ビューティ

お肌も冬モードに切り替え♡乾燥に負けない潤い力をアゲる保湿の仕方

2021.12.01

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

日に日に寒くなっている今日この頃、空気もカラカラ、乾燥が加速中。そんな中、お肌の状態は大丈夫……? 冬もうるうるの肌を保つために、今必要な保湿のしかたをチェックして乾燥に負けない肌を手に入れよう!

教えてくれたのは・・・
美容皮膚科医
髙瀬聡子先生
わかりやすいスキンケア解説が評判の、ViViの肌の主治医。メディア出演も多数。

スキンケアも衣替え!
ViVi世代の冬のきほんデイリーケア

一年で一番乾燥する冬に、いつもと同じケアをしていていいワケない! 衣替えするようにコスメも冬用に切り替えて、基本の保湿をアップデートしよう!!

洗浄力と保湿力を両立!
潤いクレンジング

「乾燥しにくいうえメイク落ちが優秀で、かつニキビのリスクも少ないジェルやミルクがおすすめです」(髙瀬先生、以下同)

Change

【左】ベタつきは残さず、潤いを守って洗うオイルイン。洗顔専科 オールクリアジェル 180gオープン価格/資生堂 【右】汚れをからめ取る濃厚ミルク。ラグジュアリーホワイト クレンジングミルクN 200ml ¥4180/アンプルール ●商品情報はViVi2022年1月号のものです。

【左】古い角質もスッキリ
【右】大気汚染物質までオフ

刺激レス+毛穴用が◎
泡&酵素洗顔

「デイリーには、刺激の少ない泡で出てくるタイプがおすすめ。毛穴が気になる時は、ザラつく部分だけ酵素洗顔で洗って」

Change

【左】毛穴レスなツル肌に。スイサイ ビューティクリア パウダーウォッシュ N 抹茶ティーラテの香り 0.4g×32個 ¥1980(編集部調べ・12月1日限定発売)/カネボウ化粧品 【中央】過剰な皮脂や老化因子を優しくオフ。シトラナ シカリペア フォーム 150ml¥2860/プレミアアンチエイジング 【右】敏感な肌にも優しい、きめ細かなふわふわ泡。スンジョン ホイップクレンザー 150ml ¥1375/エチュード ●商品情報はViVi2022年1月号のものです。

【左】毛穴のザラつきを一掃
【中央】刺激レスに肌リセット
【右】ふわ柔泡が汚れを吸着

❤︎詳細はコチラ❤︎

スキンケアも衣替え!冬の基本デイリーケアをアップデート♡

Page 2

潤い&オフが決め手!
リップケアに超集中!!

マスク生活で落ちにくいリップを使う日が多い今、唇荒れが増加中。
「こする、なめる、過剰なスクラブはやめて、“専用アイテムでオフ→こまめに保湿”を心がけて。リップクリームは好みで選んでOK」(髙瀬先生、以下同)

唇に密着する濃厚な美容液。リップ下地やグロスにも◎。フーミーリップ美容液 クリア 8g ¥1430/Nuzzle ●商品情報はViVi2022年1月号のものです。

潤いでラッピング!

荒れた唇を優しく包み込み、乾燥や刺激から守る。ユリアージュ モイストリップ 無香料 4g ¥1089/佐藤製薬 ●商品情報はViVi2022年1月号のものです。

低刺激かつ高保湿!

❤︎詳細はコチラ❤︎

唇荒れビト増加中!?空気がカラカラな冬には冬の特別な保湿ケアが必要!

Page 3

潤い力をアゲる!
簡単なものだけで冬保湿効果UPテク♡

もっと潤い力を上げたいなら、髙瀬先生直伝の保湿効果UPテクをプラスしてみて。いつものケアに足すだけで、肌のうるうる度に差が出ます!

乾燥が止まらない日は保湿美容液をプラス!

「化粧水+乳液だけで基本的にはOKですが、もの足りなく感じる場合は、保湿美容液を取り入れて集中的に潤いを補給」

ビフィズス菌培養溶解質の働きで、バリア力の高い肌に。ビフィダ バイオーム コンプレックスセラム 50ml ¥3500/魔女工場 ●商品情報はViVi2022年1月号のものです。

バリア強化をサポート!

寝る前に追いクリームで潤い追加!

「冬は、夜しっかり保湿しても朝までに肌が乾いてしまうことも。寝る直前に追いクリームをして、睡眠中の乾燥を防いで」

❤︎詳細はコチラ❤︎

お肌の乾燥が止まらない…!追いクリームでうるうる度に差をつけて

Page 4

あわせて読みたい

見えるところはとことん磨こっ!お悩み別の正解目まわりケアまとめ

話題の美メンズ直伝♡絶対に使えるコスメだけ隅から隅まで聞いてきた!

肌美人のスキンケアが参考になり過ぎる!オススメ美容&トラブル解決法まとめ

photos:Yuzo Touge(model), Akiko Mizuno(still) hair&make-up:Rei Fukuoka/TRON styling:Rina Kato model:Arianna Sakura(ViVi exclusive) text:Hiroe Miyashita composition:Masami Oguma illustration:murayoko