ビューティ

内田理央が選び抜いた韓国コスメはこれ♡肌を変えた美容法は?

2021.11.06

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

お肌の悩みって、人それぞれ。だからこそ、いろんな時期を乗り越えながら美しさをキープし続けている先輩たちに、リアルなオススメの美容法やトラブル解決法を突撃取材! 美肌の知恵、詰まってます♡

化粧品をみみっちく使うと効果を発揮できないよ!

最近たるみを感じて、まさに“お肌の曲がり角”を経験中の内田です。ViVi世代の頃の私は口コミで良いと聞いたものをやっと1個買って、勿体ないからってみみっちく使っていて。結果的に効果が発揮できずに、今より肌が乾燥してました(涙)。22歳頃にそれに気づいてたっぷり使うようになったら、肌が安定するように! みなさん、自分に合うものを適量使うって大事ですよ!!

Page 2

Q1.今イチオシのスキンケアアイテムは?

.Qoo10のクチコミ、めちゃ見ます

韓国コスメは、安くていいものがいっぱいあるからついチェックしちゃう! この2つは既に大人気だけど、実際に使ったら良くて最近のお気に入り♡

【左】「朝のふき取りケアで使う化粧水。ニキビがすぐ小さくなって驚き!!」。サムバイミーAHA.BHA.PHA 30デイズミラクルトナー、【右】「毛穴が目立たなくなる気がして、絶賛リピート中」。クレアス フレッシュリージュースド ビタミンドロップ 35ml/本人私物 ●商品情報はViVi2021年12月号のものです。

Q2.スペシャルな日は何を使う?

A.透明感UPなもの

大事な撮影の前の日は、クレ・ド・ポーのスキンケアラインにチェンジ。アビブのクリームタイプのマスクとW使いで、透明感が爆上がりするんです。

「潤いと鎮静効果も」。クリームコーティングマスク トーンアップソリューション 5枚入り ¥3000/アビブ ●商品情報はViVi2021年12月号のものです。

Q3.このコスメで変わった!という経験は?

A.寝る前保湿の仕上げはコレ

クリームを塗ると前髪がペタッと張り付くのが苦手で、見つけたのがコレ! 寝ている間も美白ケアが出来る上に、肌はサラすべ。

洗顔料でオフが可能。資生堂スノービューティー ホワイトニング スキンケアパウダーP (医薬部外品)/本人私物 ●商品情報はViVi2021年12月号のものです。

Page 3

Q4.スキンケア格言をどうぞ

A.飽きるのが敵!

ズボラな性分だし、ケアというかモノ自体に飽きちゃう。だから、なるべく新しいアイテムを選んで、楽しくて自分がときめく肌ケアを♡

【A】「今の基本ケアチームは、ワフィトのオイルと化粧水をお試し中」。レジェナフェイシャルオイル 30ml ¥8800、【B】同バランシングトナー 145ml ¥5500/ワフィト 【C】「肌が荒れたり敏感に傾いた時は、このチームの出番」。ソフィスタンス アドバンスト 120ml ¥9900、【D】同ユナイト 50g ¥8800/ソフィスタンス ●商品情報はViVi2021年12月号のものです。

Q5.これから試したいケアは?

A.毛穴レーザー、ピーリング

クリニック系の施術って今まで全くしてこなかったんですけど、最近マスク生活のせいか毛穴が気になるように。早く始めればよかったな。

Q6.ViVi読者世代のみんなに言いたいことは?

A.クレンジングをあなどるな~!

若い時って、自分の肌は無敵だと思って余裕こいてたんですよね。がっつり囲み目メイクとかしてたのにちゃんと落としてなくて、目周りとかの色素沈着が未だに残っちゃって……。これはものすごく後悔してますっ!!

ニットカーディガン¥10890、ニットキャミソール¥7700/ROSE BUD ルミネエスト新宿店(DREAM COLOR DEPOT) パールイヤーカフ(右耳)¥1210/サンポークリエイト(アネモネ) イヤーカフ2 点セット(左耳)¥1870/GOLDY パールリング¥330/パリスキッズ原宿店 ●商品情報はViVi2021年12月号のものです。

PROFILE
内田理央(うちだりお)
1991年9月27日生まれ、東京都出身。女優やモデルとして各方面から引っ張りだこ。写真集『PEACH GIRL』も話題。

合わせて読みたい♡

前田敦子が美肌の知恵教えます♡今すぐやるべき&やめるべきスキンケアとは?

マギーの秋美容はイイ香りがポイント♡深呼吸しまくりたくなるアイテムとは?

乾燥する前にケアして!肌トラブル回避&潤いを貯めておける美容液まとめ

ストレスなく美ボディへ!星夏が毎日やってるナチュラルボディのつくり方♡

Photo:Yuzo Touge,Makoto Muto(still) Hair &Make-up:Aiko Tokashiki(Rio) Styling:Rino Nakamura Text:Kazuko Moriyama