イケメン

THE RAMPAGEのパフォーマー4人が語る♡“僕しか勝たん”こと

2021.08.12

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

3人のボーカルと13人のパフォーマーから構成される「THE RAMPAGE from EXILE TRIBE」。その中でも圧倒的な個性と輝きを放つパフォーマー4人がViViの誌面で登場! 今回は、プロフィールを根掘り葉掘り聞いてきました~♡

~ 『まこいつしょごしょへ』 HISTORY ~
2011〜2012年に行われたGENERATIONSの夢者修行、デビュー後のイベントなど約3年間サポートメンバーとして活動。2014年にTHE RAMPAGEの正式メンバーに選ばれ、2017年にメジャーデビューを果たす。

Makoto Hasegawa

シャツ¥35200/77サーカ カットソー¥9350/ジェットンショールーム(アーノルド パーク スタジオ) パンツ¥22000/ネペンテス(ニードルズ) その他/本人私物 ●商品情報はViVi2021年9月号のものです。

長谷川慎
1998年7月29日生まれ。神奈川県出身。ダンサーとして圧倒的な魅力を放つ一方でグループのムードメイカー。愛称はまこっちゃん。

愛され、ツンデレ、おしゃれ末っ子ニックネームの数はぶっちぎり!

「多分僕、LDHで一番ニックネームが多いんです。まこっちゃん……まあ、これは普通ですよね。そこから派生して、まこズワイガニ、まこつか、まろにっちゃん、めけっちゃん、(ネイティブな発音で)メイクイットちゃん、まこつ……たもつ。もうここまでくると“まこと”っていう名前の原型ないですからね。あと翔平くんがいうにはいつもはツンだけど心を開いている人の前ではデレデレのデレっちゃんに変身するらしいです」

インスピレーションとセンスを磨いてグループに還元していくのが僕の目標

「またファッション関連の話になっちゃうんですけど、僕、インスピレーションを磨くために常日頃からコレクション動画をチェックするのが日課だったりするんです。僕にしかできないことでTHE RAMPAGEに貢献できることを考えたら、やっぱりこの感性な気がして。これからは、このファッションへの情熱をグループに落とし込んで、MVやステージ衣装の提案を積極的にしていきたいと思うので、よかったら注目してやってください」

スケーターファッションLOVE自称ファッションリーダーです

「小学校6年生のときにSupremeに出会ってから、スケーターファッションが大好きになりました。中学生になってからは新商品が入荷する日にはダンスのレッスン仲間と一緒に始発電車に乗って代官山にある路面店に並んだりしていましたね(笑)。そこそこ高いからお小遣いをはたいていたなあ……。LDHの……とまではいかないけど、THE RAMPAGEの中ではファッションリーダーかなって思います。自分で言ってすみません」

Page 2

Shohei Urakawa

シャツ¥17380/ノーネーム(ドレスヒッピー) その他/スタイリスト私物 ●商品情報はViVi2021年9月号のものです。

浦川翔平
1997年5月23日生まれ。長崎県出身。「MA55IVE THE RAMPAGE」のメンバーとしても活躍。「TikTok」でも頭角を現す。

座右の銘は“真面目に不真面目”200%真剣にふざけているヤツ

「僕の性格って簡単に言うと“真面目に不真面目”なんですよね。要はクソ真面目にふざけたことをやるってことなんですけど、矛盾しているようでそうでもないと思うんですよ。僕はとにかくその場の雰囲気を良くすることが好きで、誰かといると盛り上げたい衝動に駆られちゃうんですよね。だから、いつもふざけているんですけど、僕なりに真剣! これ、完全に父親譲りなんですけど、この仕事をしてく上ではありがたいDNAかなって(笑)」

世界中に「THE RAMPAGE」をバズらせるのがたったひとつの目標

「毎日グループがどうしたらもっと売れるかばかりを考えてます。24時間×365日いつでもTikTokでTHE RAMPAGEをどうバズらせるかに思いを巡らせているから、オフの日もちょっと時間があると『コスプレしてTikTok撮ろう』ってなっちゃうんですよね。それが“真面目に不真面目”っていう僕の座右の銘につながっていくんですけど(笑)。この地道な毎日の積み重ねで一人でも多くの人に僕たちの魅力が伝わったらいいな」

“国宝級おもしろイケメン”っていう枠があるとしたら、僕しか勝たん!

