エンタメ

佐藤寛太・映画『軍艦少年』出演で振り返る自身の青春時代

2021.12.10

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

ヤンキー漫画のカリスマとして人気の漫画家・柳内大樹氏の、熱い青春漫画『軍艦少年』が映画になってこの冬登場! 青春のもがきを、喧嘩という方法でしか表現できない主人公・坂本海星。演じているのは、劇団EXILEの若き成長株・佐藤寛太さん。世界遺産である軍艦島での撮影のこと、そして自身の青春時代についても伺いました。

自分の持っているものを出し切れた

カーディガン ¥52800、パンツ ¥49500ブーツ ¥74800 OUR LEGACY / エドストローム オフィス  その他 スタイリスト私物

ViVi とても熱い一作ですが、完成した映画を見た印象はいかがでしたか?

佐藤 僕が観た日は、共演者の方やスタッフさんだけでなく、原作者の柳内先生も観に来られていて。皆さんがどう思っているのかが気になってあまり集中できませんでした()Yuki Saito監督は、撮影現場でモニターチェックをしない方だったので、実際の映像を観るのはこのときが初めてだったんです。だから「こんなふうになっていたのか」とか「もっとこうすれば良かったな」とか、そんなことばかり考えてしまって。でも最後は、「自分の持っているものを出し切れた」と頷ける気持ちになれました。

ViVi 喧嘩のシーンが多いため、体作りやアクションなど大変だったと思います。どういった準備をされたんですか?

佐藤 普段から趣味としてキックボクシングをやっていますし、アクションはHiGH&LOWシリーズでもやらせてもらっていて。今回はそのときと同じスタントチームが入ってくれていたので、わりとすんなりのぞむことができました。むしろ難しかったのは、体を大きくし過ぎない、ということだったかも。僕が演じる海星は、めちゃくちゃ喧嘩が強くてまわりから恐れられているという役どころなんですけど、それは本格的に鍛えたわけではなくて、ただもともとちょっと体がデカいヤツがグレているだけ、という強さ。だから変にムキムキでも不自然だし……と思って、ちょっと筋トレして、あとはひたすら飯食って、それで5キロ増やしました。

ViVi 5キロも! その後、元の体重には戻されたんですか?

佐藤 撮影期間中、自然に落ちていきました。ハードだったので()

ViVi 軍艦島でのシーンも幻想的で素晴らしかったです。実際にあの島に降り立って、いかがでしたか?

佐藤 僕はもともと同じ長崎県の対馬に住んでいたんです。だから軍艦島の存在は知っていたんですけど、実際に訪れたのは初めてでした。船で島に近づくと、その迫力に興奮するんですよ。でもいざ降り立つと、圧倒される。それまでは「イエ~イ! すげえ!」みたいな感じだったのが、上陸した途端、静かな感動に包まれてものすごく厳かな気持ちになりました

ViVi 今では立ち入れる場所が限られてしまった軍艦島。その島で撮影できたなんてうらやまし過ぎます。

佐藤 実際に本番になると、スタッフさんたちは写り込まないよう遠くにはけるので、この世には俺しかいなんじゃないか、という気持ちになるんです。かつてはあんなに栄えていて、世界一の人口密度を誇っていたというのに……。まさに、盛者必衰という感じでした。その神秘的な空気は映像からも伝わってくると思うので、是非皆さんにも味わってもらいたいと思います。

Page 2

人生はなるようになる、という気持ちが強くなっている

ViVi 佐藤さんが演じた海星は、母親を亡くした悲しみと同時に、自分が何をやりたいのか、どう生きていいのか見えずにもがいている、という印象を受けました。佐藤さん自身は、どんな青春のもがきを抱えていたのでしょう?

佐藤 僕はわりと平均的な男子だったと思います。これといって打ち込んでいるものもなくて、毎週『ジャンプ』の発売だけを楽しみにしているような()。一応進学校には通っていたんですけど、勉強もみんながするからする、という感じ。「何かやらなきゃ」という思いはあるんですけど、何をやっても打ち込みきれないし、時間だけは過ぎていくし、焦燥感はすごかったです

ViVi それでEXPGEXILEを擁する事務所・LDHが運営するダンススクール)のオーディションを受けられたんですか?

