ビューティ

これぞ旬顔♡ViViモデルが“2021年上半期アワードコスメ”を使って理想メイクに挑戦!

2021.07.17

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

見事2021年上半期のコスメアワードを受賞したコスメをフル活用して、ViViモがなりたい顔に大変身♡ ViViモデル3人がピックアップしてくれたよ。アイテムの魅力もたっぷり語ってくれてなりたいイメージに大変身。お買い物の参考にするっきゃないっ!

嵐莉菜×ヴィンテージブラウン♡

ブラウンの囲み目が主役のドーリーフェイスにときめき♡
スナイデルのブラウンのアイシャドウやヴィセ リシェのアイライナーで作ったヴィンテージライクな囲み目がヒロイン! ちょっぴりドーリーなメイクが今のキブンなんだよね♡ 夏の終わりに秋を先取りするっていう意味でも、こういうテンションの顔つき、良くない? 瞳に強さがある分、スモーキーピンクのチークとレッドリップで可愛げをプラスしたのも私なりのこだわりだよ。by Lina

’21 上半期 My Best Hit Cosme

『hince』 ムードインハンサーマットフレア

¥2350/VIVAWAVE ●商品情報はViVi2021年8月号のものです。

チョコレートみたいなブラウンが美味しそうで可愛い♡
マットなんだけどスルスル塗れて唇がマシュマロみたいにふわふわに。ほんのり透けてるっぽい発色も抜け感が出ていいんだよね。保湿力も高いから今ゲットして冬まで使い倒せそう。

Page 2

Selected Items

【左】アイデザイナー 06 ¥6380/スナイデル ビューティ 【中央】ブルーム ミックスブラッシュ コンパクト 12 ¥4620/ジルスチュアート ビューティ 【右】ヴィセ リシェ ブラウンズ クリーミィペンシル BR301 ¥1045(編集部調べ)/コーセー ●商品情報はViVi2021年8月号のものです。

【左】アイシャドウパレット部門 2位
「欲しい色だけが詰まった宝石箱。王道カラーもプレイフルな色もセットされててアイメイクの可能性が広がる」

【中央】チーク・ハイライト部門 3位
「お姫様みたいなコンパクトに恋♡ ブレンドはもちろん単色使いもできてお得」

【右】アイライナー部門 2位
「芯が柔らかくてスルスル引けるよ! アーモンドみたいなまろやかブラウン」

【左】ビーアイドル 愛ラッシュマスカラ 01 ¥1540/かならぼ 【中央】ルージュ ココ ブルーム 114 ¥4730/シャネル 【右】リップ オイル プランパー 007 ¥3300/アディクション ビューティ ●商品情報はViVi2021年8月号のものです。

【左】マスカラ部門 3位
「絶妙な赤みのトーンにツボった。ナチュラルなのにしっかり盛れてダマにならない。キープ力も高いよ」

【中央】リップスティック部門 1位
「ツヤもうるおいも最高な神レッド! このツヤレッドが1つあるだけでオンナがアガる気がするから、絶対買って!」

【右】リキッドルージュ・リップグロス部門 2位
「トリートメント効果もバッチリ★ クリアな発色も好きだしチップが太くてひと塗りでキマる」

❤︎How Toはコチラ❤︎

2021年上半期のコスメをフル活用!美味しそうで可愛いブラウンメイク♡

Page 3

アリアナさくら×透明感バービー

憧れのバービーを今っぽく! テンション、アガりまくり
憧れのバービー人形みたいな寒色のアイシャドウがマイブームでエレガンス クルーズのグリーンを即チョイス。保湿力たっぷりのスナイデルの下地とSUQQUのグレーのアイライナーで肌色のトーンアップも欲張っちゃいました。ヘルシーさをプラスしたいからチークはNARSのピーチ色、リップはサンローランのうるうるベージュをセレクト。寒色メイクをフレッシュにアレンジしたよ。 by Sakura

’21 上半期 My Best Hit Cosme

『CEZANNE』 ミックス カラーチークN 01

¥748/セザンヌ化粧品 ●商品情報はViVi2021年8月号のものです。

ブラシで4色をブレンドして頰にササッとなじませるだけでスモーキーなローズピンクの血色感を演出できるところにゾッコン♡ 青み調整カラーと黄み調整カラーがセットされているからどんな肌色の人にもハマるはず。お値段も◎

Page 4

Selected Items

【左】イルミネイティングプライマー 30ml SPF26・PA+ ¥3630/スナイデル ビューティ 【中央】サテン クラッシュ3 ¥4620/イヴ・サンローラン・ボーテ 【右】エレガンス クルーズ アイカラー ミジェット GR01 ¥1980/エレガンス コスメティックス ●商品情報はViVi2021年8月号のものです。

