エンタメ

バチェラー4・黄皓さんの秀逸すぎる#ハオハオ語録!恋愛にもビジネスにも使える!?【ネタバレあり】

2021.12.16

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

放送開始直後から瞬く間に話題となった、婚活サバイバル番組『バチェラー・ジャパン』シーズン4。特に注目を集めているのが、4代目バチェラーを務める黄皓(こうこう)さんの秀逸すぎる発言や振る舞いの数々……! 婚活サバイバルという非日常の中、普通の人なら言葉に詰まってしまうような場面でも、参加女性たちに問い詰められた時にも、そのシチュエーションでの“唯一の正解”と思われるような返答で場を切り抜けるバチェラー。ビジネスマンらしい思慮にあふれ、時に巧妙な(?)番組内での黄さんの珠玉の発言を、ますまゆ(@masumayu3)さんにイラストとともにまとめていただきました。恋愛に限らず、好印象を与えておきたいビジネスのシーンや、修羅場を切り抜けたい時に、参考になる……かもしれません!

※この記事は『バチェラー・ジャパン』シーズン4のEP8までのネタバレを含みます。

4代目バチェラー・黄さんの
秀逸すぎる #ハオハオ語録 11選!

【EP1】初対面の挨拶の際、青山明香里さんへ

奇遇ですね。僕もめっちゃ緊張してるんですよ/ちょっとほぐしていいですか

緊張して震えている青山さんにすかさずハグ……! 即座に相手に共感して、抱擁という物理的手段で緊張をほぐしつつ、心の距離も一気に縮めるという一連の流れ。その同調力と瞬発力に問題解決能力、お見それしました……!!

【EP1】初めてのカクテルパーティでの挨拶

皆さんも僕がバチェラーだとは知らずにここに来たと思います。なので皆さんも僕をたくさん見定めて、選んでください

え、ちょ……ここ、就活の面接会場ですか?「是非弊社のことも見極めてください」ってよく聞くアレですか!? 自分も選ぶ側だけど、女性たちだってバチェラーを選んでもいい。立場は平等なんだ、というバチェラー自身の覚悟を感じる一言ですね……!

Page 2

【EP1】恋愛をしたことがないと打ち明けた白川理桜さんへの言葉

僕も恋愛はたくさんしてきたかもしれないけど、まだ結婚してないんだよね。真実の愛っていうテーマがあるこの旅にもう2回目。恋愛したことないって全然おかしくなくて。僕もただ恋愛をしてただけ。でも愛はまだ見つけてないから

これ、めちゃくちゃ凄くないですか……? だって、旅の初っ端で「この旅で何が一番大切か」原点回帰させてあげてるんですよ。「大きな目的の前には皆同じ。経験云々じゃない」って、恋愛未経験者への最上の寄り添い方だと思いました。

【EP2】木下マリアさんの「なんでダメだったんですか?」に対して

(僕じゃ)好きになってもらえないんじゃないかなって、思ってしまった

「自分が好きになれない」んじゃなくて、あくまでも、「好きになってもらえないだろう」という相手を立てる優しさを感じます。どこまでも相手視点で物が語れるって、恋愛でもビジネスでも惚れてまうやろ……!

【EP3】「綾香ともキスしたの?」と桑原茉萌さんに詰め寄られての一言

(嘘をつくつもりはないんだけど、)その人との思い出を人に言うのってちょっと野暮じゃない?

これは色々な意味でテクニシャンですね……! テクニシャン過ぎて、今回物議を醸したのではないかと個人的に思っております(笑)。直球な質問に対して、自分の意志だけでは話せないと別角度からの理由で返しているところ、相当なやり手と見ました!

Page 3

【EP4】休井美郷さんとの話し合いのなかで

もう信用できませんって言われたら、信用してもらえるように死ぬほど頑張る、もう一回。でも最後は意思は受け入れる

勘違いを生んでしまった茉萌さんの発言を責めるでもなく、「なにか誤解があるはず。ただ嘘をつくことはしていない」ときっぱりと言い切ったうえでの一言。まず、今生まれてしまった疑念に自分はどう対処するのかを示す。そのうえで選択権はそちらにある、絶対に信じろと無理強いはしないと続ける。え、一瞬のうちにここまで提示できるんすか……!? コミット力、半端ないっす。

