イケメン

GENERATIONSのメンバーは恋愛してる時どうなる?【数原龍友・中務裕太】

2021.08.21

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

2011年の結成から10年――。年を追うごとに、人気と実力の両方を着実に自分たちのものにしているGENERATIONS。この秋、デビュー10年目に突入する彼らが、たくさんの修行を積み、ときに遠回りをしてたどり着いた、GENEにしか生み出せない音楽とパフォーマンス。先の見えない世の中で、彼らの瞳は、真っ直ぐに未来を見据えている。彼らを深く知ること--。それこそが、私たちが幸福になるための近道なのである。

ViViが魅せたいオトナGENE

パフォーマンスをしているとき以外で、彼らが輝く瞬間。それは愛を語っているときだ。ステージを降りて、一対一の関係になったとき、どんな愛を語るのか。でも、嬉しくも悲しいことに、照れ屋の彼らは、メンバー愛について語るほうがずっと饒舌なのだった。

数原龍友

PROFILE
かずはらりゅうと・1992年12月28日生まれ。GENERATIONSボーカル。音楽一本に情熱を注ぎ、ソロ名義での楽曲をリリースするなど活動の幅を広げている。

ジャケット¥369600、パンツ¥73700/ラルフ ローレン(ラルフ ローレン パープル レーベル) その他/スタイリスト私物 ●商品情報はViVi2021年9月号のものです。

Q.ショート派? ロング派?

A.その方に似合っていればどちらでも。特に好みはないです。

Q.何フェチ?

A.ワキ! はははは! 中学生ぐらいから変わらないです。体操着から覗く女子の綺麗に処理されたワキを見てから、もう女性のワキを見るとドキドキして仕方がないです。

Q.女の子に対して自分はS? M?

A.ド級のSです(笑)。

Q.好きな人と喋るとどうなる?

A.すごく相手を探ってしまいます。

Q.友情と恋愛、どっちを取る?

A.友情(即答)。

\9年を振り返ってのメンバー愛トーク/

お祭り王といえばわたくしでしょう。座右の銘は「生きるか死ぬか、人生お祭り」(今作った)。モテモテ王も僕です。頭が冴えわたるキレキレ王? そんなのいるわけありません。全員煩悩の塊です。お喋り王は今も昔も小森くん、インドア王は肩寄(笑)。勘違い王はナカツカ。自分を地球人だと勘違いしています。天然王と成長王はがんもくん(メンディー)。なにとは言いませんが、伸び率がすごいです。

Page 2

中務裕太

PROFILE
なかつかゆうた・1993年1月7日生まれ。GENERATIONSパフォーマー。自他共に認めるダンススキルで、振り付けやアクロバットなどに積極的に挑戦。メンバーからは宇宙人?との声も。

パンツ・参考商品/ラルフ ローレン(ラルフ ローレン パープル レーベル) シューズ・参考商品/ラルフ ローレン その他/スタイリスト私物 ●商品情報はViVi2021年9月号のものです。

Q.初恋はいつ? どんな子?

A.幼稚園。幼稚園の先生でした。これはすごい覚えてるな!

Q.こういう女の子は嫌だ! を教えて!

A.「だから男って」って言う人。一括りにしないで、と思います。

Q.告白したい? されたい?

A.したいです。

Q.恋人と毎日したいことは?

A.料理にハマっているので、一緒に料理したい。

Q.好きな人に会いたくなるのってどんな時?

A.うーん、疲れてる時? あ、でも常に会いたくなりますけどね。

Q.はりねずみですか?

A.えーーー違います(笑)。

Q.宇宙人ですか?

A.えーーそこは教えられないです。

\9年を振り返ってのメンバー愛トーク/

グルメ王、お祭り王は、今も昔もリュウトくん。ふとした時のハナウタのうまさも際立っています。勘違い王はアランくん。自分がイケメンだと気づいてないです。買い物王はハヤト。いきなり時計や高い服を買います。成長王は僕です。やっと人間らしくなりました(笑)。

合わせて読みたい♡

GENERATIONSディレクションの7人+3匹が魅せる『FAMILY』は永久保存版!

アジアでも歌って踊れる俳優として大人気♡片寄涼太(GENERATIONS)まとめ【年末年始・眼福イケメン】

祝・紅白初出場!愛しの7人組に聞く、GENERATIONSの中で「一番〇〇なのは?」まとめ

Model:GENERATIONS from EXILE TRIBE,Tono,Waka,Rex Photos:Gori Kuramoto(Pygmy Company) Styling:Keisuke Yoshida Hair & Make-up: Tsuyoshi Teramoto(JYUNESU) Text:Yoko Kikuchi Direction:GENERATIONS from EXILE TRIBE Composition:Nozomi Miura