「今日の撮影、非日常ってカンジでめちゃめちゃ楽しかった。実際はあんなおしゃれじゃなかったけど、バスに乗ってサポメン時代の思い出にも浸れたしね。実は、まこっちゃんとか(吉野)北人さんが「国宝級イケメン」のNEXT部門に選ばれているのを見てちょっとジェラシーだったんです。だから、やっとViViに出られて感無量。僕もイケメンとはいかなくても“おもしろイケメン”としてなら頑張れるから特別枠作ってくださいよ〜」

Page 3

Shogo Iwaya

シャツ¥31900/ネペンテス(ニードルズ) カットソー¥3900/ビッグタイム その他/スタイリスト、本人私物 ●商品情報はViVi2021年9月号のものです。

岩谷翔吾
1997年3月11日生まれ。大阪府出身。趣味は将棋。映画「HiGH&LOW THE MOVIE」や「チア男子!!」など役者としても活躍。

あくまでまこっちゃんいわくですが、僕はコミュ力の鬼らしいです

「僕は誰とでもフラットに話せるのが長所なのかなって思います。だからか、グループの中にいるときは潤滑油的な役割を果たすことも多いかも。みんな仲良いから喧嘩とかは全然ないんだけど、ボーカルとパフォーマーのコミュニケーションがうまくいくためのクッションにはなれているのかなって。RIKUさんはサポメン時代から仲良くさせてもらっているし(川村)壱馬と同い年ってのも大きいんだけど、少なからずみんなの役に立てていたらいいな」

0を1にするクリエイティブでmade by 岩谷翔吾を発進したい!

「僕はクリエイトすることが大好きなんです。ダンスも然りなんですが、それ以外のことでも0を1にする作業が好きなので、いつか、一人の表現者として、made by 岩谷翔吾の何かを世の中に発信していきたいという思いがあります。実は今、水面下で密かに進めているプロジェクトがあるんです。ちょっとまだタイミング的にここでは発表できないんですけど、2022年のはじめくらいには情報解禁ができると思うので楽しみにしていてください」

目指すは実用マナー検定1級取得! 見かけによらずジェントルマン

「僕って多分、熱血の文武両道だと思うんです。ダンスに気合が入っている一方で、将棋三段だったりとか、実用マナー検定準1級だったりとか。実用マナー検定はないよりあった方がいいかもっていう軽い気持ちで受けたんですけど、ものすごく勉強になったので本当によかったです。こう見えて、フレンチのコース、めちゃめちゃキレイに食べられますからね(笑)。どんなかしこまったデートもどんとこい。落ち着いたら1級まで極めたいなって思います」

Page 4

Itsuki Fujiwara

カットソー¥1900/ビッグタイム パンツ¥17600/ビッグジョン その他/本人私物 ●商品情報はViVi2021年9月号のものです。

藤原樹
1997年10月20日生まれ。福岡県出身。小学校2年生からダンスをはじめ、パフォーマーとしてその実力を発揮。寡黙な猫好き。

複雑な気持ちを抱えながらのデビューでも今はグループに愛しかないです

「実はTHE RAMPAGEのメンバーに選ばれた当初はうれしい気持ちより『サポメンでデビューするんじゃないんだ……』が本音でした。それまでずっと一緒に夢者修行してきたみんなとバラバラになってしまうのが悲しかった。でも、すぐに気持ちを切り替えようと心に決めて前だけを向いてここまでやってきました。今は16人という大所帯だからこその迫力のあるパフォーマンスを届けられるこのグループの一員で良かったと思っています」

自分以外の誰かの人生を生きられる役者の仕事を果敢に突き詰めたい!

「将来的には役者の仕事にも挑戦したいんです。これまで何度か舞台に出させていただいて、演じることの魅力に魅せられてしまったんですよね。自分以外の誰かの人生を役として生きられるってすごいことだし、やりがいしかないなって。普段の僕はどちらかといえば物静かな性格なんですけど、役として求められたら全然違うキャラになれるのも楽しい。もしチャラい役がきたら、ですか? 案外役作りなしで素のまま演じられるかも」

僕がこんなにも猫が好きすぎるのは僕自身も猫みたいなキャラだからかな

「自他共に認めるマイペースな性格で、自分が興味あることにしか労力を使わない、省エネタイプの猫男子が僕。みんなでいるときも興味がある話題だったら前のめりで参加するんですけど、「そうでもないな」ってときは聞き流しちゃったりします。メンバーが家族と同じくらい心を許せてる存在だからこその甘えでもあるんですけど。ちなみに翔平に「一日100文字しか喋らない日がある」って茶化されるんですけど、それは嘘ですからね(笑)」

Page 5