エンタメ

数原龍友×中務裕太「好きな人ができない」は言いたいだけ!?【肉と恋 アゲイン】

2021.07.30

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

「ずっと連載して欲しい!」「一緒に焼肉しているみたい♡」とファンの心を揺さぶりすぎてしまった、数原龍友さんの短期連載「肉と恋」。GENERATIONS from EXILE TRIBEのViVi初表紙を記念して、「肉と恋」がカムバック。さらに今回は、中務裕太さんが特別ゲストとして登場! 「肉と恋アゲイン」と題して、数原龍友さんと中務裕太さんに、迷える乙女たちの恋愛相談にお答えいただきました。それでは、再び、短期連載スタートです。

ViVi(以下、V) 「肉と恋アゲイン」ということで、「肉と恋」が大好評につき、カムバックすることになりました! 数原さん、ありがとうございます!
数原龍友(以下、R) 本当に嬉しいですね。やっぱり、僕が人気者なお陰じゃないでしょうか。今回も、たくさん相談をいただいたと聞きました。
V かなりたくさんの相談が届いています。数原さんの、言い切ってくれるリアルな声が刺さるみたいです。そして、スペシャルゲスト、中務さんも登場です!
中務裕太(以下、Y) はい、答えられるか心配ですが、僕なりに頑張ります(笑)。
R ちゃんと答えられる? 僕も心配だわ。では、いきましょうー!

Page 2

本日のテーマ:恋愛観

Q. 友達と好きな人の差が見分けられません!

R そうか、それはもう友達ですね。好きって気持ちは本当に心が動きますからね。わからないくらいなら、それは恋じゃないです。
Y 僕も、友達なのか、好きなのか、迷っているくらいなら、本気で好きじゃないと思いますね。
R あ! よく冗談めかして聞きますけど、「子宮が疼くかどうか」じゃないでしょうか(笑)。
Y いや、そんな現象はないやろ(笑)。

Q.やはり、オタクに恋愛は難しいのでしょうか!

Y オタクというのは……?
V おそらく、推しがいるということかと。アイドルやキャラにハマっちゃっているのかもしれません。
Y なるほどね。難しい悩みやなぁ。そういう子多いみたいですよね。
R それって、僕たちのせいですかね?(笑)
Y 「推しを本気で好きになってしまった!」みたいな悩みは、確かによく聞くんですけど、僕自身、そんな気持ちになったことがなくて、なんて答えていいのか……。
R そもそも恋愛なんてタイミングですからね。偶然も必然ですから。ゲームだって、いきなりキングは取れないわけで。普段からの練習が身になって成功を手に入れるように、憧れの人への思いを馳せつつも、そのための道のりだとして、経験値を蓄えるためにも、恋愛することは大事なのではないでしょうか。
Y かっこいいこと言うな。
R はい、ワンピースのマルコの名言を参考にさせていただきました。
V ちなみに、何かのオタクであっても、誰か推しがいても、恋愛対象から外れるわけではないですよね。
Y そう思いますよ。
R 僕らからすれば、「推しとは付き合えない」と思いながら、ファンになってもらうのも悲しい話だし。
Y せやな。僕たちとしては、その熱量で向き合ってもらえるのは、嬉しい話なんですけどね。
V では、「GENERATIONSのメンバーと付き合えるかもしれない!」って思いながら、応援していいですか?
R もちろん、嬉しいです。

Page 3

Q.好きなひとができません!

R もうねー、これ! 言いたいだけですよ!
Y 好きな人なんて、作ろうと思って作れるもんじゃないですからね。
R いつかできるよ、絶対に。
V 周りの友達に彼氏ができたりすると、不安になるんだと思います。
Y でも、自分は自分ですから。気がつけば、好きな人、できてると思いますよ。焦らなくても。
R 恋は突然であり、必然。
Y 出ました、名言。
R アゲイン一発目はよく聞く質問でしたね。気にしすぎだから、本当に。
Y ほんと、気にしすぎですね。自分にもっと自信持てばいいのに。

V ところで、前回の短期連載を読んでくれた上でのコメントが来ています。「”南京錠付き鉄のパンツスタイル” で挑んだのに、お酒と雰囲気に飲まれて開錠してしまった。後悔しています」とのことです。
R わはははは!(笑)
Y なんですか? それ。
R おうちにお呼ばれした時には、鉄のパンツを履いていけ!ってアドバイスしたんですよ、前回ね。
Y なるほどね、南京錠までつけてたのに、解錠されてしまったと(笑)。
R もうそれは、開錠しろという本能のお告げです。本能に従ったまで、だから仕方がないですね(笑)。
Y (笑)。

「肉と恋 アゲイン」は全4回配信です。残り3回もお楽しみに。

PROFILE

数原龍友(かずはら りゅうと) 1992年12月28日生まれ。GENERATIONS from EXILE TRIBEのボーカル。音楽一 本に情熱を注ぎ、ソロ名義 での楽曲をリリースするな ど活動の幅を広げている。

中務裕太(なかつか ゆうた)
1993年1月7日生まれ。GENERATIONS from EXILE TRIBEのパフォーマー。自他共に認めるダンススキルで、振り付 けやアクロバットなどに積極的に挑戦。メンバーからは宇宙人?との声も。

『肉と恋』をもっと読む♡

Photo:Nozomi Miura Interview:Yoko Hikomae