イケメン

JO1が愛について語り尽くす!!ファンへ溢れんばかりの感謝を込めて♡

2021.12.19

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

デビューと同時に世の中が不測の事態に陥り、ライブや音楽番組がほぼストップし、活動が妨げられた。それでもリリースすればヒットを連発し、数々の賞を勝ち取り、記録を打ち立ててきたJO1。それはなぜなら、彼らとファンの“JO1愛”がピンチをものともしないほど大きかったから。今、溢れんばかりの感謝を込めて、JO1が愛について語り尽くします!!

ずーっと語りたい
JO1と愛の話

JO1は感謝している。支えてくれる人がいることを。でも私たちだって感謝している。夢を見させてくれることを。でも大丈夫。そこには常に愛があるから。なんだって一緒に乗り越えていけるはず。仕事もオフもずーっと一緒。だからぶつかることだってある。

ViVi デビューしてまもなく1年9ヵ月となります。これまでで一番、「ああ、僕たちは支えられているなぁ」と愛を感じた瞬間って、どんなときですか?

川尻 常に支えられていますが、数字で見えたのは、リリースした曲の1位をプレゼントしてもらったときですね。Twitterでもたくさんつぶやいて、トレンド入りさせてくれたり、あの手この手で僕たちを支えようとしてくれているのを感じます。

與那城 有観客のライブが全然できていないにもかかわらず、こんなに支えてくれて、本当に愛しか感じません。

豆原 支えられているもの、僕は一応、家族にしておこうかなあ。

河野 「一応」なんて、本当は大好きなくせに(笑)。

豆原 オーディション中も、17歳で岡山から東京に出てきたときも、本当に支えてくれて。これまで反抗したり、迷惑をたくさんかけてきたので、今はJO1の活動で恩返しをしたいと強く思っています。

川西 僕は、季節……。四季があるからいつも新鮮な気持ちで生きられていると思うので。たとえば今の季節だと(取材は10月)、キンモクセイの香りが素敵だったりするじゃないですか。

川尻 詩的でいいですね。

河野 じゃあ僕も「季節」で!

豆原 お前が支えられているのは、お前をカッコよく仕上げてくれるメイクさんやろ!

木全 僕はズバリ、JAMです。

鶴房 俺も。デビューとともに新型コロナウイルスが蔓延して、予定していた活動がほぼできなくなって。でも曲を出すたびにJAMがずっと助けてくれて、今日までやってくることができたと思う。

大平 新しい曲を出すたびに1位にしてくれているのを見ると、本当に早く恩返しがしたくてたまりません。

佐藤 オーディションから今日まで、支えられっぱなしだよね。

白岩 先日、KCON:TACTでデビュー後、初めて有観客のライブをしたんです。1年半ぶりくらいにファンの方と生で会えて、大歓声に似た拍手をいただいて。こうやってもっとお返ししていきたいなあと心の底から思いましたね。

❤︎続きはコチラ❤︎

JO1が語る「愛を感じた瞬間」とは?共同生活の意外なルールも!

Page 2

愛してやまないJO1のこれから

JO1が愛するものはまだまだ尽きることがありません。メンバー愛、自己愛、そしてファンへの愛もこの場でとことん語り尽くします!

音楽

川尻 僕たちの曲なら、サードシングルの中の一曲、『君のまま』が一番好きです。家族、恋人、仲間……、いろんな愛の形が思い描けるので、全ての人が愛を感じられる一曲だとも思います。

木全 僕も『君のまま』。蓮君のパクリじゃないよ!

豆原 デジタル配信中の『Prologue』もオススメ。歌詞の内容が、JAMの皆さんに支えられて今日まで頑張ってこられた僕たちに、すごく合っているなあと。

與那城 挫折もいっぱい味わってきた僕らだからこそ、伝えられるものもあるよね。

鶴房 俺はRADWIMPSの『me me she』。

大平 俺らの曲じゃないけど。

鶴房 単に俺が好きなだけ(笑)。ちょっと重い歌詞だけど、愛の深さと怖さも感じられて……。

木全 どんなの? 一回歌ってみて。

鶴房 み、み、し~♪

メンバー

河野 この場を借りてあらためて愛を伝えたいのはメンバーです。

川尻 嘘だあ(笑)。

河野 いやいや。JO1のパフォーマンスは11人じゃないと生み出せないものばかり。毎日の練習はハードだけど、辛いときは励まし合って、上手くできない人がいれば教えて、常に支え合ってここまで歩いてこられたと思っているから。

佐藤 あと、奨くんの毎朝のコーヒーにも支えられてる♡

大平 僕は景瑚くんに支えられています。景瑚くんがいる練習といない練習では、ほんわか度が違う。

佐藤 場の空気が悪くなるのが嫌いなので、いつも平和的な雰囲気を心がけています。

木全 夕日タイプですよね。和む。太陽よりいい!

白岩 夕日も太陽だけどね……。

❤︎続きはコチラ❤︎

JO1が語る!メンバー愛、自己愛、そしてファンへの愛について♡

Page 3

ぎゅぎゅっとJO1愛!

仲の良さは自撮りからも分かる通り。カメラを渡すと思い思いに撮影してくれました。現場でのエピソードを添えて、JO1への愛爆発です。

インタビューも撮影も楽しもうとしてくれた木全くん。座って撮るプロフィール写真の撮影中に、台に立ったのは木全くんだけ(笑)。顔のバリエーションが一番多かったのも木全くんでした。

5人組カットを盛り上げてくれた鶴房くん。笑って!の指示に、「わっはっはっはー!」と大声で笑いはじめ、メンバーだけじゃなく、現場にいたスタッフまでつられて笑ってしまうのでした。

❤︎続きはコチラ❤︎

JO1のここだけのオフショット!撮影中の仲の良さからわかるマル秘裏話も……♡

Page 4