イケメン

GENERATIONSをフィルムカメラで激写!ウラ話も添えてお届け〜♡

2021.08.24

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

2011年の結成から10年――。年を追うごとに、人気と実力の両方を着実に自分たちのものにしているGENERATIONS。この秋、デビュー10年目に突入する彼らが、たくさんの修行を積み、ときに遠回りをしてたどり着いた、GENEにしか生み出せない音楽とパフォーマンス。先の見えない世の中で、彼らの瞳は、真っ直ぐに未来を見据えている。彼らを深く知ること--。それこそが、私たちが幸福になるための近道なのである。

GENE FILM

GENERATIONSディレクション企画、みなさまお楽しみいただけておりますでしょうか? まだまだ見せたい写真たちに撮影のウラ話を添えて……。世界中の誰が聴いても心躍るような、バラエティに富んだ楽曲が収録されている最新アルバム「Up & Down」についても聞いてみました。

撮影のウラ話♡

今回ViViのために写真のコラージュ作品を担当してくれたメンディーさん。撮影当日も、メンバーのことをフィルムカメラで激写! ここだけの話、オトナGENE撮影では、いっちばんの色気王でした……♡

撮影日は隼くんの誕生日直前。ということで、もうViViからのお祝いが何度目かわかりませんが、今回はネーム入りピザでお祝い! 何かあると勘付いた隼くんは、ピザのフタをなかなか開けてくれませんでした(笑)。

Page 2

いま痩せてるから、腹筋の安売りしてます」と見せてくれた亜嵐くん。殿若レックスの目線が欲しい時、率先して犬が気になる音を発してくれて、現場は大盛り上がりでした。

「ライブ前だから食事制限してて、お腹すいたけど、梅干しだけいただきます!」なんてストイックすぎる裕太くん! テーブルいっぱいのハンバーガーを目の前に撮影、ごめんなさい……!(笑)

Page 3

当日はマイボトルを持参していたメンバーが多く、涼太くんに何を飲んでいるか聞いたところ、「隼がいれてくれたコーヒーです! 美味しいんですよね~!」とホッとひと息王子スマイル。

スタジオに一番に到着したのは龍友くん裕太くんと殿若。龍友くんが一瞬スタジオ外に出ると、寂しそうに背中をジッと見つめる若。そんな我が子の姿に思わず笑みがこぼれた龍友くん。家族愛に心温まった瞬間

初めての現場にソワソワするレックスに「落ち着きなさいよ!」と玲於くん。なんて言いつつ、一日かけて殿若レックスの写真を撮ったり、一番触れ合っていたのは玲於くんだったりして……!(小声)

Page 4

ニューアルバム「Up & Down」が7月14日にリリース!
みんなの推し曲は?

涼太 シングル曲の「ヒラヒラ」をリリースした時、僕と龍友くんの間で「こういう曲にしたい」というイメージが一致して、「You & I」も、「このタイミングだからこういう曲がいいよね〜」と話し合って。そうやって生まれた曲が集まったアルバムです。6枚目にして、僕らのやりたいことが一番濃く出ている。新作になればなるほど、僕らが届けたい思いが具体的に形になっていると思います。

裕太 ボクの推し曲は、リード曲の「Make Me Better」。振り付けをやらせてもらったので、いつも以上に愛着が湧きました。コロナ禍でも、同じ振り付けで踊ることでファンの皆さんと繋がれるかなと思ったので、みんなが踊れるような動きも入れてみたり。ちょっとファンクっぽい曲調も好み。ドライブの時とかに聴きたい曲です!

メンディー 僕は「Love is?」。最初に、「LIVE×ONLINE」でラップをさせてもらって、メンバーも褒めてくれて、たしか玲於が、「今回この楽曲に落とし込んだら?」って言ってくれて……。

玲於 たしかじゃなくて、全部自分ですよ! ラップのトラックのリファレンス(参考にした素材)も全部!(ドヤ顔)

メンディー (笑)。リリックは、大阪でイベントがあったときに書いたんですけど、今の世の中へのメッセージになっています。

亜嵐 僕も、「Love is?」。アルバムの話をする中で、締めになる曲が欲しいねってなって、作曲をさせてもらいました。EXILEでいう「Love, Dream & Happiness」みたいな、ライヴの後半で、みんなが心を一つにできるような曲をイメージして。ドラマ「泣くな研修医」の撮影中に作曲をして、忙しく考えることが多かった時期に書いたこともあり、思い入れもあります。GENEとしてのメッセージを込めた曲です。

玲於 「Feel Alright」ですかね。日本語の曲のトップラインというよりも、洋楽のトップラインのイメージ。とにかく楽曲のクオリティの高いものを探していて、自分の趣味に近い曲がきたので、みんなで歌詞の方向性を話し合って、コンセプトをまとめて提出したほど、制作に関わった曲です。作詞も自分の友達に頼んで。スタジオに一緒に入って案を出して、セッションしながら3パターンぐらい作ったのかな。リリックも今までにない感じ。なるべくリリシズム(抒情性)を深くしました。メンディーくんのパートはメンディーくんが書いています。

 僕は「HELLO! HALO!(feat.DANCEARTH)」。「Eダンスアカデミー シーズン9」のテーマソングで、GENEメンバーだけでなく、ÜSAさんやTETSUYAさんとの思い出も詰まっています。今の僕にとっての財産って、縁だったり出会いだったりするんですけど、この曲も、人との縁について歌っている部分があって、それが自分の大事にしているものとリンクした。あとは、自分が関係している番組の曲を、GENEというホームに持って帰ることもできて。アルバムの中に入っているのは感慨深いです。

涼太 僕はボーカル曲で「Beautiful Sunset」。今までボーカル曲ってバラードが多かったんですが、バラードといってもこれは少し違う、チルな感じのアプローチで、今っぽい落ち着いた感じの曲です。歌詞を書いてくれた龍友くんと僕の間でも、ピタッと意見がハマる感じがあって。

龍友 僕も「Beautiful Sunset」。今、いろんなことで疲れている人を癒やせるような一曲になればと思っていたのと、アルバムに、サンセットタイムに合う曲が欲しいねって、涼太と意見が一致して。僕はよく海に行くんですけど、海岸で見かけた幸せそうなカップルにインスピレーションを得て作りました。海、サーフィン、夕焼け、個人的にすごく好きなアコースティックサーフミュージック。そういう自分の好きなことを融合させながら……。音楽のバリエーション、広がりを見せていて、GENEらしさが爆発しているアルバムです。ぜひ楽しんでください!

INFORMATION
『Up & Down』 最新アルバム「Up & Down」は、ダンス・ヴォーカルグループの枠を超え、世界中の誰が聴いても心躍るような、バラエティに富んだ楽曲が収録されている。これまでに培ったスキルを結集し、今だから伝えたいメッセージを込めた意欲作であり自信作。
合わせて読みたい♡

GENERATIONSディレクションの7人+3匹が魅せる『FAMILY』は永久保存版!

アジアでも歌って踊れる俳優として大人気♡片寄涼太(GENERATIONS)まとめ【年末年始・眼福イケメン】

祝・紅白初出場!愛しの7人組に聞く、GENERATIONSの中で「一番〇〇なのは?」まとめ

Model:GENERATIONS from EXILE TRIBE,Tono,Waka,Rex Photos:Gori Kuramoto(Pygmy Company) Styling:Keisuke Yoshida Hair & Make-up: Tsuyoshi Teramoto(JYUNESU) Text:Yoko Kikuchi Direction:GENERATIONS from EXILE TRIBE Composition:Nozomi Miura