エンタメ

歩くパワースポット・SHOCK EYEさん、お賽銭は〇〇円がイイ!?「昔は疑り深かった」“神社巡り”で幸せになれたワケ

2021.12.16

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

「運気が上がる」と彼の写真を待ち受けにする人も現れるなど、「歩くパワースポット」として人気の湘南乃風のSHOCK EYEさん。普段から神社巡りを習慣としており、そこで撮影した写真を投稿したInstagramのフォロワー数はなんと50万人以上! その中から運気が上がる写真を厳選し、背中を教えてくれる言葉を添えた書籍『待ち受けにしたくなる』が刊行。SHOCK EYEさんが神社に行くワケとは? そしてViVi読者にオススメの神社も教えてもらいました。

昔は初詣もスルーしていました(笑)

ーー今、SHOCK EYEさんは神社にはどのくらい行かれているのでしょうか?

年間100社は巡っているかなあ。行きたい神社のリストがあるんですよ。1つの神社に行くと、そこに関係の深い神社がたくさん出てくるので、どんどんリストが増えていくんです。で、休日とか、仕事で行った先で合間の時間を使ってフラッと訪れたりしています。

ーーもともと神社巡りはお好きだったんですか?

いや、ほとんど行ってなかったですね。忙しいときは、初詣もスルーするぐらいでした。

ーーそれが、何がきっかけでこれほど巡るように!?

きっかけはやはり、占い師のゲッターズ飯田さんに「歩くパワースポット」と言われたことです。そこから僕の写真を「運気が上がる」と待ち受けにする方も現れたりして、ならば「歩くパワースポットらしくいなきゃ」と責任を感じるようになったんです。でも「歩くパワースポット」ってどういう存在だ? と考えたら、答えがなかった。だって今までそんな人、いませんでしたから(笑)。

それで僕なりに考えた結果、「人の背中を押す人だ」と行き着いたんです。それなら、湘南乃風としてもやってきたこと。だけどそれだけでは自信がなかったので、運気のいい場所に行けば良い“気”をまとえるかもしれないと思い、最初は責任感から神社巡りを始めたんです。

Page 2

粗探しばかりするよりも、良いもの探しの脳でいよう

ーーその神社で撮影した風景写真は、SHOCK EYEさんのインスタに投稿されていて、フォロワー数も50万以上とすごい人気ですよね。

そうなんですよ。見てくれる人がいるからちゃんとしなきゃと思って、カメラも一眼ミラーレスに変えて、朝から待機してベストショットを撮れる瞬間を待つことも多いです。でもこれって湘南乃風のときと同じで。僕らのパフォーマンスを見て「カッコいいな、あんなふうになりたいな」と思ってくれる人がいる。その人たちをガッカリさせたくない、という一心で頑張っていたんですけど、今も、インスタを見てくれる人たちの人生を背負っているんだ、という気持ちで一つ一つの神社を巡っているんです。

ーー神社巡りを始めて何か良い変化はありましたか?

めちゃくちゃありますね。僕はもともと疑り深いと言いますか、論理的に思考するタイプで、何事もエビデンスがないと納得しない、という人間だったんです。だから占いも行ったことがないし、神社も受験のゲン担ぎで行くところだよね? という感覚でした。

ーー今とは本当に全然違ったんですね!

そう。でも神社を巡るようになって、いい気をもらうからか、思考がポジティブになっていって。なんか、疑うより信じることから始めるほうがいいじゃないか、と思うようになっていったんですよね。湘南乃風の活動でも失敗はいっぱいあったけど、どれも「あの失敗があったからこそ成功できた」と言えるものばかり。同じ成功なら、最初から「成功できる!」と思って取り組んだほうが良かったな、と思って。

粗探しばかりするより良いもの探しの脳でいたほうが、無駄に不安に陥らないと思うんです。実際、湘南乃風のメンバーはみんな「やればできる!」とよく言っていたし、言霊ってあると思う。だからスマホの予測変換と一緒で、僕の脳内は今、「あ」と入れると、「ありがとう」とか「愛」とかポジティブな言葉ばかり出てきますよ(笑)。

ーーすごいポジティブ変換! 若いViVi読者にも、やはり神社巡りはオススメですか?

若い世代こそ行ったほうがいい。僕は神社巡りをしているうちに、今の世の中は本当に情報が多いな、と気づかされたんです。ニュースも瞬時に入ってくるし、常にSNSで友人や知り合いの状況も目にするので、みんなそこと比較して「私は全然ダメだ」なんて落ち込んだりしていますよね。そういった情報から離れる瞬間が必要だと思います。

僕の写真になぜこんなに多くの人が惹かれるのかといったら、多分、神社は非日常の空間で現実逃避できるからじゃないかと思うんです。

Page 3

お賽銭は115円がイイ!?

