レンアイ

Z世代の半数以上が性経験なし!?リアルSEX&恋愛事情を大調査♡

2021.09.14

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

「初体験は何歳のとき?」「オナニーしたことある?」「性的同意って知ってる?」などなど本当は知りたい性の悩みや恋愛のモヤモヤについて18~24歳のZ世代にリアルSEX・恋愛事情を大調査しちゃいました! 今回は、Z世代の方々に提案すべく、アンケート調査や座談会によるインタビューを実施し、さらに悩み解消のための手掛かりを専門家に教えてもらいました♡(TENGA調べ)

18~24歳に聞いた!
Z世代の性意識

2018年頃から、YouTubeなど様々な場所から、避妊や性的同意といった話題も含め、「性教育」に関する報道量が一気に増加! 中高生~20歳前後までに、このような情報環境にあった現在18〜24歳の人が、いったいどういった恋愛や性意識を持っているのかを探りました!

Q.  初体験は何歳でしたか?

男性の57.6%、女性の54.8%と「性交渉の経験がない」と回答し、男女ともに半数以上が、SEX経験なしということが判明!

Q.  初めてマスターベーションをしたのは何歳でしたか?

男性の25.2%、女性の58.6%が「マスターベーションの経験がない」と回答。男性の4人に1人、女性の半数以上がマスターベーションの経験なしという結果に。

Page 2

Q.  高校生までに性教育でもっと取り上げた方が良いと思うトピックは?

高校生までの性教育でもっと取り上げた方が良いと思うトピックスとして、「性的同意」を男性の35.2%、女性の41.9%が挙げ、男女ともに高い傾向。

Q.  「性的同意」について知っていますか?

実際に「性的同意を性教育で教わった」と答えた人は、男性14.8%、女性9.5%だが、理解度は男女ともに6割を超えています!

性的同意」とは

性的行為に対する同意(=YES)のこと。2人以上で性的な行為をする際には、お互いがその行為を積極的にしたいと望んでいるかどうかを確認し合う(性的同意をとる)ことが必要。性的行為はセックスだけでなく、手をつなぐ、ハグをするなど相手の体に触れることや、性的な話やプライベートな話題について話すことも含まれる。
参考:「ちゃんととれてる?性的同意」(TENGAヘルスケアが運営する、中高生向け性教育サイト『セイシル』)より https://seicil.com/howto13

Page 3

男子の恋愛事情が知りたい!
Z世代男子のリアルなお悩み相談室

今回のアンケート調査を通じて浮かび上がってきたZ世代の恋愛・性の悩みTOP3は「好きな人にどうアプローチしていいか分からない」「モテない」「パートナー(彼氏・彼女)ができたことがない」でした。

その解決のヒントを探るために、もっと彼らの声を深掘りしたい!ってことで、Z世代男性6名に集まってもらいウェブ座談会を実施。恋バナ収集ユニット「桃山商事」代表の清田隆之さんに、悩みを聞いてもらいました。

PROFILE
恋バナ収集ユニット「桃山商事」代表 清田隆之さん 文筆業、恋バナ収集ユニット「桃山商事」代表。これまで1200人以上の恋バナを聞き集め、「恋愛とジェンダー」をテーマにコラムやラジオなどで発信している。朝日新聞beの人生相談「悩みのるつぼ」では回答者を務める。桃山商事としての著書に『生き抜くための恋愛相談』『モテとか愛され以外の恋愛のすべて』(ともにイースト・プレス)、単著に『よかれと思ってやったのに──男たちの「失敗学」入門』(晶文社)『さよなら、俺たち』(スタンド・ブックス)など

【お悩み 1】
コロナ禍で出会いがなさすぎる

大学の授業がほぼオンラインになってしまい、キャンパスに行くこともほとんどありません。クラスメイトとも会う機会すらなく、出会いがまったくありません。どうしたらいいでしょうか。(18歳・大学生)

