ファッション

ニコイチだから大胆になれる!夏はやっぱり肌見せスタイル♡

2021.08.04

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

この夏こそはフェスやテーマパークに行きたい!と、お出かけ欲&映え欲が爆発しているみなさん、お待たせしましたー! 映えといったらおそろコーデ! ということで、肌見せや色選び、小物テクで、全員がイケて見える令和版ニコイチスタイルを、ニコせいかがお届けします。今回は、2人なら大胆になれる“肌見せコーデ”♡ 夏だし、若いし、鍛えたし! 映えるから肌見せしたいけど、ニッポンのお国柄的にも肌見せスタイルってちょっと恥ずかしいのが本音。だけど、なんでか2人なら大胆になれる! 思いっきり肌見せしちゃお~♡

実はめっちゃセクシー♡背中見せ

360度、とりあえず写真撮ろっ! 背中まで抜け目ナシ。

【Nicole&Seika】背中開きトップス各¥7150、ピアス各¥3190/ACLENT デニム各¥13970/バロックジャパンリミテッド(MOUSSY) サンダル各¥6930/R&E ベルト/スタイリスト私物 【Nicole】バングル¥2750/NADIA FLORES EN EL CORAZON 【Seika】バングル¥2750/アダストリア(JEANASIS) ●商品情報はViVi2021年9月号のものです。

Page 2

鍛えた腹筋見せたいのじゃ!お腹見せ

【Nicole&Seika】ジャケット各¥7150、パンツ各¥8250/バロックジャパンリミテッド(LAGUA GEM) サングラス各¥4290/ACLENT フープピアス各¥1837/DHOLIC(DHOLIC LADIES) チェーンネックレス各¥880/スピンズ チェーンブレス各¥11000/Bijou R.I バッグ各¥11440/NADIA FLORES EN EL CORAZON 【Nicole】キャミ¥2300/SOLLON.(Lit.) 【Seika】キャミ¥2640/ロサンゼルス アパレル ジャパン(ロサンゼルス アパレル) ●商品情報はViVi2021年9月号のものです。

JKのセットアップのインナーで鍛えた腹筋見せちゃえ♡

夏だし若いし、出してくよ〜!!脚見せ

【Nicole&Seika】キャミ各¥3300/FIG&VIPER ミニスカート各¥6900/FAITH ピアス各¥2990/EMODAルミネエスト新宿店 ルーズソックス各¥880/SHAGADELIC スニーカー各¥11000/NIKE カスタマーサービス(NIKE SPORTSWEAR) シュシュ/スタイリスト私物 【Nicole】バッグ¥2400/SOLLON.(ライクアガオガオ) 【Seika】バッグ¥1650/W♥C ●商品情報はViVi2021年9月号のものです。

2000年代のギャルっぽいマイクロミニで脚出し。

Page 3

肌見せは“ずっとも”と一緒に♡♡

(藤田ニコル 以下、ニ) 学生時代、ニコイチコーデでディズニーとか行ってたなぁ。

(古畑星夏 以下、せ) プリ撮る時、“ニコイチ、一期一会”とか書いてた気がする(笑)。友達と一緒に買い物に行って、おそろの服探してた。

 最近はなかなかやる機会ないけど、フェスとかイベントだったらやりたいな。

 はっちゃけてもいい場面だったらリンクコーデしたいよね。

 分かる。ハワイとか(笑)。あとさ、好きな色被ったりもするから、色違いにするときはどっちかが優しくならないとダメよね。

 たしかに(笑)。4人とかで違う色にする時は大変!

 あと、肌見せは1人だと恥ずかしいけど、ニコイチだったら大胆になれるよね。

 うん。みんなで肌見せしたら怖くない(笑)。

 それに、おそろコーデだと写真が可愛いよね。

 絵力あるから、写真のためにやるもんね。今だったら予算いくらでやる?

 えー、5万! 靴とか全部だったらそんくらいかな。星夏ちゃんは?

 私は相手に合わせるから、5万で(笑)。友達への誕プレでちょっといいアクセをプレゼントして、それをおそろいで自分にも買ったりは今もしてるよ。

 ウンウン。20代のリアルなおそろ事情よね、それ。

あわせて読みたい

アウトドアのレジャーシーンにも映える!カラーアイテムのカジュアルな着こなし術♡

見え方も色それぞれ♡カラフルコーデもワントーンで揃えればお洒落上級者に!

2000年代ファッションがじわじわキテル♡懐かしさ&今っぽなMIXスタイルはこれ!

Photo:ISAC(SIGNO), Young Ju Kim(still) Styling:Kana Tanaka Hair&Make-up: Tsukushi Tomita Models:Seika Furuhata, Nicole Fujita(ViVi exclusive) Composition&Text:Yumiko Ito