ビューティ

女度67%!秋はレッドブラウンメイクで女っぷりを高めて♡

2018.09.14

甘派の人におすすめの2018年秋メイクを大人気ヘアメイク・吉﨑沙世子さんが伝授!! ベースや色の選び方まで全プロセスを徹底解説しちゃいます♡

ーBASEー

ファンデはナシ。コンシーラーとツヤっぽ下地でとにかく軽く​

【A】肌の黄みを補整しクリアな肌に。ラトゥー エクラ ファンデーション プライマー N 01 30ml SPF20/PA++ ¥4000/ポール & ジョー ボーテ 【B】くすみを払うピーチ系の2色のコンシーラー。ダブル ウェア カスタム カバレッジ コレクティング デュオ 02 ¥4000/エスティ ローダー

1.【A】を顔の中心から外側へ向かって、薄く広げていく。ふんわりパールをのせるような気持ちでやってみて。
2.【B】のコンシーラーの上側の色を使い、クリアな肌色に整える。
3.くすみや色ムラが気になる小鼻、口のまわりにも直接のせ、指でのばす。ファンデなしでも十分キレイな透明感たっぷりの肌に。

POINT
「レッドブラウンが映えるようにベースで徹底的に無垢な透明感を引き出しておくのが大切」吉﨑沙世子さん

Page 2

ーEYE BROWー

太めにまっすぐ。でもパウダーで柔らかく

【A】名品中の名品。立体感のあるおしゃ眉に必須。ケイト デザイニングアイブロウ3D EX-4 ¥1100(編集部調べ)/カネボウ化粧品 【B】肌色から浮かない赤系の眉に。 ファッションブロウ カラードラマ マスカラ レッドブラウン ¥1000/メイベリン ニューヨーク

4.【A】の【a】と【b】をブラシに混ぜてとり、眉頭から描く。まっすぐ眉に見せるには、眉頭の上側にきちんと色を足すのが大事。
5.眉頭から眉山へカーブをつけず描く。眉尻は自然に下げる。
6.最後に【B】を全体にさらっとつけたあと、眉頭のみ毛を立たせるように上へ向かって重ねづけ。

POINT
「太めのまっすぐ眉で意志を感じさせつつも、パウダーで描いて女性らしい柔らかさも」吉﨑沙世子さん

Page 3

ーEYEー

シャドウ&ラインはピンクっぽカラーに統一して甘く女らしく

【A】ひと塗りで見たまま発色。つやもきらめきも秀逸な大人っぽピンクがSUQQUの新色の本命。グロウ タッチ アイズ 05 ¥3700/SUQQU 【B】イガリさんならではの遊び心弾けるキラキラ入りピンクライナー。フーミー マルチライナー deeper ¥1500/Clue(9/22発売) 【C】優しい印象のボリュームまつげに。お湯オフOK。デジャヴュ ラッシュノックアウト エクストラボリュームa モカブラウン ¥1500/イミュ(9/7発売)

7.【A】を指にとり、上まぶたに広めになじませる。
8.下まぶたにも同じ色を。インラインを埋めつつ、太めのラインを描くつもりでブラシのせ。【A】は肌にすぐFIXするから塗りやすいよ!
9.上まぶたの際、目頭から目尻まで【B】で太めのラインを描く。シャドウと同化しつつ、いい立体感が生まれるよ。
10.【C】マスカラは下まつ毛だけに3度塗りし、顔の重心を下に下げる。

POINT
「シャドウとラインを似た色で合わせるのがコツ。黒や茶のラインで締めないで!」吉﨑沙世子さん

Page 4

ーHIGH LIGHTー

つやっつやで豪華なきらめきを

レフ板のように輝きまくるシャンパンベージュのハイライト。パールグロウハイライト 01 ¥600/セザンヌ化粧品(9/13発売)

11.ハイライトをブラシにとり目の下の逆三角ゾーンに。ここに光が集まると顔が一気に明るくなる。

POINT
「透明感やつや感を高めるためにもハイライトは大切。ベージュ系が◎です」吉﨑沙世子さん

Page 5

ーCHEEKー

血色チークをほわんと下めにのせてじゅわ〜っと見せる