イケメン

オトコらしさしかない磯村勇斗♡思わず“フェロモン”を感じる瞬間とはズバリ…!?

2021.11.07

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

磯村くんが出演する劇場版『きのう何食べた?』は多様な愛のカタチを見せてくれる作品。今回は、そんな映画の内容にひっかけて「愛」やら「恋」やらについて語ってもらいつつ、眼福がすぎるスペシャルシューティング(♡)も敢行。やっぱり気になる「恋愛観」についてのお話。悩殺級に甘い笑顔を持つ磯村くんの中身は……実はとーってもオトコっぽいものでした♡

相手が喜んでくれたら、それが最高。

――恋バナ、たっぷり聞かせていただきます!(笑) ズバリ、磯村くんの理想の恋愛とは?

お互いが思っていることを、溜め込まずに言い合える方と一緒にいたいですよね。イヤな部分もごまかさないで、相手にきちんと伝えられるような。ストレスをなるべく溜めない、風通しのいい関係性が理想です。

――素直でストレートな人なんですね♡

友達に対してもそうなんですよ。ダメなところに対しては、“こうした方がいいんじゃない?”って。自分の思いやアイディアを伝えたいんですよね。その人ともっとイイ関係性を築くうえで、自分にできることは何でもしたいというか。

――じゃあ、ジルベールのような嫉妬ゴコロは……

まったくないんですよね。女性に対しても仕事に対しても、嫉妬することはないです。女の子には寂しいって思われちゃうかもしれないですけど(笑)。

――それは昔から?

昔はもちろんありましたよ。芸能界にデビューする前は、同い年くらいの若い俳優さんたちがドラマで活躍している姿に凄くジェラシーを感じていましたし。でも、朝ドラやいろいろな現場を経験して、たくさんの人に出会う中で、“嫉妬心は邪魔なだけ”という結論に達しました。仕事もそうですし、恋人との関係性もそう。すべて“一緒に作り上げていくもの”だと思うから。

―――いい話すぎです(涙)。ちなみに、劇場版『何食べ』の登場人物だと、誰の恋愛観に一番近い?

嫉妬が少ないという点で見るとシロさんかなあ。ケンジのためにさりげなく気をつかえる感じがカッコいいと思うし、自分もそうでありたいなあと思いますけどね。

Page 2

――気をつかうタイプなんですか?

つかっちゃいますね。相手が喜ぶことをしてあげたいという思いが根底にあるからなんですけどね。

――優しさゆえの……♡ では恋人がいる前提で質問しますね。コロナ渦の今、大事な人には何をしてあげたい?

普通の日常をとびきり楽しいものに。特に記念日ではない普通の夕飯に、相手の好きなおかずをたんまり出す、とか(笑)。シロさんじゃないですけど、ゴハンでご機嫌を取るという方法には大賛成。すごく平和で素敵だなあと思いますね。

――デートするならどこへ?

ドライブ、美術館、動物園、キャンプ、一緒に沖縄も行きたい。今はこういうご時世だから、やっぱり外に出かけたい。妄想は無限に出てきちゃうんですよ(笑)。

――いいなー、キャンプデート♡

実はまだキャンプは経験ないんです。でも始めたいなと思っていて。プロフェッショナルな方々からアドバイスをいただいて、ちょっとずつ道具を集めているところなんですよ。まずはソロキャンプで実力をつけてから、いずれは恋人とも一緒に。

Page 3

――次は、少し具体的な話もお聞きしたいです。たとえば、つい目がいってしまう女性のパーツとか。

夏だと、肩から二の腕にかけてのラインを見てしまうかもしれないです。あのなめらかさは女性にしかないものなので。あと、目は必ず見ますね。瞳の“宿り”と言いますか、一番性格が出る場所だと思っていて。

――好きな女性の仕草はありますか?

んー、仕草か……仕草……(急にすごく悩む)。

――たとえばドキッとする瞬間とか……?

いや、やっぱり男子としてはね、ドキッとするという話になると、どうしてもエロティシズム方面に意識がいっちゃって。だから出てこないんですよね。女性誌で話すべき“ドキッとするキレイな仕草”みたいな答えが(笑)。

――(笑)!

可愛いこと言っていられないっていうのが本音です。

――つまりは“フェロモン”を感じた時、本当の恋にも発展しやすいということ?

まあそうですね。僕はそういうタイプかもしれないです。具体的に好きな仕草や動きがあるわけじゃないんですよ。その人なりの色気と言いますか、魅惑的な瞬間を見せていただけたら、嬉しくなっちゃうかなあ(笑)。

――では最後にコレだけ聞かせてください。どんな格好をしていたら、磯村くんのドキッを誘いやすいんでしょうか。

二の腕好きとしては、やっぱりキャミソール。夏は好きな季節です(笑)。

Page 4

カーディガン ¥44000/ラッドミュージシャン原宿(LAD MUSICIAN) パンツ¥25300/ヘムトPR(saby) その他/スタイリスト私物 ●商品情報はViVi2021年12月号のものです。

PROFILE
磯村勇斗(いそむらはやと)
1992年9月11日生まれ、静岡県出身。身長176cm。記憶に残る演技で、どんな役をも愛おしい存在へと昇華させる実力派。映画『彼女が好きなものは』(12/3公開予定)ではファーレンハイト役を務めるほか、12月には舞台『泥人魚』への出演を控えている。
INFORMATION
『きのう何食べた?』 2019年に日本中をトリコにした超人気ドラマ『きのう何食べた?』、待望の映画化。シロさんとケンジの愛にほっこり、磯村勇斗さん演じるジルベールこと井上航も、相変わらずのワガママっぷりで愛おしく健在。11月3日(水・祝)より全国東宝系にて公開! ©2021 劇場版「きのう何食べた?」製作委員会©よしながふみ/講談社

あわせて読みたい

磯村勇斗さんが一緒にいたいのはどんな人?恋愛観を語りつくしてもらいました♡

磯村勇斗の男気にキュン♡「彼女が泣いてたら僕のそばでとことん泣いてもらう」

Photos:Cailin Hill Araki(BEYOND TOKYO) Styling:Ryosuke Saito Hair&Make-up:Tomokatsu Sato Composition&Text:Urara Takahashi