エンタメ

八木アリサとmiuは実はスキーが上手!ViViモデルズの意外な一面を暴きます♡

2021.12.27

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

我らがViViモデルたちの意外な共通項をご紹介していく新連載が始まりました! 記念すべき第1回は、やぎ×miuです〜! じつは、なんとこの2人、スキーがめちゃめちゃうまいらしい……という意外な情報をキャッチ。ってことで、さっそく行っちゃいました! スキー場に! さすがにリアルな雪はまだなので、今回訪れたのは屋内スキー場。人工雪とあって難易度もアップ。果たして噂の真相はいかに……⁉︎ スキーでたわむれた後は、その感想をお互い手紙にしたためてもらいました。そ・し・て! 優雅な2人のスキー姿、2人の素の絡みはViVi channelでもチェックできるよ!

いつ始めたの? きっかけは?
わたしとスキー

八木アリサのスキーを始めたきっかけは?

小5の時にタイから北海道に引っ越してきて、初めてスキーというスポーツがあることを知ったのね。なんじゃこりゃって(笑)。やってる人も見たことないから(笑)。小学校の授業でスキーがあって、突如校庭に雪山が現れるの。そこを一回滑ってみて、その上達度で3クラスくらいに分けられて。

やぎは最初3番目だったけど、6年生の時は一番上になってた(笑)。授業でやって楽しくてたまらんくなって(笑)。3番目のクラスの時は山の一番低いところでやってたけど、そのうち山の一番上までいきたい、上手くなりたいってなって。「パパ、スキー連れてって」って。コソ練してた(笑)。

パパはフランスの北、ノルマンディーの人で、スキー滑れるから。やぎは雪とたわむれてる感じ、雪と遊べてるのが楽しかったんだよな。タイに住んでたから雪合戦も雪だるまも作ったことなかったし。中でもスキーという上級者な雪とのたわむれ方をしてるわ私、と思って(笑)。それが楽しかった。

北海道はね、じつは地方によって授業がアイススケートのところもあったな。やぎはスキー派だったから全然やってなくて。それこそViViの撮影で行ったことがある気がするんだよな……、確かおデート企画じゃなかったかな。でも意外にも普通にスイスイ真っ直ぐ滑れたの(笑)。ちっちゃいころタイでローラースケートばっかやってたから、その要領で(笑)。

Page 2

miuがスキーを始めたきっかけは?

3~4歳から小6までやってたから8~9年。春休み、冬休み10日間ずつくらいスクールに通ってました。でも親はたぶん、スキーをさせたいというよりも自立させたいみたいな感じだったと思うんです。本当に厳しいスクールだった。超怖かった(笑)。ちゃんとしなきゃみたいな責任感がつきました。

小6くらいになると低学年が残したご飯とかも食べなきゃいけなかったし(笑)。お陰で私はご飯をすごい食べれるようになりました(笑)。合宿所からスキー場まで乗るバスの時間までにご飯を食べ終わらないとスキーができなくて。でも私、通いたてのころは間に合わないぐらい食べるのが遅くて(笑)。

ずっと先生が糸を巻く動作をして、「ゆっくりでもいい、急ぎなさい」って(笑)。めちゃプレッシャーをかけられながら食べてた。悪いことしたら廊下に、「はい、立ちなさい、2時間」って、そんな感じ(笑)。

そのスクール内で大会があって、年齢別部門と女子総合の。私、小5ながらに大回転で女子総合2位とっちゃって(笑)。大学生もいるなかで。でも私、スキー好きだけど、もっと上にいきたいとか、うまくなりたいとかっていうのがなくて、普通に楽しんでた。

スキークラブのうまい先輩達はかっこよく見えた。スピードを出すためにピッチピチの全身タイツみたいなウエアを着てて。それが欲しくて欲しくてしょうがなくて、親にめっちゃ頼んだ覚えがあります(笑)。

小2でバレーボールを始めたんだけど、それを続けられたのは、ちっちゃな頃からの厳しいスキー合宿があったからだと思う。一度やると決めたら最後までっていう親なので、バレーをとったけど、スキーにしとけばよかったなって。スキーの方が楽しかった(笑)。

Page 3

スキー欲が高まった! この冬、間違いなく2人ともスキーしそうだね(笑) by アリサ

やぎ(以下):人工雪、初体験だったんだけど、怖かったね〜(笑)。

miu(以下):私も初めて。もう怪我だけはしたくないという……(笑)。

:贅沢なことにほとんど地元の北海道でしか滑ってなかったから。miuちゃんはスキーは久しぶり?

:去年の冬行きました。小学校以来だったけど意外と体は覚えてて、今日と違って滑れましたね(笑)。

:ちょっと前に群馬で滑って以来かな。そこもちょっと人工だったかもしれないけど、今日よりかは滑れてた。

:うん、外で滑りたくなりましたね。朝、頑張って早めに出て。

:で、たくさんしゃべって、山頂のログハウスでカレーとかラーメンでも食べて。

:サイコー。カレーっすね。

:そこ、醍醐味よね。

Page 4

:なんか疲れると塩気があるものを欲しくなるというかね。ジャンクなものが欲しくなる。

:で、ひとしきり滑って、新潟に行ってる想定だとしたら、おいしい居酒屋さんに行って。

:サイコー。

:熱燗でも飲みたいです。

:サイコー。

:っていう流れで行きたいね。あと不思議な筋肉使うから、温泉つかってほぐしたい。夜はほろ酔いにまかせてガールズトークをば(笑)。

:ガールズトーク、確かにね。ガールズトーク、したい。したことないですもんね。

:ない。同い年なのにね、いまだにmiuちゃんが敬語を使ってくださるからたぶんね、なんだろ。

:先輩なんだもん。

:緊張されているのがわからない。ちょっとコンコンしたいです、私は。

:それは、ねえ、してください。受け身タイプなんで(笑)。でも同い年にはやっぱ見えないですね。

:っん! miuちゃん、大人っぽいぞ。

:いえいえ、いえいえ。やっぱりね、見てたんで私は、雑誌でアリサさんのことを。いまはなんかこうしてね、あれ、なんかしんみりしてきちゃったな(笑)。でもスキーって大人になったらやっぱりタイミングがないとそう行けないなって。ちっちゃいころは行かされてた環境があったから行けてたけど。

:東京来て、miuちゃんがスキーを滑れることも知らなかったし(笑)。なかなか1人では行かないからね。だから、行く機会が本当にないのよねえ。でもこの冬は行きたいね。

:うん!

【アリサ】アノラック¥24200/ルックスオティカジャパン(オークリー) オーバーオール¥35200/ボードライダーズジャパン(ROXY) その他/レンタル 【miu】ジャケット¥48400/ゴールドウイン カスタマーサービスセンター(ザ・ノース・フェイス) オーバーオール¥8690/原宿シカゴ 原宿店 花柄タートルトップス¥5980/épine ヘアゴム/スタイリスト私物 ●商品情報はViVi2022年1月号のものです。

冬が楽しみになった! 外で本物の雪で滑りたくなった by miu

合わせて読みたい♡

八木アリサ×玉城ティナが3年ぶりに帰ってきたー!やぎにとっての「やぎたま」とは?

この冬のmiuの私服は?定番にNEWアイテムを足して大人っぽくチェンジ!

ViViモデルズの冬私服特集♡すべて私物のお気に入りのコーデを披露!

Photo:Yui Sakai Styling:Kana Tanaka Hair & Make-up:Miri Sawaki Model:Alissa Yagi,miu(ViVi exclusive)