エンタメ

9番街レトロ・京極風斗の連載【0か100かで生きてゆく】#2オリンピックと花火

2021.08.25

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

神保町よしもと漫才劇場を拠点に活動している芸人「9番街レトロ」の京極風斗(きょうごく・かざと)さんは、極端なほどに“0か100か”で生きている。無限の可能性が秘められた「0」が、最も鮮やかに「100」へと爆発するのはどの瞬間なのか。人生で一番の美しい衝撃を手に入れるために、今日も彼はこだわりを貫き通している。いつもの日常をちょっぴり刺激的で、より楽しいものにするための“京極風斗”的な方法とは……?

\ 前回の記事はこちら /

目に余るほどのポジティブ芸人!9番街レトロ・京極風斗の連載【0か100かで生きてゆく】がスタート

9番街レトロ・京極風斗
連載【0か100かで生きてゆく #2】

ー オリンピックと花火 ー

Illustration: Kazato Kyogoku 

邪魔をする「0か100か精神」

皆さんオリンピックは観ましたか?

やはりスポーツは良いですね。魂が震えます。

僕はゆとり教育ドンピシャ世代ですが、「スポーツで順位を決めるのは良くない」みたいな戯言が教育現場を支配しかけた時期、ありましたよね。みんなで一等賞みたいな。

そうじゃないんですよ。

優劣はあって然るべきで、一番凄い奴を「一番凄い」と認め、みんなの想いごとゴールしてもらう。

これがいいじゃないですか。

そうやって背負う想いの数は、努力の分だけどんどん増えて、最後は日の丸を背負い、世界と、今までの自分と戦うんです。

こんなに素敵なことがありますか。

選手の皆様。


沢山の勝利と、沢山の感動をありがとう。

日本人として本当に誇らしいです。

そんなオリンピック。

皆さんは観ましたか?

僕は観てません。

まるで全部観たかの様に書き出して、気付いたらここまで来てしまいました。

これ、悪いのは数分前の僕なんで、今の僕を責めるのは違いますよ。

正直観ようと思えば観れたんですが、「100か精神」が邪魔をしました。

Page 2

例えばテレビドラマとか、いくら1話完結でも途中から観るのは気持ち悪くないですか?

それです。

オリンピック自体楽しみにはしていたのですが、開会式をリアルタイムで観られなくて、「100」が不可能になった瞬間に冷めてしまいました。

そこから能動的に観ることは一度もなかったです。

観たことにして適当に感想を述べることも出来ますが、それこそスポーツマンシップに反する行為だと思いますので、ここでは正直な感想を言います。

大きな事故がなくてよかった。

以上です。

初めての衝撃

こんなテーマで書いておいてなんですが、そもそも僕はスポーツをテレビで観て熱くなるタイプではありません。

冒頭では「魂が震える」なんてご機嫌に綴りましたが、今月はクレジットカードの請求額でしか震えていません。

理由は僕自身の運動神経が終わっている(サッカーでは自分がドリブルしたボールに追いつかないしフォームが少しウザい。野球ではバットにボールが当たらないしフォームが少しウザい)からということもあるのですが、「中途半端に知識を入れたくない」という意識のせいでもあります。

例えば僕はサッカーを生で観戦したことがないのですが、いつかスタジアムに行ってみたいと思っています。

その際、サッカーの知見が薄ければ薄い程、生で観た時の衝撃が大きいと信じています。

 

意味が分からない人の為に、別の意味が分からない例えを出しますね。

 

僕が思うに、一番綺麗な花火は「初めて観た花火」なんです。

「好きな人と観た花火の方が綺麗」とか、「空気の澄んだ場所で観た花火の方が綺麗」とか、そんな例外があることは分かっています。黙って花火を観ててください。

とにかく僕の中で「初めての衝撃」の価値はかなり高く、そしてそれが「0」に拘る理由です。

 

じゃあさっさと観に行けや?

口が悪いですね。サッカーやってました?

僕にとって、「観たいものを観る」という行為にはある種の覚悟が必要です。

「『0』を捨てる」ということですから。

 いざ観戦したサッカーがもし泥試合だったら、僕は「0」の時よりもサッカーが好きじゃなくなります。逆にそれが名勝負なら、「100」までのめり込むかもしれません。

「0」つまり「何も知らない」には無限の可能性があり、僕はその可能性を愛しているのです。

知ってしまうと、それへの熱量が確定してしまいます。

軽い気持ちでやってみて「20」ぐらいしか好きになれなかったら寂しいじゃないですか。

ならいっそ「0」のまま夢想している方がサッカーは美しいじゃないですか。

 

それでも観に行きたくなった時、この「0」が最も鮮やかに爆発する瞬間を、慎重に狙いたいわけです。

 

ダラダラ書きましたが、かなり端的に言うと

「映画を観る前にネタバレされたくない」という意識とほぼ同じです。

さらに言うと

「絶対に面白そうな映画は楽しみにとっておきたい」みたいな感じです。

初めから映画で例えれば良かったですね。花火ってなんですか。

 

ということで、多分次のオリンピックも「0」で置いとくと思います。

カードの支払いも0になれば最高なんですが。

Page 3

連載『9番街レトロ・京極風斗の0か100かで生きてゆく』は第2・4水曜日に更新!

Photo by: Ryo (Kotora)

PROFILE
京極風斗(きょうごく・かざと)
1995年8月9日生まれ。大阪府出身。吉本興業所属のお笑いコンビ。2019年4月1日に9番街レトロを結成。神保町よしもと漫才劇場を拠点に活動中。
コンビのYouTubeチャンネルは毎日更新!
個人チャンネル「京極風斗の道楽ちゃんねる。」ではアートとインテリアを軸に、好きなことを週2(月・木曜)で配信。絵が得意で、自らデザインしたオリジナルグッズをSUZURIで販売している。

#京極風斗
『0か100かで生きてゆく』連載一覧

Photo: Ryo (Kotora) Text & Illustration: Kazato Kyogoku