ファッション

メンズブランドにも気になるアイテムがいっぱい!おしゃれ女子の最前線コーデ5選

2021.09.09

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

ジェンダーレスにおしゃれを楽しむのが当たり前になってきた今日この頃。メンズブランドにも気になるアイテムがいっぱい! ということで、ViViのイケメンページのスタイリングも多数手がけるスタイリスト田中香菜さんも推す、女友達にもおしゃれメンズにも「おっ」と思われるブランドたちを紹介!

香港の注目スケートブランド!

VICTORIAのロゴT

香港の伝統的な要素を最新のスタイルに再解釈しているヴィクトリア。アジア全体を一つにつなぐべく、イベントや展示、スケートツアーも開催中。ユニークで遊び心あるプリントに注目!

Tシャツ¥4624/VICTORIA 中に着たシアートップス¥5500/Charles Chaton ラフォーレ原宿(Charles Chaton) ジャンプスーツ¥9999/H&M カスタマーサービス(H&M) バッグ¥7990/EMODAルミネエスト新宿店 ブーツ¥26400/VFジャパン(ティンバーランド) ●商品情報はViVi2021年10月号のものです。

背中にも大きなキングのロゴプリント入り。

ニュートラルなデザインで着やすい

Allege.のポロカーデ&レザーパンツ

さらりと日常に溶け込みながら、計算されたデザインが魅力のアレッジ。特にニットアイテムは毎季人気で、シンプルながらも洗練されたクリーンなデザインが目立つ。

ニットトップス¥26400、レザーパンツ¥39600/COLORS(アレッジ) キャップ¥5940/Carhartt WIP Store Tokyo(Carhartt WIP) スニーカー¥30800/ニューバランス ジャパンお客様相談室(ニューバランス) ●商品情報はViVi2021年10月号のものです。

衿付きデザインが今季らしい。レザーパンツとの相性も抜群。

Page 2

ゴリゴリなロゴものをGETしたいなら

Car Serviceのブルゾン

カーカルチャーとファッションの融合を掲げ、その名の通り車を取り巻くさまざまな文化からインスピレーションを受けたアイテムを発表。ヒップホップ感満載なロゴが盛り沢山。

ドライバーズニット¥58100、中に着たロンT¥8600/カーサービス ショーパン¥7590/ACLENT イヤリング¥1870/Grandedge渋谷109店 ソックス¥660/サンタモニカ 渋谷店 シューズ¥25300/クラークスジャパン(クラークス オリジナルズ) ●商品情報はViVi2021年10月号のものです。

胸元のロゴが全体のアクセントに。

今欲しい、メンズブランドのフーディパジャマシャツ

【左】フーディー¥14300/Diaspora Skateboards キャミワンピ¥5990/ザラ カスタマーサービス(ザラ) ソックス¥1760/17℃ by Blondoll 横浜ジョイナス店(17℃) ローファー¥24200/ドクターマーチン・エアウエア ジャパン(Dr.Martens) 【右】シャツ(パンツとセット)¥27830/BoTT 短丈キャミ¥3850、ショーパン¥6490/ACLENT 2連ネックレス¥2090、リング(右手中指)¥2090/GOLDYリング(左手人差し指)¥13200/Bijou R.I ショートブーツ¥26400/VFジャパン(ティンバーランド) ●商品情報はViVi2021年10月号のものです。

【左】イケてるスケーターたちがみーんな着てる
Diaspora Skateboardsのフーディ

東京を拠点に活動するスケートボードレーベル兼、ビデオプロダクションのディアスポラスケートボーズ。ファッションラインでは、ストリート最前線のデザインが揃う。

【右】Tokyoストリートのマストバイ!
BoTTのパジャマシャツ

元『LOOPY HOTEL』のデザイナーTEITO氏が2019年からスタートさせたのがボット。すでにストリートファッションに敏感なメンズたちの間では人気で、即ソールドアウトになるアイテムも多数。

合わせて読みたい♡

今マーチン買うならローファーが正解!NEXT一軍お履物コーデ全部見せます♡

この秋も、シャツが絶対トレンド!定番羽織りを今っぽく魅せる新作5選

インパクト大なトップスが派手カワ♡個性を味方にできる“買い”なアイテム!

Photo: ISAC(SIGNO/model) Hair & Make-up: Miri Sawaki Styling: Kana Tanaka Styling Assistant: Saya Nakaoka Models: Seika Furuhata, miu(ViVi exclusive) Text: Yumiko Ito