エンタメ

スケートボードの初代チャンピオン!素顔はGENERATIONSが好きな17歳の女子高生。File.1西村碧莉【トーキョーアスリートガール】

2019.04.27

8歳からスケートボードを始めたという西村碧莉(あおり)さん(木下グループ所属)は、わずか2年で全日本スケートボード選手権レディース部門・優勝。その後も着々と技を磨き、なんと今年、2020年東京五輪で実施されるスケートボードのストリート種目の世界選手権で、初代チャンピオンに君臨し、注目を集めています。

スケートボード界ではチャンピオンだけど、素顔は17歳の女のコ。休日はどんなことをしているの? 好きなアーティストは? 競技場では見られない一面を紐解くべく、25の質問をぶつけてみました。

Q. スケートボードを始めたきっかけは?

お父さんがきっかけをくれて、小学校2年生の頃に姉と同時に始めました。最初は遊び程度でしたが、幼馴染の子がスケートボードのスクールに誘ってくれて、きちんとした滑り方やジャンプを教えてもらったらすごく楽しくて。そこからスクールに通い始めたんです。

もちろん最初は全然できなくて、へっぴり腰で転びながら練習していたけど、幼いながらも怖いというより楽しい気持ちが上回ったので、すっかりハマってしまいました。小学校高学年になるにつれてコンテストを視野にいれるようになり、技の練習を始めたりして、今に至るって感じですね。

Q. スケートボードで好きな技を教えてください!

よくコンテストで出すのが、ハンドレールって言う手すりを使用したワザ。最初はお父さんに手を支えてもらって滑ったり、ベッドのマットレスを下に置いて手すりとマットレスの間に入る練習をしたり。

最近は女子でやる方も増えていますが、自分が練習していた頃は女の子はやってなかったので珍しがられましたね。今でも全然マスターはしてないんですけど、それなりの形になるまで1年はかかりました。

Q. ぶっちゃけ、アクロバティックな技は怖くないですか?

常に怖いです。今でも恐怖はなくならない。恐怖がなくなることは一生ないですね。でも新しい技以外は、今までずっとやってきていて自分ができるってことは分かっているので自分を信じて挑戦できるんです。

新しい技ってなるとやっぱり転んだらどうしようって考えちゃいますね。最悪の事態を考えたりとか。怖くて、30分、1時間、練習に入れないこともあって、親に怒られたりもしました。そんなときは、友達がアドバイスをくれたり背中を押してくれたりするんで、1回だけすごく勇気を振り絞って挑戦する感じですね。

Q. 好きな教科を教えてください。

音楽です。

Q. 好きな曲は何ですか?

GENERATIONS from EXILE TRIBEの『AGEHA』っていう曲が好きです。“自分の手で限界壊せばいい”っていう歌詞があるんですが、以前GENERATIONSさんにお会いしたときに小森隼さんから同じセリフを掛けてもらったことがあって、大切な曲になりました。

Q. 休日は何をしていますか?

友達と遊びに行ったり、お姉ちゃんと買い物に行ったりしています。ファッションは好きで、普段からボーイッシュな格好をしてることが多いです。特にパンツはよく買っちゃいますね。

Page 2

Q. 普段のファッションは?

その日の気分によってスキニーパンツにTシャツとか、カーゴパンツにTシャツとか。毎日バラバラです。

Q. 次はどんなヘアスタイルを予定している?

イメージづけたいので色はもうずっとこのままで、髪形は自由にしたい。今はまだわからないですが、今後すごいショートになるかもしれないし、ロングになるかもしれない。インナーカラーで遊ぶのは好きです。

Q. 友達とは何をして遊ぶ?

カラオケに行ったりしています。GENERATIONSも歌うし、back numberだったり、いろいろ歌いますね。声が低いんで、女性アーティストはあまり歌わないです。

Q. 好きな言葉を教えてください。

“Just Have Fun”です。スケートボードはスポーツというよりも、楽しむことが大事な“遊び”っていう感じだと思っていて。そういう意味も含めてこの言葉が好きです。

Q. ストレスの解消法は?

今探し中です。カラオケもストレス発散ではなくて。はやく見つけたいですね。

Q. 音楽聴きながら練習する?

GENERATIONSの曲や洋楽を聴きながら練習することが多いです。自分のモチベーションアップのために聴いています。

Q. 練習で訪れるアメリカでの楽しみは?

スケートパークで滑れることですね。アメリカの方がパークの数も多いし、練習しやすいパークがたくさんあるから楽しい!

Q. 遠征に必ず持っていくものは?

誕生日プレゼントに従兄弟からもらったライオンのぬいぐるみは必ず持っていきます。いつも何個かぬいぐるみを抱えながら寝るので、飛行機やホテルでぬいぐるみがあると落ち着くんです。

Q. 試合前に必ずすることは?

試合前は緊張して何も食べられないし、音楽も聞かない。ひたすら何も考えないようにして、自分の番がくるまでは親や友達と話して緊張を紛らわせています。

Q. 憧れの選手はいる?

海外で活躍するプロスケーターのJAMIE FOY。手すりを使った技が得意で安定感もあるしスタイリッシュで好き。Instagramは毎回チェックしますし、コンテストでたまに会えるとすごく嬉しいです。

Q. ピアスの数は?

2個開いています。

Page 3

Q. 兄弟は仲良し?

基本は仲がいいですけど、すぐ上の3歳違いのお姉ちゃんとは毎日のように喧嘩しています。海外遠征になると同じ部屋がちょっと嫌だなって(笑)。

Q. 好きな食べ物は?

唐揚げです。母が作る唐揚げが好きで、海外に行くときはそのレシピをもらって、一緒に行く一番上のお姉ちゃんに作ってもらう予定です。

Q. スケートボード以外のスポーツはする?

体育でやるぐらいですね。他の競技をやりたくなったこともないです。運動神経がいいかはわからないけど、小学生の頃は、かけっこが速かったです。

Q. 1日どれくらい練習する?

5、6時間はします。午後からするなら夜7時くらいまでとか。

Q. Netflixは何を見てる?

海外ドラマの『GRIMM』を今は見ています。

Q. 31アイスクリームでは何のフレーバーが好き?

ポッピングシャワーかフルーツ系のアイスが好きです。

Q. この夏したいことは?

コンテストで行く海外はなかなかリラックスできないので、完全OFFで行きたいですね。ヨーロッパに行きたいです。

Q. 最後に、あなたにとってスケートボードとは?

命がけで遊ぶおもちゃです。

AORI’S PHOTO

「どこへ行くにも一緒なライオンのぬいぐるみ。これがあったら落ち着きます」

撮影/大辻隆広(go relax E more) ヘアメイク/榊ひかる(Lila) スタイリング/小林希 取材・文/池城仁来