A. 新規の出会いを狙わず旧交を温めるところから

これは本当にもう、突然やってきたコロナのせいで生まれた、現代の恋愛の悩みの代表格ですよね。人に会うか会わないか、それ自体が感染予防という命の問題と直結してしまうので。

アプリや出会いのツールもあり積極的に活用している人もいますが、いきなり知らない人とオンラインで会話するのも、それを恋愛関係まで発展させるのも、なかなかしんどいと思います。でもそんな中でも、学生さんや20代で、最近恋人ができたという話もときどき聞きます。

そういう人たちにはひとつ共通点があって、それは「旧交を温めた結果の恋愛成就である」ということです。まったく未知の人に会うより、もともとの知り合いや、新しく出会うにしても人づてに出会うほうが、心理的安心感がありますよね。

コロナで全然会えないよね、というのも、見方を変えればみんなで話せる共通の話題になりえます。小中学校の同級生などかつての人間関係を改めて掘り起こしてみてはどうでしょうか。

【お悩み 2】
性的欲求がほとんどなく、周りと違うようで不安になる

性的欲求がまったくないわけではないのですが、好きな女の子とは一緒にいるだけで満足してしまい、半年何もせずにいたらフラれてしまいました。ふだん自慰行為もしません。そのくせなぜかTENGAのTwitterアカウントはフォローしているのですが……(笑)。このままでいいのでしょうか。(18歳・大学生)

A. 自分だけで悩まず相手と共有することが大事

性的欲求があまりないということ自体はちっともおかしくありません。でもパートナーとの間ですれ違いが生じているとしたら、それは互いにとって悩みごとになりますよね。

以前、僕のところにED(勃起不全)の人が相談に来たことがあります。彼はそのことをパートナーに話せずにいたのですが、さまざまな葛藤を経てついにパートナーに話すことにしました。すると「そうだったんだ、言ってくれてありがとう」と受け入れてくれた人もいて。それがすごく安心感につながって、その後はまったく勃たないことはなくなったそうです。

あとになってみれば、「普通なら誰でもしたいと思うはずの性行為ができない自分」というイメージに囚われて、それがプレッシャーになっていた部分もあると言っていました。「思い切って打ち明けちゃえば相手もわかってくれるよ!」みたいな気楽な話ではないですし、性に関してパートナーと話し合うことは勇気のいることだと思います。

でも、自分、そして相手の状況や希望を互いに共有して、その先の解決策をふたりでつくっていくことが大切です。少しずつでもコミュニケーションを進めることができるといいですね。

【お悩み 3】
オンラインゲームで出会った相手との関係を進展させたい

オンラインゲームで知り合った子が気になっています。彼女に興味を持ってもらうにはどうしたらいいでしょうか。(23歳・会社員)

A. 自分と相手との間に人や話題を置いて三角の関係をつくる

この座談会もそうですが、たとえ会ったことのない人、顔の見えない相手でも、悩みを共有したり趣味の話を深くしたりすることを通じて、親密さを得られる瞬間はあると思います。でも、いきなり一対一で話すなり会うなりして恋愛の可能性を探るのはけっこうハードルが高いですね。

そんなときに僕がおすすめするのは、自分と相手とのあいだに、誰か共通の友人や、映画や趣味などものごとをおいて三角の関係をつくること。「僕ってこうなんです」と自分のことを直接話すよりも、好きなマンガや映画、ゲームについてお互いの考えを語り、聞いているとその人らしさがにじみ出てきて、いい温度感で関係構築ができるかもしれない。

その先、どのタイミングとはっきりは言えませんが、自分自身の思い、相手自身の思いを交わす瞬間が訪れることがあると思います。そのときには互いが向き合う関係になる。その繰り返しが、二人の関係性を深めていくことになるのではないでしょうか。

実はみんな性や恋愛にモヤモヤを抱えてる! 一人で悩まずに、パートナーや友達に共有していけば解決できることがいっぱいあるかも。

出典:月刊TENGA 第39号
https://www.tenga.co.jp/topics/category/g-tenga/

Page 4