エンタメ

9番街レトロ・京極風斗の連載【0か100かで生きてゆく】#10「きっと僕は結婚できない」

2021.12.22

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

神保町よしもと漫才劇場を拠点に活動している芸人「9番街レトロ」の京極風斗(きょうごく・かざと)さんは、極端なほどに“0か100か”で生きている。こだわり強めにひとり暮らしを楽しんでいる京極さんは「結婚」についてどう考えてる? 揺れ動く感情の先に見いだした答えとは……。

9番街レトロ・京極風斗
連載【0か100かで生きてゆく #10】

ーきっと僕は結婚できない

Illustration: Kazato Kyogoku 

こだわりと罪悪感

僕は自分のことが大好きなのですが、特に好きなところは、「やりたいことでも向いていなければ足掻かない」ところです。

実は普通自動二輪の運転免許を持っているのですが、回目の転倒をきっかけにバイクに乗るのをやめました。

SNSもそうです。TwitterInstagramもやっていましたが、叩かれたこともありますし、無駄に時間を割いてしまうのでやめました。

そして結婚です。

願望はありますが、向いていないことは目に見えています。

結婚に限らず、誰かと生活をする為に大事なことって「譲り合いの精神」ですよね。

僕のようにこだわりが強いと、譲り合いではなく、一方的に譲らせる精神になります。

譲らせていることに後ろめたさがないなら、相手の懐の深さ次第で結婚生活は成立するのかもしれませんが、人に気をつかわせていることに対する罪悪感が僕にはあります。多少。

このジレンマのせいで、いくら自由に行動できていても、精神的に自由ではなくなってしまうのです。

Page 2

結婚の目的

そもそも人は何のために結婚するのでしょう

独身でいるのが寂しいから?

たまに寂しい夜もありますが、ひと月に回です。

その寂しさを埋めるために結婚はちょっと考えられません。穴に対して蓋が大き過ぎます。

それに、僕ぐらいひとり暮らしが長いと、寂しさすら楽しむ方法を編み出します。

ベッドを捨てて部屋を広くしてみるとか、お風呂でカップラーメンを食べてみるとか、部屋にブルーシートを敷いて靴で歩いてみるとか。

誰かと住んでいたら止められることを堂々と行うのが、寂しさを楽しむコツです。他にも色々あります。今度教えます。

Page 3

子供がほしいから?

あくまで僕個人の考え方ですが、誰かと一緒じゃないと育てられる自信がないなら子をもうけるべきではありません。

ある程度の経済力と、100%の覚悟がないと、「『生まれてきてよかった』と思わせることができる」と胸を張って言えないと、子を望むべきではありません。

もちろん経済的に苦しくても、なんの覚悟もなくても、そんな親の元で幸せに育った子はたくさんいます。

反対に、何不自由ない家庭で愛情を受けて育っても、不幸になる子もたくさんいます。

そんなもんは結果論です。

結果がまだ分からない以上、徹底的に自分自身の不安要素を消してから挑みたいのです。

命に責任を持つとは、そういうことではないでしょうか。

Page 4

世間体?

もうそんな時代ではありません。

ただ愛しているから?

これが唯一納得できる理由ですが、これが一番離婚を招きやすい気もします。

目的がはっきりしている他の理由に対して、結婚によって満たされたかどうかが分かりづらいですよね。

 

知らない僕が言うのもなんですが、愛より今の乾電池の方が長持ちするんじゃないですか。

新婚生活、新居に買った掛け時計。

短い針が8を指すのが嬉しかった。あなたが帰ってくる時間だから。

いつしかあなたは8を過ぎても帰ってこなくなった。9を指しても10を指しても。

今ではそれが楽になった。

時計を見ることもなくなった。

それでも針は8を目指す。

そういえば、買ったあの日から一度も電池を交換していない。

愛の寿命は単三電池より短いのね。

短い針がまた、8を越えた……。

なんてこともザラですよね。

まるで「結婚しないことを選んでいる」みたいになりましたが、そんなことはありません。冒頭でも言いましたが、やりたいけど向いていないのです。

理由はここまでの文章にありありと見て取れるのですが、端的に言うと僕が面倒くさい人間だからです。

「思想」は、強く生きるために必要ですが、他人と円滑に生活するためには邪魔なものになります。

自分の思想より愛せる人に出逢えれば何か変わるかもしれませんが、それは今までの僕が壊れるということでもあるので考えものです。

 

成長といえばそれまでですが、悪さと一緒に良さも消える気がして怖いんですよね。

だからとにかく足掻かない。

当たり前のように結婚できる方々を尊敬します。

photo by: Ryo (Kotora)

連載『9番街レトロ・京極風斗の0か100かで生きてゆく』は第2・4水曜日に更新!

PROFILE
京極風斗(きょうごく・かざと)
1995年8月9日生まれ。大阪府出身。吉本興業所属のお笑いコンビ。2019年4月1日に9番街レトロを結成。神保町よしもと漫才劇場を拠点に活動中。
コンビのYouTubeチャンネルは毎日更新!
個人チャンネル「京極風斗の道楽ちゃんねる。」ではアートとインテリアを軸に、好きなことを週2(月・木曜)で配信。絵が得意で、自らデザインしたオリジナルグッズをSUZURIで販売している。

\ 前回の記事はこちら /

9番街レトロ・京極風斗の連載【0か100かで生きてゆく】#9「読書はサブの人生」

#京極風斗
『0か100かで生きてゆく』連載一覧

Photo: Ryo (Kotora) Text & Illustration: Kazato Kyogoku