エンタメ

宇垣美里は滑舌を良くするために外郎売(ういろううり)音読する!本人がコツを解説

2021.12.16

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

読者から寄せられた相談や質問に、フリーアナウンサーで女優としても活躍中の宇垣美里さんが、ご自身の文章で答えてくれる本連載企画。今週は、「滑舌をよくする方法は?」「周りの人と同じことをするのが苦手」という2つの悩みをピックアップ! 宇垣さんならではの滑舌を良くするトレーニングや、相談者さんと同じく「人と同じことをするのが嫌い」と語る宇垣さんの解決法とは?【宇垣美里の私から見えている景色】

【相談①】滑舌が悪いのが悩みです。滑舌をよくする方法やおすすめのトレーニングなどがあれば教えてください。(Cen 20代女性)

口をしっかり動かすことが何より言葉がはっきり聞こえるための近道かと思います。

わたしはシャワー浴びてる時とかに、”外郎売”(ういろううり)っていう歌舞伎の演目を音読してます。慣れてくればリズムよく読めるようになって楽しいですよ。
あとはゆっくり落ち着いて話すことかなあ。ゆっくり丁寧に話せば誰でも滑舌良くなる、気がする。

Page 2

【相談②】私は、昔から周りと同じことをするのが苦手で、つい避けてしまうことがあります。それ自体には、それほど気にしていません。しかし、それが段々と「同じだから嫌だ」という理由だけで決めつけてしまうこともあり、少し偏った見方をしているなと自分の中で感じています。宇垣さんも周囲の流行りなどに対して思わず、避けてしまうことはありますか。私の見方を変える必要はあると思いますか?(ブラン 20代女性)

私はひねくれていて天邪鬼なので、人と同じことするの嫌いですね。
学生の頃は大人気のポップソングはスルーしてロックばっかり聞いてたし、運動会の行進練習とかマスゲームとか組体操とかなんかほんと無理。流行り物なんて〜って思っちゃうことも多々あります。

でも、改めて流行ってた曲聞くとやっぱめっちゃいいし、みんなと一緒にやり切って盛り上がれるの楽しい。マンガだってドラマだって流行るものには理由があるもので、おもしろい。まあ触れてみたら意外と楽しいこと多いなあとも思います。
流行っていようと着ないしその色は苦手なので取り入れない、ってものはもちろんあるので、ファッションはまた別かな。

またどのように一般化されようと許容し難い思想は必ずあって、そんなものに盲従し諦観するくらいならそんなん嫌いじゃと暴れ狂ったほうがマシ。
結論からいうと、ものによる気がします。見方を変える必要はないけど、もっとおおらかに軽率に楽しんでもいいジャンルはありそう。

Page 3

【連載終了のお知らせ】
2019年7月にスタートした宇垣美里さんの連載「私から見えている景色」は、2021年12月30日(木)配信をもって終了となります。多くの皆さまにご愛顧いただき、誠にありがとうございました。宇垣美里さんの今後のご活躍にご期待ください!

衣装:シャツ¥7150/コンコード ショールーム(A Positive Message) パンツ¥25300/リステア(LE CIEL BLEU)
Text:Misato Ugaki Photo:Michi Nakano Hair&Make-up:Miho Matsuda Styling:Rina Uchida Composition Mayuko Kobayashi

宇垣 美里(うがき みさと)
兵庫県出身。2019年3月にTBSテレビを退社し、4月からフリーのアナウンサーとして活躍中。無類のコスメ好きとしても有名で、コラムやエッセイなど執筆活動も行っている。現在、火曜21時から放送中のドラマ「彼女はキレイだった」(カンテレ・フジ系)で女優デビューを果たし活躍の幅を着実に拡大している。
宇垣美里マネージャーアカウント▶︎@ugakimisato.mg
チョコレートがテーマのフォトエッセイ「愛しのショコラ」(KADOKAWA)発売中。

宇垣美里『私から見えている景色』 連載一覧