イケメン

【国宝級イケメン2021年下半期】今やViVi読者がイケメン業界を動かしている!?業界人がプロ目線で討論

2021.12.26

CMを見ると続きが読めます。CMを見ますか?

はい

半期に一度のイケメンの祭典がついに開幕♡♡ 回を増すごとに熾烈になっているこのランキング。プロはどんな目で見ているのか?を、とことん真剣に討論。あぁ、国宝級イケメンってなんと奥深く尊いんでしょう♡

\映画『東京リベンジャーズ』P×モデルプレス×ViVi!! プロ目線の討論/

映画プロデューサー 岡田翔太さん
映画『東京リベンジャーズ』や『帝一の國』を手がけるヒットメーカー。

モデルプレス/エンタメ編集部 野村あつこさん
エンタメ&ライフスタイルニュースサイトにて主に俳優記事を担当。

NET ViVi編集 平本哲也
「国宝級イケメン」企画の発起人。NET ViViの胸きゅん動画を多数担当。

エディター/ライター 吉井のり子さん
ファッション&イケメン企画担当。ランキングスタート時から携わる。

国宝級イケメンって何だ?

今や、ViVi読者がイケメン業界を動かしている!?

岡田:このランキング、マジで業界人みんな見てますよ。キャスティングの参考にしてますからね。

吉井:えー!? ということは、間接的にViVi

野村:モデルプレスでも毎回すごく反応がイイです!

吉井:もう正直、ちょっと怖いです(笑)。今回のランキングは、いかがですか? もうとにかく東京リベンジャーズ』勢の躍進がスゴくて!!

岡田:おぉー! でも僕、決してイケメン映画をつくろうと思っていたわけではないですからね。役に合う人をキャスティングしたら、公開される頃にはみなさん“国の宝”になられて(笑)。公開1ヵ月後くらいかな? 眞栄田郷敦さんをSNSにあげたときの反応が体感で2〜3倍は増えて、人気を実感しました。

野村:うちでも『私の家政夫ナギサさん』に出演されていたときと今では、反応が全然違います。

岡田:おもしろいのが、意外と本人たちはイケメンって言われると素直に喜んだりするんですよ。こういうランキングも見てたりすると思います。山田裕貴さんも、「僕はきっと顔では選んでもらえないので、心のイケメンで入れてください」って言ってましたよ(笑)。僕がキャスティングした2019年から、インスタで98.2万人、Twitterで33.6万人もフォロワー数が増えているので、急成長を感じますね。

【北村匠海】ViVi’21年8月号より 【山田裕貴】ViVi’21年8月号より 【眞栄田郷敦】ViVi’21年8月号より

Page 2

吉井:そのほか、ランキングで気になる方はいますか?

野村:赤楚衛二さんと神尾楓珠さん。これだけグループ所属の方が強い中で上位に入ってくるのがスゴいなと。赤楚さんはモデルプレスの「2022ヒット予測」俳優部門にも選出しました。

野村:やっぱりそのお二人は、企画を考えるときに名前が挙がってくる事が多いですね。

吉井:平本くん、すごい早い段階で神尾さんに目をつけて連載をはじめたよね?

平本:みなさん、猛スピードで有名になっちゃうから、早く企画しないと、と思って。実際にお会いしたら目力がスゴいし、「NO」と言わずになんでもやってくれたから、神尾さんはさらに愛される俳優さんになるんだろうなって感じました。

野村:その後、ABEMAの番組にも出演されて、ティーン層からの人気と知名度が一気に高まりましたよね。

吉井:NEXT部門1位の高橋文哉さんも、『オオカミくん』シリーズに出られてましたよね? 今、ありとあらゆる作品でお見かけするので、なんだか不思議な感じ。

岡田:高橋くんは、シンプルにかっこいい。

吉井:それでいて根暗な役でも目を惹くし、役の幅広さが、ちょっと前の吉沢亮さんっぽくないですか?

岡田:たしかに! それはわかる気がします。

【神尾楓珠】NET ViViより 【赤楚衛二】ViVi’20年10月号より

Page 3

国宝級イケメン≠美形ランキング

吉井:企画が大きくなるにつれ、「ルッキズムじゃないか」という指摘もあるのですが、イケメン=イケてるメンズは、見た目じゃないのになってすごく思うんです。

平本:そもそも、日本にはテイスト様々なイケメンが揃っているのがステキだと思ってスタートした企画なので、最初からルッキズム批判にはNOと言える自信がありました。でもみなさんかっこいいから、そうは見えないですよね……。

岡田:逆に言うと、このランキングの方たちはみんな中身もイケメン。むしろ、そういう部分に読者の方々も惹かれているんだと思いますよ。

吉井:ただ顔が良いだけじゃここまで愛されないですよね。

野村:美形ランキングではない宣言、ぜひ書いておきましょう!

Page 4

推し文化フィーバー!! みんな誰かの推しに

吉井:推し活ブームの影響で、最近意外な方も“推し”の対象になってません? この間、坂東龍汰さんのキラキラ加工画像を見つけて! 骨太な作品のイメージが強かったので、ファン層の広さに驚きました。

野村:坂東さんキテますよね。アイドル主演作にも出られてるから、その流れですかね?

岡田:イイですよね、僕も注目してます。彼、よく見るとカッコいいんですよ。

吉井:よく見なくても、カッコいいです(笑)。推し活といえば、下半期はオーディション番組も熱かったですよね。今回、INIから2人がランクイン。

平本:『THE FIRST』からは、メンバーじゃなく主宰のSKY-HIさんなんだ!

吉井:そうなの! メンバーにも票が入っていたけど、僅差でランクインならずでしたね。

野村:でも、さすが!って思いましたよ。みなさんステキだけど、誰よりSKY-HIさんを好きになりましたもん。

吉井:熱意、誠実さ、そして1億自腹をきれる財力(笑)。紛うことなくイケメン!!

【坂東龍汰】ViVi’21年11月号より 【INI】ViVi’21年12月号より 【SKY-HI】©産経ビジュアル

Page 5

イケメンも多様性の時代へ!!

平本:NEXT部門の次世代イケメンって、どんな感じの子たちですか?

吉井:女性誌目線でいうと、男子メイク企画とかジェンダレス企画でよく見るメンツ。板垣李光人さんはSNSでもメイクやファッションを投稿されてますよね。

岡田:あとみなさん、真面目で大人しそうな雰囲気も。

平本:たしかに、性格が良さそう。というか、イキり感がない(笑)?

野村:JO1の鶴房汐恩さんをはじめ、アニメ好きも多い印象です。

吉井:たしかに! 最近よく「自分オタクなんで」ってワードを耳にします。好きなものを堂々と言える時代になったのかも。

岡田:傾向が変わったというより、間口が広がったのかもしれませんね。

平本:イケメンも多様性の時代なんですね。

【板垣李光人】ViVi’21年5月号より 【鶴房汐恩 (JO1)】ViVi’21年9月号より

Page 6