【左】下地・BB・CC部門 1位
「ハイスペックでつけ心地も最強! 補整力もUVカット力もバッチリで頼れる」

【中央】単色アイシャドウ部門 2位
「ハイライト感覚で使えるツヤカラー。品良くキラキラ。モンブランみたいなスモーキーベージュがツボ」

【右】単色アイシャドウ部門 3位
「瞳におしゃれな遊び心をプラス★ 妖精になれそうなキラキラグリーン」

【左】ニュアンス アイライナー 03 ¥3300/ SUQQU 【中央】エアーマット ブラッシュ 00533 ¥4070/NARS JAPAN 【右】ルージュ ヴォリュプテ シャイン 123 ¥4510/イヴ・サンローラン ・ボーテ ●商品情報はViVi2021年8月号のものです。

【左】アイライナー部門 1位
「クリアな発色にきゅんです♡ ちょっぴり透け感があって軽やかに目もとを締めてくれるから優しい顔つきに」

【中央】チーク・ハイライト部門 1位
「ジューシーなピーチ色ほっぺに! 指でポンポンするだけで柔らかな血色感が出現! ほんのりラメ入り」

【右】リップスティック部門 3位
「ヘビロテしたい今期の本命リップ。うるおいリッチでナチュラルなツヤベージュ」

❤︎How Toはコチラ❤︎

憧れのバービー人形みたいにメイク♡2021年上半期の話題コスメでTRY

Page 5

古畑星夏×大人ピンク

シュガーレスなピンク使いでこなれ感とセンスをアピ♡
大人の可愛げを追求したいって思ったら、ピンクのニュアンスをはらんだカラーが気になって♡ SUQQUのアイシャドウ、フーミーのマスカラ、M・A・Cのリップ……ピンク系のコスメをこんなに選んじゃいました。肌なじみのいいピンクをちょこっとずつ取り入れたヌーディなメイクは、洗練された抜け感が出せるところも好き。眉を強めに描いてメリハリをつけたのもポイントです。by Seikaシュガーレスなピンク使いでこなれ感とセンスをアピ♡

’21 上半期 My Best Hit Cosme

『CHANEL』 ルージュ ココ ブルーム 136

¥4730/シャネル ●商品情報はViVi2021年8月号のものです。

濃密なのにフレッシュな発色でリップスティックとグロスの効果が一度で手に入る! ジューシーなディープレッドは絶妙な顔つきを華やかにしてくれるだけじゃなく肌色までトーンアップしてくれるのでとっても助かります。保湿力もバッチリ!

Page 6

Selected Items

【左】イルミネイティング セラムプライマー03 30ml ¥3520/ジルスチュアート ビューティ 【中央】アドバンスドアイデンティティ ブラウシェーピングデュオ 04 ¥4180/THREE 【右】シグニチャー カラー アイズ 02 ¥7700/SUQQU ●商品情報はViVi2021年8月号のものです。

【左】下地・BB・CC部門 1位
「白浮きレスで肌をトーンアップ♪ ピュアなピンクで肌がフレッシュに」

【中央】アイブロウ部門 1位
「品よく垢抜けてキープ力もスゴイ。ワックスをベースにするとフィット力が急上昇」

【右】アイシャドウパレット部門 1位
「盛れるのに濃すぎない名品。ナチュラルな立体感が自在。組み合わせても単色でも素敵なブラウン系」

【左】フーミー ロング&カールマスカラ モーヴパープル ¥1650/Nuzzle 【中央】ボーム エサンシエル ペルルセント ¥6050/シャネル 【右】ラブ ミー リキッド リップカラー トレ ブラーゼイ ¥4290/M・A・C ●商品情報はViVi2021年8月号のものです。

【左】マスカラ部門 1位
「とにかく可愛い! 塗ったら納得だよ。美発色なんだけど自然でまつげを大人っぽく遊べるよ!」

【中央】チーク・ハイライト部門 2位
「フィット感◎のヌーディピンク。ナチュラルな血色感が狙えるしとにかく落ちにくいの」

【右】リキッドルージュ・リップグロス部門 3位
「ヘビロテしたい今期の本命リップ。うるおいリッチでナチュラルなツヤベージュ」

❤︎ How Toはコチラ ❤︎

大人の色気ムンムン♡2021年上半期受賞コスメでヌーディメイクに挑戦!

Page 7

\YouTubeもチェック!/

あわせて読みたい

キレイのヒントがここに♡2021上半期ViViコスメアワードをプロが本気レビュー!

実際のところどうなの?トレンドコスメについてViViヘアメイクがガチレビュー!

天才的コスメで女神級の美肌へ!藤井サチのガチ愛用コスメTOP5を発表

Photos:ISAC(SIGNO) Hair&Make-up:Rei Fukuoka(TRON) Styling:Rina Uchida Model:Seika Furuhata Lina Arashi Arianna Sakura(ViVi exclusive) Text:Rina Ishibashi