形式に慣れることができ、傾向をつかめば「どこかで見たことがある!」と思える問題も出てくるといいます。

\東大生の声/

・浪人時代には、ほとんどの科目を20~30年程度解いた。過去問演習は最大にして最高の受験勉強だと思う。模試などは比にならない完成度で、志望校合格のための一番の近道だと思う。(法学部3年・男性)

・27年分を3ヶ月でやった。(教養学部 2年・男性)

・塾の教材に東大の過去問がたくさん使われていたので、資料があるものはほとんど解いていた。直近10年分などは問題を見れば答えが分かる、というレベルだったと思う。(文学部 4年・女性)

・英語と世界史は25年分解いた。特に世界史は2周した。(法学部 3年・男性)

やっていなかったという人は…

なし。そこまでの時間と熱意がなかった。(文学部 4年・男性)

・どの科目も過去問は10年分程度やったかと思います。遡りすぎると形式が変わってしまう科目もあったので、その場合は模試などを活用して本番の形に慣れるようにしました。(教育学部 3年・女性)

「本当にやっていました!」という説得力のある意見も多数。『ドラゴン桜2』の勉強方法を東大生はリアルに実践していたことが判明!

監修

西岡壱誠現役東大生、『ドラゴン桜2』編集担当。偏差値35の高校から東大を志すも、2年連続で不合格。浪人時代、崖っぷちの状況で編み出した勉強法で一気に全国4位にまで成績がアップし、見事合格。その時に培ったノウハウを学生に伝えるべく、株式会社カルぺ・ディエムを設立。学校への教育事業支援・運営・コンサルティングや、現役東大生が生配信で授業を行う「スマホ学園」の運営などを行う。Twitter ▶︎@nishiokaissey  HP ▶︎カルぺ・ディエム