【EP4】桑原茉萌さんとの問答のなかで

(綾香とお泊まりはしたけど、キス以上のことは)してない。それは自分なりの誠実だったし、自分なりの正義だった。〜〜この旅に参加するにあたって、俺は17人と1対1になって、残りの16人を考えながらその人と時間を過ごすんじゃなくて、世界には俺とその人しかいない(気持ちで向き合いたい)。これは誰に何と言われようが、自分の決めた信念を持ってこの旅に参加している。〜〜自分の正義とか誠実さを失ったつもりはない。

バチェラーという特殊な環境に自ら身を投じた黄さんだからこその言葉で、非常に強い意志と説得力を感じました。普通の状況であれば「何言っとる……?」ですが、ある種最も女性たちと真摯に向き合っているバチェラーと言えるかもしれません。ぶれない軸を持つって、大切ですよね…。

【EP4】白川理桜さんへのお別れの言葉

すっごく大切な初めて(のキス)を、自分の気持ちが定まってないのにしちゃダメなんだなって気づいて、ほっぺにしかチューできなかった。その責任を負う覚悟と気持ちがまだ整ってなかった

白川さんもおっしゃっていましたが、ずるいよ…ずるいよ黄さん……! それ、少女漫画に出てくるやつ……!! 自分の気持ちに気づいたという文脈で話していますが、言われた方も最後まで自分のことを大切にしてくれたと感じますよね。こういう視点、とても見習いたいです……!

Page 4

【EP5】青山明香里さんに「人づてで聞いたんだけど…」と問い詰められて。

明香里は誰と旅してる?

これは非常にドキリとする一言ですね。問い詰めにいったはずが、逆に真理を突かれてしまったみたいな。私も、もしも混乱して真実が見えなくなったときには、本当に知りたいことや、自分が信じるべき対象は見失わないように心掛けたいと思います……(白目)

【EP6】秋倉諒子さんとの会話のなかで

諒子がこの旅にいてくれれば全然いいや、と思っちゃった。他の人には内緒ね

ハイ来ました、内緒。内緒ですって。パワーワード“内緒”ですよ。そんなん言われたら、自分は特別な存在って思ってしまいますやん……! こうやってさらっと言うのもまたポイントですね。ビジネス的には「御社にだけですよ……☆」を付け足しましょう。(キリッ)

【EP8】トーク回のラスト、まとめの言葉を求められて。

何と言われようと、皆さんと旅が出来たことは本当めちゃくちゃ楽しかったですし、このメンバー誰ひとり欠けても成り立たないくらい充実した旅に行かせてもらったので

この回ではちょこちょこ黄さんへのブーイングも飛び交ったのに、エピソード1の脱落者含め、全員を立てるこの発言……!! まさに社長。「あ、これ社長がよく言うやつ……!」的発言で見事に締めくくってくださいました。

Page 5

バチェラー以外の名セリフも!
番外編

【EP6】中野綾香さん
黄さんの「俺は最低なことをしたな…」を遮って、自分から抱きつきながら。

もういいっ

え…!!! 「もういいっ」って、女子力を感じる最上位のワードだったんですね……!(?)この言葉のなかに、ふたりが旅の中で感じたであろう全ての感情が詰まっているように感じました。大切なシーンでは言葉なんかいらないですよね。ここぞの場面で、「もういいっ」使わせていただきます…!!

【EP7】秋倉諒子さんのお父様
実家訪問の際、黄さんとの会話の中で

私は(家族に)してあげることは大好きなんだけど、してもらおうとは思わないから
自分のやりたいことをやってる。例えば、家族に食事作って喜んでくれたら、それが私の喜び

黄さんもコメントしていましたが、どれだけ徳が高いんでしょう……!? 親の介護も、自分が赤ちゃんのときお世話になったんだから、今自分も親のためにできるのが幸せ、と話されていてこちらまで泣けてしまいました。ちょっと、ビジネスに使えるとか、恋愛に使えるとか言ってすみませんでした! 徳積んで出直してきます!!!

あわせて読みたい

【ネタバレあり】4代目バチェラー黄皓が振り返る第4話「自分の行動に後ろめたさを1㎜も感じていない」

【ネタバレあり】『バチェラー・ジャパン』シーズン4 参加女性陣が本音で語る第4話

【ネタバレあり】『バチェラー・ジャパン 』シーズン4波乱の第4話、バチェラーの対応力にMC陣絶賛のワケ

【バチェラー・ジャパン シーズン4】黄さんは番組史上最も完璧な男性?MC陣が語る今シーズンの見どころ

Illustration&Text:ますまゆ(@masumayu3