エンタメ

ブレイク女優・古川琴音が話題の映画について語る!今年のクリスマスの予定も……♡

2021.12.25

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

個性派女優として成長著しい古川琴音さん。ベルリン国際映画祭・銀熊賞を受賞した映画『偶然と想像』では、悪意なきピュアな女性を好演しています。作品のこと、そしてクリスマスの予定も伺いました!

元カレと親友が出会ったら潔く身を引けないと思います

――親友から出会った男性の話を聞き、それが自分の元カレだと勘づく。そして親友と別れた後、元カレに会いに行く……。古川さんが演じているのは、そんな行動を取ってしまう芽衣子という女性。どのように彼女のキャラクターを受け止めて演じられたのですか?

芽衣子は、道徳的にどうこうは置いておいて、自分のモヤモヤした気持ちにピュアに反応する女性。あと、自分の言葉や行動がまわりにどう影響するか考えないまま動いてしまう女性でもあります。それを楽しんでいるのもあるだろうし、単なる癖でもあるだろうし……。そういうチグハグした感じが出ればいいな、と思いながら演じていました。

――元カレと対峙するシーンは、会話劇のようでものすごいセリフ量でした。撮影は大変だったのではないでしょうか?

撮影の1ヵ月ぐらい前から、綿密にリハーサルをしたんです。それで本番は、ストップをかけずに一連で撮るので、スタッフさんも絶対に映り込まないよう隠れながら撮っていて。なんですけど、ピークのところで監督がむせてしまったんですよ監督が一番悔しかったと思います(笑)。

――親友と元カレが出会ってしまったら、誰もが心穏やかではいられないと思いますが、古川さんならどうしますか?

潔く身は引けないだろうなあ。でも親友に「元カレなの」と言うのは嫌だし……。だから私だったら、ずるいことしてしまいそう。元カレの気持ちを探りに行く、という。それで彼の気持ちが完全に親友に向いていたら諦めるけど、少しでも私に残っていたら……、どうするか分かりません。

Page 2

――芽衣子の元カレ・和明は、かつて芽衣子にフラれたわけですが、芽衣子が再び現れて思いっきり揺れていましたよね。こういう男性ってどう思いますか?

和明はかわいそう過ぎ(笑)。やっと立ち直りかけたときに、また芽衣子が戻ってきたわけだから、揺れるのはしょうがないです。もちろんきっぱり拒絶するのがカッコいいけど、人としては一番共感しますね。

――たしかに!(笑)映画はクリスマス時期の公開となりますが、古川さんの今年のクリスマスの予定を教えてください。

私、ピアノを弾くのと、歌うのが大好きなんです。だからたくさん練習して、親や友達を呼んでプライベートなリサイタルを開けたらいいなと思っています!

ワンピース¥49,500/ウジョー(エム) その他/スタイリスト私物 ●商品情報はViVi2022年2月号のものです。

INFORMATION
『偶然と想像』 「偶然」をテーマにした三篇の物語から成る映画。そのうちの一篇『魔法(よりもっと不確か)』で主演を務めているのが古川琴音さん。モデルの芽衣子は、撮影帰りのタクシーの中で、親友のヘアメイクのつぐみ(玄理)から、最近出会った男性の話を聞かされる。つぐみが降車した後、芽衣子が向かった先は……。12/17よりBunkamura ル・シネマほか全国公開。
PROFILE
古川琴音 1996年10月25日生まれ。神奈川県出身。2018年に女優デビュー。連続テレビ小説『エール』、ドラマ『この恋あたためますか』、『コントが始まる』、映画『花束みたいな恋をした』など話題作で好演を見せ、注目度が急上昇中。10月には、初主演短編映画『春』が公開。2022年は『INTO THE WOODS』でミュージカルに初挑戦する。

Photo:Kazuyuki Ebisawa(makiura office) Styling:Kaho Yamaguchi Hair&Make-up:Taeko Kusaba Composition&Text:Naoko Yamamoto