イケメン

JO1・白岩瑠姫の愛する24のこと【拡大版】

2021.12.15

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

大好きなあのひとの、愛するものはなんだって知っておきたいもの。捨てられないことから手料理まで幅広く教えてもらった、JO1・白岩瑠姫さんの愛するものをぎゅっぎゅっと詰め込みました♡ 【2022年1月号「JO1と愛を語ろう」より】

白岩瑠姫
(しろいわ・るき)
1997年11月19日
東京都出身 O型

#1.動物なら?

わんちゃん

実家に三匹わんちゃんがいて。小学二年生の時に駄々をこねたのを覚えています(笑)。
動物に生まれ変わるなら、わんちゃんになりたい。

#2.部屋の場所なら?

リビング

#3.手料理なら?

ハンバーグ

自分では作れないけど、大好きなので、作ってもらうならハンバーグがいい!
ソースは、僕のお城のシェフの秘伝のタレ、でお願いします。(デビュー当時くらいにYouTubeに載せました)

#4.朝ごはんは?

パン

朝は食べやすいからパン派です。トーストに白いシュガーがかかってるのがめっちゃ好きです。
いちごジャムも好きです。

#5.調味料は?

塩胡椒

何にでも合いません?

#6.お寿司のネタなら?

納豆

魚介類がダメなので、お寿司で食べられるのがどうしてもたまごとか納豆とかきゅうりになっちゃうんです……。

#7.色は?

白黒

#8.季節は?

#9.天気は?

晴れ

雨が苦手で、消去法で晴れです。曇りはあまり気分が乗らないです(笑)。

#10.最近買ったもので好きなものは?

ブリュレアイス

Page 2

#11.捨てたくても捨てられないものは?

自信

謎に自己肯定感が高すぎて、よくわかんないかもしれないですが(笑)。
「自分が負けって思わない限り、負けにならない」って言葉が好きで、人生負けたことないんですってスタンスでやるようにしています。
SNSとかでネガティブな発言で苦しめられてる人が増えてると思うんですが、このスタンスで、「気にすんな」って言いたいですね。

#12.ファッションアイテムは?

アウター、アクセサリー

持っているのと同じようなものを欲しくなるし、もう冬なのでアウターは結構見てますね。

#13.自分たちの楽曲なら?

「僕らの季節」

JO1になってから初のウィンターラブソングです。冬も好きだし、ラブソングも好きだから、普通に刺さりました。
特にイントロ部分は世界観がすごく感じられて好きです。

#14.体の部位なら?

#15.アプリなら?

Netflix

#16.漫画/本は?

あまり読まない

#17.アニメ/映画は?

「タイタニック」

#18.韓国の好きなところは?

キレイ

陶器肌って言葉があるように、男女問わず肌が綺麗です。
辛い物とか、寒さとかが、あの肌の綺麗さに関係してるのかな。

Page 3

#19.スイーツなら?

クレープ

クレープ屋さんでバイトしたいと思ってました。
いちごバナナチョコクレープを頼むと、店員さんが「いばなっちょひとつ~」って言うんです。
いばなっちょが一番好きです、いばなっちょしか頼まない、いばなっちょしか勝たんっす!

#20.アイスの味なら?

ブリュレアイス

アイスはあまり食べないんですけど、ブリュレアイスが美味しくてもう。箱買いしています。

#21.三種の神器は?

美味しいご飯、ファッション、遊び

僕のストレス発散法が、美味しいご飯を食べる、自分の好きなファッションアイテムを買う、好きな友達と遊ぶ、なので。
僕を作る上で、仕事も大事だけど、息抜きも欠かせないです。

#22.キャラクターなら?

ダッフィー、ルカリオ、ジラーチ

#23.日本の好きなところは?

礼儀正しい

思いやりのある国だなって思います。他にも四季があるのもいいなとかご飯が美味しいとか、魅力たくさんです。
母国に誇り持っています。

#24.愛を書いてください

#JO1の愛するもの

#白岩瑠姫

#JO1

Page 4

公式サイトhttps://jo1.jp/
公式Twitterhttps://twitter.com/official_jo1
公式instagramhttp://instagram.com/official_JO1
公式TikTokhttps://www.tiktok.com/@jo1_gotothetop
公式weibohttps://www.weibo.com/7454644363/profile?topnav=1&wvr=6
公式YouTubehttps://www.youtube.com/c/JO1_official
JO1 オフィシャルファンクラブ: https://fc.jo1.jp/

PHOTO:MELON(TRON) TEXT:NAOKO YAMAMOTO INTERVIEW:JURI GIESEN