ファッション

スウェットを“上品に”着こなす方法♡マスターして楽ちんオシャレを叶えちゃお!

2021.12.12

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

無駄を削ぎ落としたいシンプル思考な時代にあわせて、ときには大人っぽくムード溢れる着こなしをしたい。シンプルといっても、なにも考えない単純なワンツーコーデはNG。シルエットや色選び、ちょっとしたテクなど、シンプルスタイルは奥が深いのです。ということで今回は、スウェットを+ひと手間でシンプル以上のスタイルになれる方法をご紹介します♡ スウェットは適当に着ると「今日ラフすぎない?」って言われちゃうから“上品さ”を感じさせるひと手間が大事。丈感にこだわったアイテム選びやちょっとした着こなしで部屋着イメージを払拭! スウェットの着こなしをマスターすれば楽ちんオシャレが叶うからこの冬はいろんなスタイルに挑戦しよ!

ショート丈で冬でもおなか見せ

ちらっとお腹見せで垢抜けるショート丈スウェット。セットアップだって、肌見せで印象が変わるから冬でも頑張っちゃお!

クロップトスウェット¥7590、スウェットフレアパンツ¥9790/ACLENT リバーシブルジャケット¥9900/COTORICA. バッグ¥4950/プーマ お客様サービス(PUMA) ●商品情報はViVi2022年1月号のものです。

スウェットを巻く

+ひと巻きで旬なスタイルにアップデート。1色差したいときにひと巻きしてみて。

クロップトスウェット¥13200、スウェットショーパン¥8800/STUDIO R330 肩に巻いたスウェット¥1990/GU ピアス¥2200/リゼクシー バッグ¥7150/マーキュリーデュオ ルミネエスト新宿店 ロングブーツ¥14990/EMODA ルミネエスト新宿店 ●商品情報はViVi2022年1月号のものです。

Page 2

えりをつける

スウェットオンならえりコーデも簡単。カジュアルなスウェットだからこそ、思いっきりBIGなえり合わせがトレンド感あって可愛い。いつもより女のコ感を匂わせる装いに!

ロゴスウェット¥6963/STYLENANDA 原宿 襟ブラウス¥12100/レイ ビームス 新宿(レイ ビームス) レザーパンツ¥45000/COS 銀座店(COS) ピアス¥3410/RUIEN バッグ¥6050/フィルム(ダブルスタンダードクロージング) ブーツ¥33000ドクターマーチン・エアウエア ジャパン(Dr.Martens) ●商品情報はViVi2022年1月号のものです。

えり付きスウェット¥5500(LAGUA GEM)、デニムパンツ¥7700(AZUL BY MOUSSY)/バロックジャパンリミテッド イヤリング¥4730/RUIEN バッグ¥17600/DIESEL JAPAN(DIESEL) ローファー¥24200/ドクターマーチン・エアウエア ジャパン(Dr.Martens) ●商品情報はViVi2022年1月号のものです。

トレンドのえり付きスウェットは一枚着るだけでワンツーコーデもサマになる。

Page 3

Tシャツを首元からちら見せ

首元にちらっと白T見せのさりげないレイヤードがツウ感漂う。

スウェット¥8800/Bibiy. ムートンコート¥16500、バッグ¥6600/バロックジャパンリミテッド(SLY) スウェットの下に着たTシャツ¥2970/ヘインズブランズ ジャパン カスタマーセンター(Hanes) デニムパンツ¥26400/カイタックインターナショナル(ヤヌーク) ピアス¥3140/ムルーア ルミネエスト新宿店 サイドゴアブーツ¥15400/マーキュリーデュオ ルミネエスト新宿店 ●商品情報はViVi2022年1月号のものです。

Page 4

グラデで着る

ベージュトーンのグラデは、キレイめなワイドパンツで大人っぽく着て。さらにキャップがあればコンサバすぎない!

スウェット¥6600/EVRIS ルミネエスト新宿店 ワイドパンツ¥6600(PLUS / AZUL BY MOUSSY)、ピアス¥3850(SLY)/バロックジャパンリミテッド キャップ¥4950/ニューエラ バッグ¥8000/CALNAMUR ●商品情報はViVi2022年1月号のものです。

Page 5

あわせて読みたい

ニットだって着膨れしたくない!メリハリづくりで可愛く着こなす方法♡

地味見えを回避するワンPOINTテク!シンプルスタイルは小物次第って噂♡

必殺アイテムを投入するだけ!シンプル派さんの簡単印象チェンジテク6

Photos:Shohei Kanaya Styling:Rina Uchida Hair&Make-up:Yukari Hayashi (Roi) Model:Seika Furuhata (ViVi exclusive) Composition:Mayuko Kobayashi Text:Asami Kotake