佐藤 もともと映画を観るのは大好きで。それで演技の世界に憧れて、高校2年のときにEXPG福岡校のオーディションを受けたんです。そのときも覚悟が決まっていたかというとそうとは言い切れないんですが、オーディションが半年間ととにかく長いんですよ。それだけの時間をかけて合格したときは、「選んでもらった以上は頑張ろう」と腹が固まりましたね。

ViVi そこで評価され、東京に行くことになったときは誇らしかったんじゃないですか?

佐藤 それが、そういう気持ちは全くなくて。上京したのは18歳の誕生日だったんですけど、その頃ってまわりの同級生たちはみんな「この大学に行ってこの勉強をする」とか、ちゃんと進路を決めていて。その中で僕は、上京するという進路を選んだだけ、という感覚だったんです。だからとくに特別なことと思っていなくて、転校する当日まで友達にも伝えていなかったくらいなんです。きちんと「バイバイ」も言わずに上京してしまったので、友達にはすごい驚かれましたね。

ViVi その後は、主演映画『イタズラなKiss THE MOVIE』や、HiGH&LOWシリーズなど、様々な作品に出演され活躍されています。今は、これで生きていく、と覚悟が決まった感じなんでしょうか?

佐藤 いや、正直言うと今のほうが決めてはいないかも。20代前半ぐらいまでは仕事が人生の全て、という感じでした。だけど今は少し大人になって、前よりも好きなことがいろいろと増えてきた。もしかしたら、その流れで別の道に行くことになってもいいかな、と思ったりするようにもなったんです。今の仕事だけにしがみつくというより、人生はなるようになる、という気持ちのほうが強くなっているかもしれません。

ViVi 佐藤さんは、カメラにキャンプに……と、非常に多趣味だとお聞きしています。

佐藤 最近はもっぱら登山ですね。オフになると一人で山に登って、景色を撮影するのが好きなんです。ものすごく気持ちが切り替わって、リフレッシュできるんですよ。

ViVi どこか、オススメの山ってありますか?

佐藤 わざわざ山に登らなくても、公園を散歩するだけでも僕はいいと思っていて。その散歩の延長上に、気持ちが澄む瞬間とか何かがある。だから僕も、普段よく散歩もするんです。まずは本を一冊持って、小さい公園に行ってみて。そこでベンチに座って、コーヒーでも飲みながら読書をしたら、独特の解放感に浸れると思います。いきなり登山とかキャンプは大変ですけど、散歩なら道具もお金もいらない。そうやって普段と違う時間を持てば、いろいろと自分が本当に求めているものがクリアになると思いますよ!

『軍艦少年』
長崎・軍艦島の見える街で暮らす高校生の坂本海星(佐藤寛太)。最愛の母(大塚寧々)を亡くし、酒に溺れる父(加藤雅也)といがみ合い、そのうっ憤から喧嘩に明け暮れていた。そんなある日、海星は軍艦島出身の両親が、島に大切なものを残してきたと知る。親子の、そして自分自身の再生のために、海星は軍艦島に渡ろうとするのだが……1210日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷他にて全国公開
©2021『軍艦少年』製作委員会
配給:ハピネットファントム・スタジオ

Page 3

PROFILE
佐藤寛太(さとうかんた)1996616日生まれ。福岡県出身。2013年、EXPG福岡校のオーディションに合格し、レッスンを開始。2015年に劇団EXIELEに加入し俳優活動をスタート。HiGH&LOWシリーズ、『イタズラなKiss THE MOVIE』シリーズ、ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』など多数の映画、ドラマ、舞台で活躍中。                   

Photos:Mariko Kobayashi
Styling:Masahiro HiramatsuY’s C
Hair&make-up:KOHEY
Interview&Text:Naoko Yamamoto

衣装のお問い合わせ先
エドストローム オフィス ☎️03-6427-5901

合わせて読みたい

ニュースになった佐藤寛太×藤田ニコルのデート企画♡好きなコーデやおうちでの遊び方、全部聞いちゃいました!

背中あきの服でドキっとさせる♡佐藤寛太×藤田ニコルの初デート企画

佐藤寛太×藤田ニコルがおうちでふたりっきり♡ViVi5月号に登場!