ーーたしかに、デジタルデトックスは必要ですよね。でもみんな、どうしたらいいのか分からない、というのが実情だと思います。そういった人は、神社に足を運んでみるのがいいかもしれませんね。

神社に行くといいのは、自分と向き合えることなんです。人や情報が多い中で暮らしていると、「人が見ているからちゃんとしなきゃ」という“他人軸”になってくる。他人の価値観で生きるから、常にビクビクしてしまうんですよね。

でも、多分皆さんもそうだと思いますけど、神社に行ったら誰も見ていないからといって悪さをしようとは思わないじゃないですか。むしろ、清く正しい気持ちになる。それは他の誰でもない、自分が見ているから。つまり“自分軸”になるんですよ。皆さんには、そういう時間をもっと持ってほしい。それは神社に行くことでなくても、ソロキャンプでもサウナでもいいと思います。

ーー神社巡りをしてみたいViVi読者は多いと思うんですけど、作法を知らなくても大丈夫でしょうか?

目上の人のおうちに上がるときは、ちょっとかしこまった気持ちになりますよね。それと同じ気持ちを待ってさえいれば、細かい作法は気にしなくていいと思います。あとはよく聞かれるお賽銭の額ですが、僕は115円入れるようにしています。

ーー115円!? よくお賽銭の額で聞くのは、「ご縁」の5円ですが……?

神社って僕たちがいつ行っても門戸を開いてくれているじゃないですか。常に綺麗に掃除されて、来る人を迎え入れるよう整えられていす。僕はあるときから、そんなところにお願いばかりしに行くのは申し訳ないな、と思うようになって。だからせめても神社に貢献できるようにと、「いいご縁」ということで115円のお賽銭を入れるようにしたんです。115円なら5円の20倍以上。来る人がみな20倍のお賽銭を入れたら、貢献度が全然違うと思うんです。

ーーたしかに、もらってばかりじゃダメですよね。与えることもしないと。

『嫌われる勇気』でも有名なアドラー心理学によると、人が幸せを感じるのは他者に貢献したときの貢献感なんだそうです。道に落ちているゴミを拾うのでも、電車で席を譲るのでもいい。そういった日々の貢献がいいマインドをもたらし、それがいい人生をもたらす。貢献することで、実は自分が救われるんです。115円のお賽銭も同じ。神社への貢献と思って投じてみてください。マジで幸せになれるから! 間違っても、20倍願いごとが叶う、と思っちゃダメですよ(笑)。

Page 4

SHOCK EYE的
ViVi読者にオススメの神社!

貴船神社(京都府京都市左京区)

貴船神社がある京都の東山エリアは、自然豊かで写真映えしますし、他にも近江神宮など素敵な神社が多くあるので、いろいろ巡ってみるといいかもしれません。近くには川床といって、川のせせらぎを聞きながら懐石をいただける場所もありますし、いろいろ楽しめますよ!

来宮神社(熱海市西山町)

熱海にある神社なのですが、日本で二番目に大きな楠があることでも有名です。樹齢は何と2100年! 実際に見るとすごい迫力ですし、縁結びのパワースポットとしても人気なので、是非神木のパワーをもらいに行ってください。

今戸神社(東京都台東区)

縁結びといえば、浅草の今戸神社がオススメです。ここは宮司夫人がとてもフレンドリーで素敵なのですが、何と神社の住所も台東区今戸1-5-22、つまり「いいごふうふ」なんです、すごくないですか!?(笑) お参りがてら浅草巡りも楽しめますし、これから神社巡りを始めてみたいという人にはとくにオススメです。

SHOCK EYE(しょっくあい)
神奈川県鎌倉市出身。RED RICE、若旦那、HAN-KUN と共に「湘南乃風」を結成。ヒット曲「純恋歌」「睡蓮花」は幅広い世代で歌い継がれている。プロデューサーとしても、ハロー!プロジェクト、ジャニーズWEST、YouTuberのフィッシャーズなどへの楽曲提供を行う。 近年では、インスタグラム上で会員限定のコンテンツ「Shrinegram」を運営するなど、音楽以外でも幅広い活動を行っている。著書に『歩くパワースポットと呼ばれた僕の大切にしている小さな習慣』『歩くパワースポットと呼ばれた僕の大切にしている運気アップの習慣』(共に講談社)『強運思考』(ダイヤモンド社)がある。
INFORMATION
『待ち受けにしたくなる』
SHOCK EYEさんが撮影した光や色彩にあふれるパワーフォトに加え、自身が活動を通して考えるようになった、毎日をポジティブに暮らすための言葉をのせて、1冊の本に。 前から1ページずつ実行するもよし、偶然ひらいたページのこころがけを、その日いちにち念頭におくもよし。続けていれば、 きっと道がひらける運気アップの書。
2021年12月3日 発売
定価:1320円(税込) 講談社刊

Interview&Text:Naoko Yamamoto Photo:Naoto Otsubo